CAREER
公開日:

フリーランスのJavaエンジニアは東京で活動しよう

「できるだけ多くの案件数の中からプロジェクトに参画したい」「継続的に案件に参画して安定して稼ぎたい」という方は、東京活動することをおすすめします。

なぜなら、東京はフリーランスエンジニア向けの求人数がとても多く、仕事をする上で、自分に合った案件を探しやすい傾向にあるからです。

そのため、フリーランスエンジニアになるならば東京を本拠地にして活動していくことを視野に入れて検討すると良いでしょう。

Javaを活用したサービスは何がある?

Javaは実に様々な開発に活用されています。

例えば、Android端末のプログラムやアプリを作成するのにもJavaは欠かせません。

他にもデスクトップ端末におけるアプリのプログラミングでもJavaの存在感は実に大きいものがあります。

ビジネス分野でもJavaは活用されており、社内システムの開発をするのにJavaが採用されることがよくあります。WebにおいてもJavaはサーバーサイドプログラミングをはじめとして実に多様に用いられています。また、Javaは業界を問わずにシステム開発が行われています。

このようにJavaは多くの業界で活用されていますが、これはJavaの汎用性も関係しています。Javaはライブラリ数が多く、様々な開発を実行することが可能です。

開発環境も整っていてシステム開発しやすいこともJavaの人気を後押ししています。Javaのプログラムは仮想マシンのJVMで実行を行えば、どのような環境でも同じように動作するので、信頼性も実に高いものがあります。

特にこの汎用性は規模の大きな会社にとってはかなり重要な要素になっています。

このような背景から、Javaは多方面で活用されており、Javaエンジニアを求めている企業はたくさんあります。

Javaの副業の仕事が多い地域を比較

Javaフリーランスエンジニアになれば全国どこに住んでいても仕事があると思う人がいるでしょう。これはある程度正しいですが、やはり住んでいる都道府県によって「どれくらい稼げるか?」ということは大きく変わってきます。

例えば、案件の規模が大きくなれば、最初の顔合わせが必要だったり、駐在案件として定期的にオフィスに出向する必要があったりするケースが増えますが、大規模のプロジェクト案件は報酬が高いものが多くあるため、「安定して稼ぎたい」と考えられている方は、積極的に参画していきましょう。

では、実際にJava関連の求人情報が多い地域についてですが、「求人サイト」や「フリーランス専門の案件紹介サービス」を確認してみると、東京・大阪・名古屋・福岡といった大都市周辺だと案件を見つけることができるでしょう。その中でも特に東京は様々な企業があるので、数多くの求人案件を確認することができます。

このことから、Javaフリーランスエンジニアを目指している方は、東京周辺に住むことをおすすめします。

次に「東京ではなぜJavaの案件が多いのか?」について解説していきます。

東京はなぜJava案件が多いのか

紹介したようにJava案件を依頼する企業は圧倒的に東京を本拠地にしていることが多いです。その理由として東京は「日本のビジネスの中心地」ということがあるからです。

東京にある企業は、

中小企業社数が447,659社、大企業社が4,538社で、全国1位という統計が出ています。

厚生労働省 中小企業庁白書・統計情報より参照

このように、たくさんの企業があるということは、Web・システム開発・アプリなどの業界の企業が多くあるため、Javaエンジニアを求めている企業数自体が多いということがいえるでしょう。

また、東京は他の地域に比べ様々な業界の会社の本社が多い傾向にあります。これはJavaに限りませんが基本的にシステム開発においては本社が発注して仕上がったシステムを支社などに渡すということが多いのですが、これも本社が集中している東京でJavaの求人が多い理由になっています。

また、東京周辺に住んでいればJava関連のセミナーなどにも参加しやすくなってより業界の最新情報を得やすいというメリットがあります。

このことから、勤務地を選ぶ際にはやはり人気の東京周辺にしておくことがおすすめです。

一方で、最近では最初の顔合わせなどもテレビ電話やスカイプで行うということも増えてきて東京などの大都市周辺に住んでいなくともフリーランスとして仕事はしやすくなっています。

もしも実績ができてきてクライアント数も増えてきたら地域に引っ越すということも可能です。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります