JOB
公開日:

案件が急遽終了に!フリーエンジニアの業務委託契約、解除について

フリーランスエンジニアとして業務委託で仕事をしていると、案件終了はいつでも起こりえます。不測の事態で取引先から契約を解除されたり、やむを得ず自分から解除しなければならなかったりと終了の仕方は様々です。

本記事では、フリーランスエンジニアの業務委託契約解除についてまとめました。

受け入れるしかない?取引先に契約を解除された場合の対処法 

経済の先行きが不透明な中、取引先から業務委託契約を解除されることも全くないことではありません。 
一方的に契約解除を言い渡された場合、誰でも頭が真っ白になるものです。 
怒りの感情が湧き出てくることもあるかもしれませんね。 
しかしまずは冷静に契約を確認してみてください。 

契約解除と言われたら、やるべきことは下記の通りです。 

  • 契約書を確認する 
  • 契約先に解除理由を確認する 
  • 納得いかなければ交渉する 
  • 終了の場合は退場手続きと案件探し 

契約書を確認する 

まずは、契約書を確認します。 
契約書を交わしていないとなると、交渉するのが難しくなります。 
エンジニアの仕事では業務委託契約を交わすことが多いかと思いますので、契約書を探し出して確認してください。 

契約解除に関わる項目は、契約期間・解約・不可抗力などです。 
契約書を見直し、今回の解除理由が契約違反でないか確認しましょう。 

解除理由の確認 

取引先にも解除理由を確認します。 
契約期間満了の場合は、終了日を契約書と照らし合わせて取引先とすり合わせます。 
仕事の内容や勤務状況を理由に取引先から解除を言い渡された場合、事実を確認し契約上問題がないか確かめましょう。契約を解除された場合の対処法は、次章で詳しくご紹介します。 

最近、問題となっているのが「不可抗力」により働けなくなった場合です。 
不可抗力とは、本来は天災や戦争、暴動などの有事を指します。 
契約書に記載があれば、不可抗力により契約通り働けない場合には、納期の延期などの措置が認められます。 

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言は、この不可抗力にあたるかどうか注目を集めています。今のところ明確な答えはありません。 
取引先から不可抗力を理由とした契約解除や支払いの中止を伝えられたら、受け入れざるを得ない心境になりますよね。 
しかし、在宅勤務に切り替えるなどして稼働する方法を交渉するのも1つの方法です。 
エージェント経由の案件参画であれば、この交渉も担当者に相談しましょう。 

案件の休止や退場になった時

新型コロナウイルスなどやむを得ない事情で、案件が一旦休止することもあるかもしれません。 
その場合は、再開の目途を確認して業務の引継ぎを進めます。 
再開までの間も連絡が取れるよう、コミュニケーションツールなどはそのままにしておいてもらうとスムーズです。 

契約解除となり案件を退場する場合には、終了期日までに引継ぎを済ませて返却物は返却します。 
自分のPCを使った場合には、関連資料やデータを削除するよう求められるかもしれません。契約書には、関連資料などの返却や破棄するよう記載があることも多いです。 

取引先から指示がない場合でも、取り扱いには配慮しましょう。 
契約が終了する場合には、引継ぎ作業と並行して次の案件を探さなければなりません。 
エージェントを活用するなどして情報収集を進めましょう。 

契約を解除され困った時にできること 

契約上困ったら、専門家に相談する

突然契約を解除された場合、納得いかないこともあるかもしれません。 
解除の理由を聞いても納得できない場合は、第三者に相談してみるのも一つの手です。 

エージェント経由の案件であれば、エージェントに相談します。 
直契約の場合は、弁護士さんに相談してみるのもよいでしょう。 
弁護士相談というと、馴染みがなく、とっつきにくいイメージもあります。 
しかし個人事業主や中小企業が無料で利用できる相談窓口を持つ自治体もあります。 
お住まいの行政機関を確認してください。 

参考)東京都中小企業振興公社 
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/soudan/index.html

フリーランス協会では、フリーランスの報酬トラブルに備えた弁護士費用に対応する保険を提供しています。弁護士さんへの報酬だけでなく訴訟費用や手数料も対象です。万が一のトラブルに備えて加入を検討してもよいかもしれませんね。 

参考)「フリーガル」のご案内/プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会 
https://www.freelance-jp.org/pdf/flegal.pdf

生活に困ったら、融資なども検討する 

契約が終了し、生活に困ってしまうこともあるでしょう。
次の案件が決まっていないと焦るものです。 
収入がなくなり困ったら、まずは次の案件探しに注力しましょう。 
幸いどこもエンジニア不足ですので、エージェントに相談すればそれほど時間をかけずに見つかるかもしれません。 
早めに見つけたい時は、自分のスキルと希望、妥協できる範囲を伝えて下さい。 
妥協できる範囲を伝えておけば、対象となる案件の数も増えます。 

エージェントだけに任せておけない…という場合には、いま空いていることをSNSなどで発信しておくのもよいでしょう。知り合いから仕事の相談をもらえるかもしれません。 

なかなか仕事が見つからず生活できない状況になってしまった場合には、公的な支援制度が利用できることもあります。 
個人事業主でも利用できる無利子の貸付制度もありますので、困った時には窓口に相談してみるとよいでしょう。 

新型コロナウィルス感染症の緊急事態宣言下では、以下のような制度が整えられています。 (2020年4月23日現在) 

給付金・支援金

・持続化給付金制度
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf?_ga=2.199272238.1287222242.1587607667-1668611780.1587607667

・新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金 
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

融資・貸付

・緊急小口資金 
https://www.shakyo.or.jp/guide/shikin/seikatsu/index.html

・新型コロナウイルス感染症特別貸付 
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html

・セーフティネット貸付 
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/07_keieisien_m.html

エンジニアから契約を解除したい場合はどうする? 

基本的には契約期間満了を待つ 

エンジニア自ら契約を解除したい場合、基本的には契約期間満了をもって終了します。 
契約更新しない旨を取引先に伝えます。 
更新しない場合でも、契約終了の何か月前に申し出るなど、契約書に記載があるかと思います。必ず確認しておきましょう。 

やむを得ない事情で、契約期間満了を待たずして終了しなければならないこともあるかもしれません。 
契約に途中解約に関する記載があるか確認し、記載されている場合には何か月前に申し出ることになっているかチェックしてください。 
ただ期日に関わらず、終了する意志が固い場合には早めに伝えたほうが無難です。 
申し出通りに受理されないことも考えられるので、早めに動いた方が自分のためでもあります。 

時期などに配慮を 

契約期間中に自己都合で解除する場合は、契約違反に注意が必要です。職場の状況を判断して適切な申し出をしましょう。 
業務委託の中でも、受託開発の案件は注意が必要です。 
請負契約の仕事の場合、成果物を完成させられないままやめるとなると違約金の対象となります。できる限り完成させることを考えましょう。 

常駐型の仕事では、違約金が発生するケースはあまりありません。 
ただ取引先との関係を壊さないためにも、終了時期などへの配慮は必要です。 

申し出はメールか書面で

契約解除の希望を伝えるのは、メールか書面のような見返せる方法で申し出ましょう。相談は口頭でも問題ありませんが、正式な申し出はメールや書面で行います。期日が分かるような方法で伝えておくと無用なトラブルを避けられます。 

その際には、 

  • 申し出日
  • 契約解除日 
  • 解約理由 

を記載します。 

急に仕事が出来なくなったら 

病気やケガで急に仕事が出来なくなってしまった場合の措置については、契約で定められていないこともあるでしょう。 
その場合は取引先と個別に交渉するしかありません。 

稼働できないとなると報酬は見込めません。ただ、在宅で稼働させてもらえるかなど交渉の余地はあります。自分の状況を正直に伝え、担当者に相談してみてください。 
この場合も、エージェント経由であればエージェントがバックアップしてくれるでしょう。 

まとめ 

フリーエンジニアが業務委託契約を終わり方は3つです。 

1つは契約期間満了で契約更新しないことです。これが最も基本的な選択肢です。 

2つめは取引先から契約を解除される場合です。取引先も企業ですから理由なく解除するようなことはないはずです。契約に基づき、解除しなければならない理由ごとに対応が異なります。一方的に解除を言い渡され納得いかない場合は、第三者に仲介してもらうのも手です。 

3つめはエンジニア自ら契約を解除する場合です。契約期間を終えずに退場する中途解約はできれば避けたいものです。やむを得ない事情がある場合は、早めに相談し、メールで正式な申し出をしましょう。 

いずれの場合にせよ、取引先との交渉は免れません。 
エージェント経由の案件であれば、基本的な交渉はエージェントがサポートします。 
万が一のためにも、信頼できるエージェントの存在は欠かせません。 

無料会員登録で、あなたにおすすめの案件やセミナーの情報をお送りいたします。
まずは無料会員登録を。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のその他案件も多数あります