Pythonで副業はできるか?仕事内容や報酬相場について

現在、人工知能や機械学習の取り組みを行う企業が増加していることもあり、Pythonを扱うエンジニアが注目されています。

最近では、大手企業やベンチャー企業が新たなプロジェクトを行う際、使用言語にPythonを選択するケースが増えています。また、既存システムも元々の言語から、Pythonに切り替えるといった動きもあります。

Pythonエンジニアにとって、副業としてエンジニアをしようかと考えている方は、Pythonの市場や将来性が気になることもあるでしょう。

そこで今回は、Pythonの求人案件や報酬相場から、副業として働くことができるかについて解説していきます。

Pythonは副業でできる?

ここでは、Pythonで副業ができるのかという点について述べていきたいと思います。

冒頭でもお話したとおり、現在Pythonは非常に広まっている言語であり、多くの需要がある言語です。

Pythonは、海外でよく使われてきた歴史があり、昔からGoogleで使用されていることは有名です。その影響もあり、現在ではPythonを選択する日本企業も徐々に増えています。

このことからPythonの案件は今後も増えていくことが予想されており、副業として案件獲得することもできるでしょう。

では、なぜ多くの企業は他の言語ではなく、Pythonエンジニアを必要としているかを述べていきます。

それには、いろいろな理由がありますが、大きな理由のひとつとして、現在ビッグデータ解析や分析、機械学習、Webアプリ開発、人工知能などの技術がブームとなっていることが挙げられます。

これらの技術が、Python人気の火付け役になったといっても過言ではありません。

これらの技術を用いる場合にPythonが誇る多くのライブラリ群が充実していることが、ニーズのひとつといえます。

このことから、Pythonエンジニアとして副業をやっていくことを考えている方は、Pythonのライブラリを使えるスキルを身に付けるため、勉強や経験を積む必要があります。

Pythonライブラリを使えるスキルを身に付けるには、独学で勉強することもいいですが、それでは時間がかかってしまいます。

おすすめとしては、Python講習や勉強会などを受けることが近道です。

Pythonを副業として参画していく際に、このPythonライブラリの習得度合いは、自分自身の報酬にも直結していきますので、勉強と経験を積むようにしましょう。

Pythonの副業の仕事内容

副業として仕事をするときは、「自身の好きな時間」「本業での空いた時間」など時間に縛られず、自分のペースで作業することを理想している人が多くいると思います。

 

では、Pythonの開発案件は、在宅で働くことができるのでしょうか。

結論からいうと、在宅案件はPython案件の全体数からすると非常に少ない傾向にあります。

なぜ自宅で自由に仕事ができる在宅案件が少ないのでしょうか。

その理由としては、Pythonを使用したプロジェクトは、その多くが、仕様がある程度決まっていたとしても、作業の過程で仕様の変更が発生するなどアジャイル開発が求められるからです。

つまり、ディレクターやエンジニアとの「コミュニケーション」や「相談」が作業のなかで必要となります。また、プロジェクト単位の仕事やチームでの仕事であるため信頼関係も大切になります。

このようにPythonはひとりでの作業より、チームとして作業よりことが多いため、在宅案件よりも駐在案件がほとんどです。

 

具体的な仕事内容としては、どのようなものがあるかというと、大きく分けて2つあります。1つ目は、Webアプリ開発の仕事です。

Pythonという言語で一番作られているものはWebアプリといえます。

Pythonは、メンテナンスが簡単な機能などを開発することができるため、大規模なWebアプリケーションにも対応されています。

2つ目は、データ解析や分析ツールの開発です。

企業の売り上げデータや様々なデータなどを解析・分析するツールを開発する仕事です。

データ活用は、企業の利益に直結するため、非常に需要の多い案件です。

また、最近では人工知能やDeepLearningのライブラリを用いたプログラミングを行う案件もあります。

Pythonの副業の報酬相場

ここでは、Pythonでの副業の報酬単価における相場について述べていきます。

Pythonを扱えるエンジニアは現在、市場の需要に対して少なく、希少な存在となっています。

そのため、Pythonエンジニアの報酬は他のプログラミング言語よりも高い傾向にあり、フルタイム(週5日)で働いた場合は月額80万円~100万円くらいの相場となっています。そのため、Pythonは他のプログラミング言語と比較して稼げる言語であるといえます。

 

ただし、案件が機械学習や人工知能関連の開発なのか、Webアプリケーションの開発であるかで相場も大きく変動します。

Pythonエンジニアの数と需要の関係より、機械学習や人工知能関連の開発を行えるエンジニアは希少であるため、相場はWebアプリケーションの開発よりも高い傾向にあります。

また、参画する契約期間の長さ、実務作業時間、働く環境などによって、報酬が増減することがあります

スキルや実績にもよりますが、求人側が求めているスキルと一致した実績があると高くなることもあります。

また、あまり空いた時間がないが、Pythonで副業をしたいという方にもあった時給制などの案件も多くあります。

Pythonでの副業を考えている方は、「自分のスキルで副業ができるのか?」「報酬単価はある程度もらえるのか?」など不安に感じることが多々あると思います。しかし、副業を考えている方は、思い切って挑戦してみることが大切です。まずは、Pythonの求人サイトでの募集や求人情報を確認して、自分に合った案件を探すようにしましょう。

Pythonを副業で経験すればフリーランスとして活動できる?

結論からいうと、Pythonを副業で経験することで、今後フリーランスとして活動できる視野は広げることができます。

現在、Pythonエンジニアの求人や需要に対し、Pythonエンジニアは非常に少ないためフリーランスとして活躍するチャンスは大いにあります。

多くのエンジニアが、年収が低いまま働いている現実がありますが、Pythonの知識やスキルを向上して、フリーランスでより高単価で働くことを目指しましょう。

すぐに高額報酬を得たいなら、常駐フリーランスがおススメ?

すぐに高収入を得たい方には、常駐のPythonフリーランスエンジニアとして案件に参画することをおススメします。常駐フリーランスとして実績を積みクライアントからの信頼を得ることができれば、リモート勤務や週2、3日勤務など自分の好きな働き方を選びやすくなります。

安定的に高額報酬を得ながら、自分の理想の働き方を貰くしていくなら、フリーランスエンジニアとして常駐型の案件に参画してみてはいかがでしょうか。

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPython案件も多数あります