JOB
公開日:

フリーランスのPerl案件って稼げるの?

今回の記事では、Perlについてどのような案件があり、どのくらい稼げるのかを紹介していきます。フリーランスSEとして長く活躍していくためには、現状で持っているスキルや経験を強化しながら新しいスキルも学んでいく必要があります。今回紹介するPerlは、新規に何かスキルを身に着けたいと考えている方にはオススメです。記事を読んで興味が出た方は、少しでも触ってみてください。 

Perlとは 

公式サイトより
https://www.perl.org/

まず始めに、Perlとは何かについて説明していきます。Perlとは、ラリー・ウォール氏によって開発され、1987年に一般公開されたプログラミング言語です。長い歴史を持っているプログラミング言語であるため、蓄積された再利用可能なモジュールがたくさんあります。そのため、既存のモジュールを組み合わせるだけで面倒な処理を手早く実装することが出来ます。プログラミング言語がその真価を発揮するのは、Webアプリケーションで利用ですが、テキスト処理やシステム管理などの用途でも幅広く利用されています。具体的にどんな特徴を持っているプログラミング言語なのかを見ていきましょう。 

コードを簡略にできる 

Perlには、省略を多用する文法や特殊変数というものがあります。これらを使用することにより、同じような処理のコードでも様々な方式で記述することができます。結果として、ほかのプログラミング言語よりも短いコードで処理を実行させることができます。誰もが理解できる形になりにくいため、プログラムの保守性という観点で見ると低くなりがちですが、プログラム初心者でも言葉遊びのようにコードを書けるところは魅力です。 

新しい機能を取り入れる開発姿勢 

Perlは、発表された当初と比較して多くの機能が新しく実装されたことでも有名です。言語の発案者であるラリー・ウォール氏を筆頭に、開発チームは新しい機能をどんどん実装してユーザに気持ちよく使用してもらえることを考えています。新たに実装された機能の例を挙げると、 

  • オブジェクト指向プログラミングを可能にする拡張 
  • プログラムのモジュール化およびモジュールの読み込み機能 
  • Unicodeなど多言語環境への対応 
  • ガベージコレクション 

上記のようなものを新規に実装していきました。この積極的な開発姿勢も魅力の1つです。 

テキストベースの言語なので作成や習性が簡単 

Perlはテキストベースのプログラミング言語であるため、コンパイルが不要のままで作成したコードを実行することができます。プログラム作成の際には、作成したコードをテストすることが重要になりますが、いちいちコンパイルをしてからテストしていると時間がかかってしまうケースも少なくありません。その点、Perlはコンパイルなしで素早くテストを実行することができます。 

Perlのモットーとして”There’s More Than One Way To Do It.”を掲げています。これは「やり遂げるやり方は一つじゃない」という意味で、このモットーに従うように様々な表現をすることができるため、プログラミング初心者でも楽しく開発を行うことができる言語です。 

Perl案件の内容とは? 

続けてPerlを扱えるエンジニア向けにどんな案件が提示されているのかを見ていきましょう。 

  • マッチングサービスの運用保守改修業務 
  • コールセンター向けシステムの機能追加開発 
  • 通信会社向け基幹システム再構築 
  • チャットサービスの開発/運用 

Perlはもともと、Webアプリケーション開発においてCGI(※)を実現するためのプログラミング言語としてよく利用されてきました。そのため、案件の内容としてもWebアプリケーション開発のものがほとんどです。案件を募集している企業の業種を見ても特に制限はなく、コールセンターやチャットサービスなどどの業種の企業でも必要になるサービスの開発案件が多く見られます。案件の数自体も豊富で、多くの選択肢から自分にあうものを選ぶことができると考えてよいでしょう。 

※Common Gateway Interface の略で、Webアプリケーションを実行させる際によく使われている仕組みのことです。クライアントPCがWebページにアクセスすることで、Webサーバ内のプログラムが実行され、結果をクライアントPCのブラウザに返します。 

Perl案件の将来性はあるのか? 

続けて、Perlの将来性という観点で見ていきましょう。結論から言うと、Perlは今後伸びにくくなっていくと考えられます。以前は 

「WebプログラミングにおいてCGIといえばPerl」といわれるほどに人気がありましたが、PythonやRudyなどのより使い勝手の良い言語が出現したことから勢いは停滞していきました。コードの表現が自由な分、開発した本人以外では読みにくいといった欠点も批判を浴びたためです。 

しかしながら、2020年3月現在の状況ではPerlの案件は多く見つけることができます。すでにPerlで開発された膨大なソフトウェア資産があり、未だにPerlの存在価値を揺るぎないものにしているためです。今後もPerl案件が急激に減る可能性は低いと考えられますが、PythonやRudyなどの新しく登場してきたプログラミング言語を使用する開発案件は増えてくると思います。それに応じて、Perlでの新規開発案件は少なくなっていくでしょう。 

Perl案件の単価相場は? 

続けて、フリーランスのエンジニア向けに提示されているPerl案件の単価を見てみましょう。正社員と同じように、フリーランスのエンジニアも経験年数に比例して単価が高くなるように設定されています。実際に案件を見てみると、経験年数と月収は下記のように比例して伸びています。 

  • Perl経験2年未満 月45万円未満 
  • Perl経験3年 月55万円未満 
  • Perl経験4年以上 月60万円以上 

Perl案件の相場単価ですが、経験が4年以上あれば月60万円を超えていくことも可能です。ただ、参画する案件によっては3年以下の経験でも月60万円を超えた単価で受注することも可能です。Perl案件は他の開発言語に比べても単価は多少高めに設定されていると言えますが、Perlの実務経験や持っているスキルセットによって大きく異なります。興味があればどんな案件はどんな単価で設定されているのか確認してみましょう。 

Perl案件で稼ぐためには? 

Perl案件の中でも、設定されている単価には大きな差があります。高い単価の案件を見てみると、提示されている内容にある程度の共通点が見えてきます。本章では、高単価案件に共通して存在する特徴から、どういったスキルや経験が求められるのかを見てみましょう。  

マネジメントスキル 

Perlを扱う案件では、社内で使うWebサービスを開発するケースが多いです。そうなると、言われた通りに開発をするだけが仕事ではありません。開発したサービスを使うユーザさんの要望を聞き、それをどう形にするのかを考えなければいけません。要件定義/基本設計といった開発に着手する前段階から対応できる能力が必要になります。そのため、ビジネス視点を持っているエンジニアは重宝されます。お客さんが求めていることを読み取って活躍してくれることが期待できるからです。 

設計に関する経験やスキル 

Perl案件の中でも、高い単価を提示している案件では設計から運用まで一気通貫して任せたいと考えているケースが多くあります。特に要件定義や基本設計ができるエンジニアは需要が高く、詳細設計以降を担当するエンジニアと比較しても単価が高く設定されています。ニュースでもよく取り上げられる通り、日本では現在エンジニアの数が不足しています。中でも、特に不足しているのが要件定義や基本設計などのいわゆる上流工程を担当できるエンジニアです。上流工程を担当するためには、確かなスキルと豊富な経験が求められます。そのため、上流工程を任せられるエンジニアは高い単価での案件受注が期待できます。 

まとめ 

今回はPerlを取り上げ、そもそもどういった言語なのか、エンジニア向けに提示されている案件の内容や条件はどうなのかといった観点からお話しました。 

Perlは同じ内容の処理でも、多くの表現ができるプログラミング言語です。反面、ほかのエンジニアが作成したコードを読み解くのが難しく、保守性が低い難点があります。 

新世代のプログラミング言語の登場により今後も需要が増えていくことは難しいと考えられますが、既存でPerlが動作しているソフトウェア資産が多いことから現状ではまだまだ案件には困らないです。案件の内容も手広く単価も高く設定されているため、興味がある方は一度触ってみてください。 

無料会員登録で、あなたにおすすめの案件やセミナーの情報をお送りいたします。
まずは無料会員登録を。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPerl案件も多数あります