Androidエンジニアの単価を高めるには?案件単価を解説!

Androidは世界的に人気の高いOSであることから、Androidを扱うエンジニアが増えています。中でも、現在、フリーランス向けAndroidアプリの求人市場は拡大していて、さまざまな案件から自分のレベルに応じて案件を選択することができます。

今回はAndroid案件の求人単価や相場などについて紹介していきます。

Android求人の一般的な単価について

Android求人の単価は高い報酬から低い報酬まで多岐に渡ります。

例として、具体的な金額を挙げると、下記のとおりになります。

  • クラウドソーシング 単発案件 1件あたり1万円~10万円
  • クラウドソーシング 業務委託  契約期間1ヶ月 週3日 20万円~30万円
  • クラウドソーシング 業務委託 契約期間6ヶ月 週5日 50万円~60万円
  • フリーランス専門の案件紹介サービス 駐在案件 契約期間3ヶ月更新 週5日 100万円

フリーランスであれば低い報酬案件では1件数万円程度から、高い報酬案件では月額報酬100万円程度まであります。

なぜここまで、案件単価が幅広いかというと、それは案件の獲得方法が影響しています。

例えば、クラウドソーシングなどを利用した求人案件では、仕事内容が簡単な修正やテンプレ作成などで、複雑な作業ではない案件があり単価が低いです。

その一方、高報酬案件は企業常駐案件などがあり、クライアントが求める条件にマッチすれば高単価の案件に参画することができます。

 

このように、Androidの求人単価は金額に幅がありますが、未経験だけれどもAndroidエンジニアでフリーランスとしてこれから活動していきたいという方は単価が低い案件にも積極的に参画することがおすすめです。

なぜなら、報酬額が低くても参画する件数を増やすことで、Androidプログラミングの実装経験を積むことができるからです。仕事に慣れ、実績を積むことで、今後高い報酬単価の案件を目指すことができます。

高額報酬の単価の案件については、高度なAndroidアプリ開発が求められ、ソーシャルゲームや企業向けWebサービスなどの企業案件が多い傾向にあります。

近年、企業案件のAndroid開発は安定して増加していて、今後もその需要は続くことが予想されます。

そのためAndroidエンジニアとして高単価案件の仕事に参画したいと思われている方は企業案件の獲得を目指しましょう。

また、企業案件は一度案件に参画すると、継続依頼として保守・メンテナンスを受けるようなことがあるので安定した収入を得ることができるメリットもあります。また、それ以外に実績が評価されて、他の企業案件の紹介を受けるなど、活躍していく幅を広げることができます。

 

Androidエンジニアの単価を高める方法

フリーランスエンジニアが、年収を高めるためには単価を上げることが大切になります。

案件単価を上げることは決して簡単なことではないですが、そのポイントを理解することで収入アップにつなげることができます。

では、Androidエンジニアで、単価を高めるためにどうすればいいのでしょうか。まずひとつに特定のスキルや技術を習得する方法があります。

Androidエンジニアは様々なアプリケーションの関わることが多く、スマホ用のアプリ作成だけではなく、サービスによっては、Webアプリの作成に携わることもあります。

基本的にはAndroid案件に参画するときは、Java(Android Studio)が必須とされていますが、複数のプログラミング言語の習得も欠かせません。そのため、それぞれのアプリケーション制作の経験を習得するといいでしょう。

では、アプリケーションの制作はどのような案件があり、どのようなプログラミング言語が必要か解説していきます。

Android開発以外のiOSのスキルも習得しよう

Apple社が開発しているiOSアプリに開発に使われているObjective-C やSwiftなどのプログラミング言語を身に付けるといいでしょう。なぜなら、クライアントによっては募集案件に「Androidだけでなく、iOSアプリも作成できるエンジニアを求めている。」といったケースも多いからです。

AndroidエンジニアにとってiOSのプログラミングは、プログラミング言語も異なるだけでなく開発環境も様変わりしますが、知識を深めて技術を習得することで、エンジニアとしての価値が上がり、案件単価を高めることができます。

 Webアプリケーションのスキルも習得しよう

すべてのサービスに共通する訳ではありませんが、AndroidやiOSのアプリケーションと併せて、Webアプリケーションのサービスを展開するものもあります。WebアプリケーションではHTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を習得していると、スマホ端末以外のプロジェクトに参画することができるので、幅広いアプリケーションの開発に携わることが可能です。

このことから、Webアプリケーションのスキルを習得することで、「AndroidやiOSのアプリ以外にもWebアプリの作成のスキルを求める」というクライアント意向に併せて参画することで、エンジニアとしての価値を上げることができるでしょう。

Androidエンジニアの単価を高める案件獲得方法

 

基本的にフリーランスエンジニアが案件を獲得する方法は、

  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • フリーランスエンジニア専門の案件紹介サービス

などがあります。

Androidエンジニアはどのような案件に参画するかによって、単価が大きく変動するため、案件単価が良い仕事をどれだけ獲得できるかが重要です。

クラウドソーシングでは個人のアプリ制作の依頼などもあり、単価が安い傾向にあるということや、求人サイトではフリーランスではなく正社員の企業エンジニアの募集がメインであることがほとんどです。

そこで、フリーランスのAndroidエンジニアはフリーランスエンジニア専門の案件紹介サービスを利用して、案件獲得を行うといいでしょう。

なぜなら、フリーランスエンジニア専門の案件紹介サービスでは多くの企業案件を紹介しているからです。先程もお話をしたように、Android開発は企業案件に常駐して参画することで、安定した収入を得られるメリットがあるため、高単価案件を獲得しやすいです。

 

ただ、利用する紹介サービスによって、案件数や報酬が高い案件があるかどうかはさまざまです。また、案件紹介サービスによっては「企業面談に行ったら、聞いていた話と違った」や「参画前の話とは違った」などの問題が発生することもあります。

このような問題が起こる要因のひとつは、その紹介サービスを運営する会社の中で、エンジニア側の担当者と企業側の担当者が別々であることです。その運営会社の担当同士のコミュニケーションが上手く取れなくて、案件の詳細やそのエンジニアの求めているものなどに、認識のズレが生じてしまうということがひとつの原因として挙げられます。

そのため、フリーランスエンジニア専門の案件紹介サービスを利用する際は、担当者とのコミュニケーションがしっかりと取れるようなサポート体制を整えているサービスを利用するようにしましょう。

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のAndroid案件も多数あります