JOB
公開日:

Java開発で役立つフリーソフトの紹介

「サン・マイクロシステムズ」という会社が開発したプログラミング言語のJavaは、身に付けることで、さまざまな案件に参画することができます。

フリーランスで活躍している方にも、Javaを使っている方は多くいます。

そんなJavaですが、ちょっとしたミスで、失敗してプログラムが動かないということも考えられます。そのようなちょっとしたミスは開発ツールを工夫すれば防げることもあるかもしれません。

そこで、今回はJavaのプログラミングをフリーランスで行っていきたいと考えた場合に「このソフトがあると便利だ」というものを紹介していきます。特に、開発環境は、プログラミングで重要なポイントになりますのでぜひ、参考にしてください。

比較的、誰でも使いやすい言語なので、覚えて仕事の幅を広げていきましょう。

Javaの開発環境の特徴

プログラミング言語の中でも、有名なプログラミング言語「Java」は、IDE(統合開発環境)を使用した開発環境がほとんどです。しかし、Javaを使用してWebやアプリの開発しようとした際に、最適な開発環境とはどのような環境なのでしょうか?

ここでは、Javaの開発環境の特徴について解説していきます。

Javaの場合には、純正の開発ソフトがあります。純正の開発ソフトとは、開発元の企業サン・マイクロシステムズによって、各OSに向けたJava専用の開発ソフトが、無償で配布している開発環境のことです。

しかし、アプリ開発など複雑なプログラムを作成する場合には、それだけでは足りないということが多いです。純正のJava開発ソフトとは、シンプルな作りになっているために、不便だという意見があるため、開発をしやすい開発環境とはいいがたいのが実情です。

そのため、快適にプログラミング開発ができるように作られた「統合開発環境」というさまざまな便利機能を搭載した開発環境を利用するプログラマ―が多いことが特徴です。そこで利用されているのが、フリーソフトです。

純正の開発環境は、プログラムを生成することと実行すること、ドキュメントの作成がそれぞれ別のプログラムとして用意されています。ただ、統合開発環境であればそれらがひとつのソフトウェアとしてまとめられているため、非常に使いやすくなっています。

Javaのプログラミングの特徴は、各OS・各環境向けに用意されている「Java仮想マシン」を使ってプログラムを動作させます。

例えば、Windowsで開発したプログラムファイルを、Mac上で動かせます。つまり、どの環境で作ってもJava仮想マシンがあれば、どのOS上でも動かせるのです。

Java開発環境で便利なフリーソフトの特徴やダウンロード方法について

ダウンロード

ここでは、Java開発の際に活用することができるフリーソフトの紹介をしていきます。。フリーソフトであれば、公開されているソフトウェアをダウンロード、インストールするだけで利用できます。

サクラエディタ

サクラエディタは、Windowsで使うことができるフリーソフトです。

設定の中に、プログラミング言語を選択するモードがあるため、Java以外の言語開発も行いやすいフリーソフトとなっています。日本で作られたフリーソフトということもあり、選びやすいポイントになります。

メニューの言語が日本語なので、使いやすいフリーソフトのひとつです。そのため人気も高く、国内ではもっともメジャーなエディタといえるのではないでしょうか。

サクラエディタのインストールは、一般的なWindowsのアプリケーションと変わりません。

サクラエディタで検索をしてみると、ダウンロードページが出てきます。そこで、サクラエディタのインストーラーをダウンロードして、画面にしたがって展開していきましょう。

インストーラーをダウンロードしたら、そのファイルを起動します。すると「サクラエディタセットアップ」と表示が出るので、そこで「次へ」を選択して進めましょう。

最初は、特別必要な設定もないので、そのままセットアップウィザードを進めていって構いません。

「サクラエディタセットアップウィザードの完了」の表示が出れば、無事にインストールが完了となります。サクラエディタを起動すると、メモ帳のような画面が現れます。

初めて使うときはまず「タブ」「自動保存」の設定を有効にしておくようにしましょう。

 Aptana Studio3

Aptana Studio3は、Macで使うことができるフリーソフトです。統合開発環境 (IDE)がベースになっているテキストエディタです。Javaの開発に相性がいい特徴があります。「HTMLを簡単に書ける機能」「JavaScriptやCSSのエディタとコードアシスト機能」などの豊富な機能から、効率よくWebサイトの開発を行うことができます。

Aptana Studioで検索をしてみると、ダウンロードページが出てきます。ページ内に「DONWLOAD APTANA STUDIO 3」というボタンがあるので、そのボタンをクリックするとAptana Studio 3のダウンロードが開始し、ファイルを保存することができます。

ダウンロードしたファイルを実行すればインストールが開始します。インストールを開始すると、インストール先を指定する画面になりますので画面にしたがって操作を行いましょう。

また、Aptana Studio3は英語のソフトですが、日本語入力ができますのでそのまま使っても問題ありません。ただ、英語のままの表示がと不便ということがありましたら、日本語化するプラグイン「Pleiades」をインストールしましょう。

Sublime Text3

Sublime Text3は、Windows版とMac版があり、どちらでも使うことができるフリーソフトです。プラグインが豊富にあり、動作が早く、拡張性が高いことが特徴としてあります。

日本では2011年にリリースされたSublime Text2でWeb開発のエンジニアに多く使われましたが、2013年のリリースされたSublime Text3から、Web開発だけではなく、様々な業界のエンジニアに使われています。

Sublime Text3で検索をしてみると、ダウンロードページが出てきます。トップページが表示されると、利用しているOSに応じて「Windows用のダウンロード」「Mac用のダウンロード」のボタンが表示されるので、そのボタンをクリックするとダウンロードが開始します。

ダウンロードが完了したら、起動してインストールセットアップをしましょう。

また、Sublime Text3は英語表示なので、日本語で利用するときは、日本語化するためのパッケージをインストールする必要があります。

PackageControlからSublimeText3用のスクリプトをコピーすることができます。SublimeTextを起動して、メニューから「View」→「Show Console」をクリックすると、コンソールが表示されるので、コピーしたスクリプトを入力し、実行することで日本語化にすることができます。

Javaの開発環境で注意したいこと

Javaのプログラミングを行う際に注意したいのが、プログラミングの際に使用できる文字をきちんと知っておくことです。Javaの場合は、基本的には半角英数字のみが使用できます。

開発環境がフリーソフトであれば問題ないかと思いますが、テキストメモ帳や、ワードなどで作成する際には半角数字と全角数字の対応について設定を見ておきたいです。また、文字に関しては、Javaでは英語の大文字と小文字は別々に区別するので、ご注意ください。

Javaの処理をプログラミングしたら、あとは処理の最後にセミコロン「;」を入力しましょう。

プログラミングで必ずつきまとってくるのが、コードの間違いと修正作業です。このときに、フリーソフト内で入力をする際に修正しやすい書き方をしていきましょう。

インデント機能を使って、字下げによって一つ一つの処理がどうか、どこまでが何の処理なのかを分かるようにしておくと、後々楽になります。

さきほどご紹介したサクラエディタで設定が行える共通設定の中にある強調キーワードの設定を行ってJavaに設定しておくと、関数が色分けされて見やすくなります。サクラエディタの機能を活用して、ぜひ、Java開発をもっと快適に行っていきましょう。

今回はJavaの開発で役立つフリーソフトについてご紹介しました。

Javaの使い方、どれだけ便利な言語なのか、またフリーソフトでも役に立つものが多いということもお分かりいただけたと思います。Javaのエンジニアの方は、今後ぜひ活用してみてください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります