JOB
公開日:

フリーランスのTypeScript案件って稼げるの?

フリーランスのTypeScript案件って稼げるの?

今回の記事では、「TypeScript」についてどのような案件があり、どのくらい稼げるのかを紹介していきます。フリーランスSEとして長く活躍していくためには、現状で持っているスキルや経験を強化しながら新しいスキルも学んでいく必要があります。
今回紹介するTypeScriptは、新規に何かスキルを身に着けたいと考えている方にはオススメです。記事を読んで興味が出た方は、少しでも触ってみてください。

TypeScriptとは

公式サイトより
https://www.typescriptlang.org/

まず始めに、TypeScriptとは何かについて説明していきます。
TypeScriptとは、2014年ごろにMicrosoftによって発表されたプログラミング言語です。JavaScriptを拡張して作られており、静的型付けのクラスベースオブジェクト指向言語です。
大規模アプリケーション開発/汎用的用途を想定しており、JavaScriptの弱点や使いにくい点を改善されています。

C#のリードアーキテクトであるアンダース・ヘルスバーグ氏が開発に関わっていることから、Java/C#に近い感覚のプログラミング言語であり、JavaScriptのコードをより書きやすくして厳密さを向上させた言語だとも言われています。

Microsoftによって発表されたプログラミング言語

TypeScriptの特徴

大規模なアプリケーション開発に適している

TypeScriptは「静的型付け」の言語であるため、あらかじめ変数の型を宣言してコードを書いていきます。
大規模なアプリケーション開発においては、多くの開発者が一緒に作業を進めて開発を行っていきます。
開発を担当したエンジニアが現場を離れ、後任となるエンジニアが開発コードを受け継ぐことも珍しくありません。
そういったケースでは、前任者のエンジニアがどういった意味を持たせて変数を定義したのかを把握することが重要です。
その点、「静的型付け」言語であるTypeScriptは、定義した変数の意味がわかりやすく、大規模アプリケーション開発に向いています。

TypeScriptの具体的な特徴についてみていきましょう。

JavaScriptと互換性がある

TypeScriptはJavaScriptを拡張して開発された言語であり、JavaScriptと高い互換性持っています。
TypeScriptで開発したコードをコンパイルすると、JavaScriptのコードに自動的に変換されます。JavaScriptが動く環境であればすぐに使うことができますし、JavaScriptのライブラリなども使用することができます。
多くの企業でよく使われているJavaScriptの環境をそのまま生かすことができるのは大きなメリットでしょう。

JavaScriptより短いコードで開発ができる

TypeScriptもJavaScriptも同様にオブジェクト指向のプログラミング言語ですが、ベースとして採用している方式が異なります。
プロトタイプベースを採用しているJavaScriptの場合には、冗長な表現をする場面が多くなりコードが長くなってしまうことが珍しくありませんでした。
その点、クラスベースを採用しているTypeScriptの場合には冗長な表現を避けることができるために、より短いコードで開発を進めることができます。

TypeScriptはJavaScriptを改良して開発されたプログラミング言語であるため、JavaScriptで不便だと考えられていた点を解消するような特徴があります。

TypeScriptの案件の内容とは?

続けてTypeScriptを扱えるエンジニア向けにどんな案件が提示されているのかを見ていきましょう。
JavaScript同様、JavaScriptの案件はWebアプリケーションの開発になっているものがほとんです。
案件を提示している企業の業種も様々なものがあります。
具体的な案件の内容を見てみると

  • 位置情報マーケティングシステムの開発
  • 証券サービスのフロントエンド開発
  • ライブ配信サービスのフロントエンド開発

上記のようなものがあります。

Webアプリケーションの中でもフロントエンドに関する開発を進めるようなケースが多いです。
中には、JavaScriptでもともと環境があるところでTypeScriptに移行していこうといった内容の案件もあります。
案件の数を見てみると、JavaScriptに比べるとまだまだ少ないものの十分に内容を選択して参画できる程度にはあります。

TypeScript案件に参画するうえで必要なスキル

案件内で提示されている募集されている条件を見てみると、下記のような項目がよく見られます。

  • フロントエンドにかかわったことがある人
  • JavaScriptの経験者
  • webアプリケーションの開発経験者

TypeScriptの案件だとしても、必ずTypeScriptを扱える能力が必要だとは限りません。JavaScriptや他の言語でのWebアプリケーション開発経験があれば参画自体できます。
特に、これからTypeScriptの案件に携わりたいという方であれば、JavaScriptからフロントエンドの開発に携わっていけば、将来的にTypeScriptの案件取得の条件を満たせます。

TypeScriptエンジニアの単価相場は?

価格のイメージ

TypeScriptの単価は、平均的に50万円~80万円くらいの案件が多いです。JavaScriptの単価相場が40万円~70万円であることを見ても、比較的高い水準で設定されいると考えてよいでしょう。

2018年8月、株式会社ビズリーチは、運営している求人検索サイト「スタンバイ」で「プログラミング言語別年収ランキング2018」を発表しています。
ランキングの基準は「スタンバイ」に掲載されている約324万件の求人情報のうち、6月30日時点でプログラミング言語名の含まれている求人に提示されている年収の中央値を集計したものとなっています。
実際にそこで掲載されているTypeScriptの年収中央値は、「575」であり、最大提示年収は「1200」となっており、TypeScriptは「5位」と高単価を見込める言語であるといえるでしょう。

TypeScript案件の中でも、単価が高く設定されているものにはエンジニアに求めるスキルや経験にいくつか特徴があります。
チームリーダとしての活躍を期待されている現場になるほど、単価が高い傾向にあります。
それ以外にもマーケティングやAWS、GCPなどといった他システムへの理解や経験があるなどもあげられます。

TypeScript案件の将来性はあるの?

TypeScriptは、2017年にGoogle社内の標準開発言語としてTypeScriptが承認されたことをきっかけにして、世界的に注目を浴びるようになりました。
Googleが開発しているJavaScriptフレームワークのAngularもTypeScriptでの開発を推奨しています。

コンピュータやプログラミング技術に関するナレッジコミュニティであるstackoverflowで2019年に行ったアンケートでは、1位が「JavaScript」であったのに対し、「TypeScript」は10位に位置していました。
日本での案件数を見てみても増加傾向にあり、TypeScriptがJavaScriptの上位互換言語であることを利用して使いたいと考える企業も増加していくと考えられます。
現在時点でも盛り上がりを見せており、今後も人気が高くなることがうかがえます。
言語としての将来性は高いと考えてよいでしょう。

JavaScriptを勉強して、ちゃんと仕事をもらえるんだろうか… こ…
続きを読む
エンジニアにとって、どの言語をメインにするかはとても重要な選択です。 なかでも、…
続きを読む

まとめ

今回はTypeScriptを取り上げ、そもそもどういった言語なのか、エンジニア向けに提示されている案件の内容や条件はどうなのかといった観点からお話しました。

TypeScriptはJavaScriptを改良して開発されたプログラミング言語です。
JavaScriptの良いところを生かしたうえで、ユーザが不満に感じていた点を改善しています。
Googleが公式に開発言語として認めていることから人気も高く、今後の将来性も高いと考えてよいでしょう。

エンジニアとして長く活躍していくためには、需要があるスキルや経験を身に着けておくことが重要になってきます。
もし、自分の強みとして次に何を身に着けるか迷っている方がいれば、ぜひTypeScriptのスキル習得を検討してみてください。

無料会員登録で、あなたにおすすめの案件やセミナーの情報をお送りいたします。
まずは無料会員登録を。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJavaScript案件も多数あります