CAREER
公開日:

未経験でもフリーランスになれる!PHPのフリーランスになるために知っておきたいこと

現在「フリーランスとして活動したい。」と考えているエンジニアの方におすすめのプログラミング言語のひとつにPHPが挙げられます。「未経験なので、仕事はどのように獲得すればいいのか。安定して稼げるのだろうか。」と不安要素があり、フリーランスで活動したくても一歩踏み出せないという方もいると思います。

PHPは小規模から大規模のシステム開発、ECサイト、Webサイトなどさまざまな環境で開発できる便利な言語のため、多くの企業が採用しています。

そのため、PHPが未経験でも他の言語の開発経験を活かしたり、PHPの知識を深めて実務経験を積んだりすることで、未経験でもPHPフリーランスとして活動していくことが可能です。

しかし、案件によっては、フリーランスはただの「下請け業者」になってしまう可能性があります。

フリーランスは働く時間と場所の自由は得られますが、収入が不安定になってしまうこともあるので、どのような案件に参画していくべきか等の知識を深めることが大切です。

それでは、PHPフリーランスになるにはどういった手順を踏めばいいのでしょうか?

未経験であるならば、エージェントサービスに登録することをおすすめします。

エージェントサービスとはフリーランスエンジニアの案件紹介を無料で受けられるサービスです。

今回は、どうしてエージェントサービスを利用したほうがいいのかについて解説していきます。

フリーランスエンジニアになって変わること

会社勤めのエンジニアからフリーランスエンジニアになって変化することは「福利厚生」と「受注案件の単価」です。

福利厚生について

フリーランスにとって「福利厚生」は大きな課題です。

企業に勤めていれば、企業側が管理してくれる福利厚生ですが、フリーランスになるとその申請や手続きは全て自分で行う必要があります。

福利厚生についてあまり知識がないという方は、フリーランスエンジニアでも活用できる、フリーランス協会提供の有料福利厚生プランなどのサポートを行っているエージェントサービスを利用しましょう。

福利厚生を充実させることで、安心して案件に参画することができます。

受注案件の単価について

長期的にフリーランスとして活躍していくには、受注案件の単価が重要になります。

なかには、仕事が少ない時期は単価を下げてでも受けるというフリーランスエンジニアの方がいます。

しかし、長期的な計画を立てて案件を受けていかないと、「来月の収入が分からない」という事態に陥ってしまいます。

本当にやりたい案件にたどり着くまでに、生活の蓄えが尽きてしまうというリスクもあります。

このように、未経験のフリーランスエンジニアが、月収の波を自力でコントロールすることは難しいでしょう。

計画的に案件を受注するためには、エンジニアのスキルに見合った報酬を提供しているエージェントサービスを利用することをおすすめします。

このとき、できるだけ直受け案件が多いエージェントサービスを利用しましょう。なぜなら、直受け案件が多いサイトのほうが、単価が高い傾向にあるからです。

未経験のPHPフリーランスエンジニアの案件を探す方法

フリーランスエンジニアとして案件を探す場合には大きく別けて3つの手段があります。

具体的にどういった手段なのか、それぞれ解説していきます。

自分の人脈を使って探す

1つ目はPHPエンジニアの交流会に足を運んだり、自身の人脈を使ったりして自分で案件を探す方法です。

スキルが高くなくても、信用や案件があれば参画することが可能です。

しかし案件の単価が低かったり、短期の案件だったりと、長期的に安定した仕事を行えるか否かは個人の力量によって大きく異なります。

何かトラブルが発生した際には、自分一人で対処しなければならないという問題もあります。

クラウドソーシングサービスを使う

2つ目は、クラウドソーシングサービスを使って探す方法です。

案件の種類はさまざまで、在宅でできる案件も多く、ウェブ上で仕事が完結します。

PHP案件はシステム開発やECサイトの構築、Webアプリケーション開発など多くの現場で案件があります。フリーランスとして未経験の方は、WordPressのカスタマイズ案件など、比較的難易度の低いものから始めるといいでしょう。

クラウドソーシングサービスの場合、以前は在宅案件や週2~3日で募集している案件は少なく、週5日常駐で探す方がほとんどでした。

しかし近年では、週5日常駐ではなく、週2~3日のみの常駐案件も増えてきています。

ただ企業側も週2~3日常駐案件では、採用基準を高める傾向があるため、全てのエンジニアが獲得できるというわけではありません。

目安として、実務経験3年以上のエンジニアの方から、週2~3日常駐案件を獲得できる可能性が出てきます。

また、全ての案件を自分で探す必要があるので、実際にやってみるまで良い案件なのかを判断するのは未経験では難しい場合が多いようです。

エージェントサービスに登録する

3つ目はエージェントサービスに登録して案件を探す方法です。

冒頭でも触れましたが、エージェントサービスはフリーランスエンジニアの案件紹介を無料で受けられるサービスです。

営業活動をしなくてもスキルや希望に応じた案件の提案を受けることができるため、効率的に案件を獲得できます。

エージェントサービスでは有名企業や大企業からの案件も豊富なので、高単価案件の獲得も可能です。

また、参画した案件の契約期間が終了しても、次の案件を再びエージェントが紹介してくれるので安心して仕事に専念できます。

エージェントサービスを利用すれば案件の紹介だけでなく、カウンセリングや契約処理の代行、フリーランスの手続きの相談といったサービスを受けられるため、営業活動に不安のある方はぜひ利用することをおすすめします。

一人の担当者がついてくれるエージェントサービスを選ぶ

一般的にエージェントサービスの案件紹介サイトでは、「企業側営業担当」「フリーランス側営業担当」「フォロー担当」と分かれていることが多いですが、

企業側とフリーランスの間に「認識のズレ」が生じてしまう可能性があります。

ですので、企業側の相談から、フリーランスの案件参画、そして参画後のフォローまで一気通貫で一人の担当者が行ってくれるサイトがおすすめです。

参画するまでは職場環境が分からないですし、ふたを開けたら開発環境が異なっていたという事態は避けたいものです。

自分に合ったサポート体制を持つエージェントサービスに登録することで、未経験では解決できないフリーランスの不安を解消することができます。

未経験からでも賢くエージェントサービスを利用して、PHPフリーランスの道を切り拓いていきましょう。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります