JOB
公開日:

Javaの技術者・エンジニアの案件ごとの単価について解説

フリーランスエンジニアとして働いていると、

「一体、この仕事の単価は相場とどのくらい違うのだろうか?」

「自分の給料は他のエンジニアと比べて、どのくらいなのだろうか?」

「他のエンジニアはどのくらいの単価の案件を、どのくらいもらっているのだろうか?」

といった疑問を抱くこともあるでしょう。

しかし、他のエンジニアが、どのくらいの単価で仕事をしているのかということや、案件の相場は正確に情報を得ることは難しいです。

ただ、案件の単価相場がわかれば、単価相場より高い仕事に参画することに役立ち、好条件のプロジェクトに参画できることでモチベーションが高まり、より自信を持って仕事を請けられるようになるでしょう。また、案件相場からかけ離れているような仕事だと「この仕事は適正な案件ではない」と事前に判断できるようにもなります。

そこで、今回はJavaの技術者・エンジニアが事前に知っておきたい、案件の単価について詳しく解説していきます。

Javaの技術者・エンジニアの単価相場について

フリーランス市場におけるJava求人の単価相場に関する情報を見つけるためには、実際にフリーランス専門の案件紹介サービスで確認することができる案件を見るのが一番です。

単価相場はフリーランス専門の案件紹介サービスや仕事内容ごとに異なりますが、65万円~80万円が目安となります。

例えば、案件紹介サービスのエミリーで実際の求人情報を参考すると、下記のような案件を確認することができます。

業務内容不動産会社契約管理システムのマイグレーション
職種詳細Javaエンジニア
報酬単価/月〜650,000円
業務内容業務系(人事関連)Webアプリケーション開発
職種詳細Javaエンジニア
報酬単価/月〜800,000円
業務内容大手ECサイトのサーバーサイド開発
職種詳細JavaのSE/PG
報酬単価/月〜650,000円

ここでは、例に挙げていませんが、フリーランスのJavaエンジニアが案件を獲得する際は、クラウドソーシングで個人からの依頼を受けるケースと、上記で述べたような案件紹介サービスから企業からの依頼を受けるケースのどちらかがほとんどです。

個人の依頼とフリーランス専門の案件紹介サービスの依頼を比べてみると、フリーランス専門の案件紹介サービスの方が、単価が高い傾向にあります

Javaの技術者・エンジニアで単価相場以上を獲得することはできる?

フリーランスとして活動している技術者・エンジニアで、今よりも良い条件で案件獲得をしたいと考えている方もいるでしょう。

好条件といっても、働き方・報酬などがありますが、ここでは、相場以上の案件単価を獲得することができるかについてお話します。

まず、結論として単価相場以上に報酬を得ることは可能です。

ただ、単価相場以上に報酬を得るには、技術力などのスキルアップをすることが大切です。

具体的には、

・Java以外のプログラミング言語を習得する

・最新トレンドを学ぶ

・専門分野を極める

などが挙げられます。

Java以外のプログラミング言語を習得する

Javaは、Web開発で多く扱われています。ただ、Web開発で用いられるプログラミング言語はJavaの他にも、PHPやRubyなどがあります。

そのため、Web開発をメインとしているエンジニアは、PHPやRubyなどの言語の知識を学び、実装することで、経験が増えて幅広いプロジェクトに参画することができます。

また、スマートフォンのAndroid開発をメインにしているエンジニアはJavaの他にも、iOSの開発で用いられるSwiftやObjective-C、Kotlinなどのプログラミング言語の知識を身に付けることで、幅広いスマホアプリの開発に携わることができるでしょう。

最新のトレンドを学ぶ

今以上にJavaの知識を深めることも大切です。Javaは常に新しいライブラリやフレームワークなどが登場しているので、常に学ぶ姿勢を大切にして最新情報を身に付けておくようにしましょう。

専門分野を極める

他の人に負けない得意分野を極めることも大事です。

例えば、「Web関連に強い」と自信があるならば、プログラミング以外のことについても総合的にWeb関連の知識を深めて、他のエンジニアにはない、自分の強みを持てると良いでしょう。

常駐案件を探す

上記でもお伝えしましたが、報酬を高めるためには企業案件を獲得すると良いでしょう。

中でも、稼働日数が多い週5勤務の常駐の仕事を探すのがおすすめです。なぜなら、常通案件は安定して稼ぐことができ、自分の時間を確保することでスキルアップにつなげることができるからです。

フリーランスのエンジニアによっては、低い単価でも、案件数をこなして活動しているエンジニアの方もいます。ただ、このように目先の案件数や報酬だけにこだわってしまうと、仕事以外に時間を取れなくなってしまい、自分のスキルアップにつなげるための学習をする時間などを設けることができなくなってしまいます。

時間に余裕ができれば、上記で述べたような「他のプログラミング言語の学習」や「最新トレンドを学ぶ時間」に充てることも可能です。エンジニアとしての価値を高め、さらなる単価相場以上の案件獲得に役立ちます。

Javaの技術者・エンジニアは高単価の仕事を目指すことが大切

Javaを扱う技術者・エンジニアに限った話ではないですが、フリーランスとして活動し続けるためには、単価の高い案件をどれだけ獲得することができるかがとても大切です。

そして、フリーランスエンジニアとして活動していくには、常に市場の状況を合せて自身のスキルを磨く必要があります。

特にプログラミング言語は、市場の主流となる言語やフレームワークなどの移り変わりが頻繁に起きます。このときに、仕事に終われて最新の流行に乗り遅れてしまっては、好条件の案件の獲得が難しくなり、生活に不安を抱えてしまうという将来になってしまう可能性があります。

そのため、フリーランスとして安定して活動していくためには、求人情報を厳選して選び、自分に見合った案件を獲得するための「正しい判断で案件の目を通す力」を身に付け、好条件の単価の案件を獲得していくようにしましょう。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります