JOB
公開日:

フリーランスのjQuery案件って稼げるの?

エンジニアが扱う様々な言語や技術について紹介している本シリーズですが、今回はjQueryを紹介していきます。WEB上で使われている技術や種類を調査/報告している「W3Techs」によると、WEBサイトの70%以上がjQueryを使用していると報告されており、全世界で広く普及しているJavaScriptライブラリです。

今回はjQueryに関して、

「どんな特徴があるのか」

「エンジニアとしての案件にはどんな内容があるか」

「今後の将来性はどうか」

といった観点でお話させていただきます。

jQueryとは

公式サイトより
https://jquery.com/

jQueryは、John Resigが個人のプロジェクトとして開発をスタートしました。2006年1月に開催された BarCamp NYC で正式にリリースされ、今では JavaScriptライブラリのデファクトスタンダードと呼ぶ人も多くいるほどに普及しました。jQueryが出る前からJavaScript製のライブラリはいくつか開発されていましたが、jQueryがリリースとそれらのライブラリを抑えて急速に使用されるようになりました。その背景には、jQueryが持つ優れた特徴があります。どんなものかを具体的に見ていきましょう。

拡張性が高い

jQueryにはプラグインがたくさんあります。スライドショーを作るプラグインや、モーダルウィンドウを開くプラグインなど、たくさん種類がありすぎて何が出来るか把握出来ないほどです。プラグインはjQueryの開発者が作っているのではなく、jQueryを利用している世界中のエンジニアがプラグインを開発しています。無料で使えるものがほとんどですが、中には有料のものもあります。

ブラウザの互換性が高い

JavaScriptはブラウザ上で動くプログラムですが、ブラウザによってはコードの解釈に違いが生じるケースがあります。その場合、本来想定していたものと違う動きをしたり、バグが生じることがあります。

jQueryを使えば、ブラウザ間の解釈の違いを吸収してくれます。ただ、注意点もあります。jQueryは必要に応じてバージョンアップが行われており、昔のサポートが終わったIEなどのブラウザには対応できません。社内で使う業務システムを開発する場合には、使用するブラウザも会社によって定められていることも多々あります。特に古いブラウザを採用している場合には、jQueryの扱いには注意する必要です。

以上のような特徴から多くのユーザから好んで使われています。

jQuery案件の内容とは?

エンジニア向けに提示されているjQueryの案件には、どんなものがあるのかを具体的に見てみましょう。

  • 動画コミュニティアプリ開発
  • 製造業向け基幹システムパッケージ開発
  • 大手製薬会社Webサイト制作
  • 人材サービス業システムの機能増強
  • 広告出稿用顧客側システムの改修

jQueryを用いた案件の特徴としては、社内システムの開発やwebサイト制作、アプリ開発など豊富な種類があることです。jQueryを扱えるエンジニアとして案件に参画する際には、条件や内容を見ながら選ぶことができると考えてよいでしょう。

jQuery案件の将来性はあるのか?

続けて、jQueryの将来性という観点ではどうかについても見ていきましょう。結論から言うと、日本では現在広く普及していますが、今後はどうなるかわからないです。2020年1月現在、インターネットで検索するだけでも非常に多くの案件を見つけることができるjQueryですが、Angular・React・Vueといったフレームワークの登場により、全盛期に比べると活躍の機会が減ってきているのです。

ただ、今後もjQueryのシェアが減っていくのかに関してはまだまだわかりません。複雑で高度なwebサイト開発には、Angular・React・Vue といった最先端のフレームワークが活躍しますが、シンプルなWebサイト作成の場面ではjQueryが使われるケースがまだまだ多いためです。jQueryは最先端のフレームワークと比較して、導入が手軽で記述量が少ないといったところを買われています。そういった背景を考えると、シンプルなwebサイトの作成にはjQueryが使われ、複雑なwebサイトの作成にはReact・Vueといった使い分けが今後も行われていくことでjQueryは今後も活躍し続けていくことが考えられます。jQueryよりもシンプルで便利なライブラリが登場しない限り、今後も活躍し続けていくと考えてよいでしょう。

jQueryエンジニアの単価相場は?

続けて、フリーランスのエンジニア向けに提示されているjQuery案件の単価を見てみましょう。jQueryの単価相場は平均して、月収60万円前後になります。同じJavaScriptのフレームワークとも比較してみると、Vueの単価相場は70万円前後、Reactの単価相場は76万円前後になります。最先端のフレームワークを扱う案件と比較すると、jQueryは低めの単価設定がされていると言えます。これは、jQueryが古くから使われているために扱えるエンジニアが豊富であり、運用面の案件が多くあるためです。最先端のフレームワークは、登場してからまだまだ歴史が浅いため、扱えるエンジニアの数が多くありません。加えて案件の種類を見ても新規開発のものがほとんどで、単価が高く設定されがちです。その背景から、jQueryの単価相場はVue・Reactと比べて低めに設定されています。

jQueryの案件で稼ぐためには

jQueryの案件の中でも、高めの単価設定されているものもあります。そういった案件を見てみると、提示されている内容にある程度の共通点が見えてきます。本章では、jQueryの案件中でも、高単価な設定が行われているものに共通して存在する特徴から、どういったスキルや経験が求められるのかを見てみましょう。 

コミュニケーション能力

jQueryは、主にフロントエンド開発の案件に使用されるケースが多いですが、フロントエンド開発には案件を発注しているお客さんがどういったイメージを持っているのかを正確に把握する必要があります。そこで、お客さんが持っているイメージを明確にするためのコミュニケーション能力が必要になってきます。お客さんの立場から見ても、自分の考えをしっかりと理解してもらえるエンジニアには信頼感が持てます。その意味でも、意思疎通を図るコミュニケーション能力があれば高単価での案件受注につながります。

JavaScriptの理解

jQueryを使うことでJavaScriptを使って0からコードを書くよりも簡単にコーディングすることができます。悪い言い方をすれば、なんとなくのコーディングでも動くプログラムを作ることができます。しかし、実際には無駄な処理を多くしていて処理速度が遅くなってしまうケースも珍しくありません。そのため、jQueryだけでなくJavaScriptに関してもある程度の知識を持っておく必要があります。近年では、便利な最先端のフレームワークが多く登場してきています。簡単にコードを書くことができるために、中途半端な知識を持つエンジニアでも現場で働いている状態になってきているのです。そのため、根本となるJavaScriptの知識をしっかり持っているエンジニアは重宝され、高単価での案件受注を狙うことができます。

フロントエンドの開発経験

jQueryを使う案件では、フロントエンド開発を行う内容のものが多いです。エンジニアの募集要項にも、「フロントエンドの開発経験2年以上」などの条件が含まれているケースが少なくありません。そのため、フロントエンド開発経験を持っていればより多くの案件から選択して参画することができる状態になります。

フリーランスのVue.js案件って稼げるの?
JavaScriptを使用して「Webアプリケーションの開発に携わっていた方」「…
続きを読む
フリーランスのReact.js案件って稼げるの?
今回の記事では、「JavaScriptを使用してWebアプリケーションの開発に携…
続きを読む

まとめ

以上、jQueryについてエンジニア向けの案件という観点でお話させていただきました。jQueryは、JavaScriptライブラリのデファクトスタンダートと言われるほど多くのエンジニアに愛されています。近年では、Angular・React・Vue といった最先端のフレームワークの登場により活躍の幅を狭めてきてはいますが、まだまだWebサイト制作における大きなシェアを持っていることに変わりはありません。案件を見てみても、数が非常に多く扱う案件探しに困るような状態にはならないスキルです。特に最先端のフレームワークのスキルはあるけれど、jQueryは触ったことがないという方はこの機会にぜひ一度触ってみてください。

将来のキャリアプランを見据えた案件のご提案をいたします。
無料会員登録の上、お気軽にご相談ください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJavaScript案件も多数あります