在宅でも稼げる?!PHPのフリーランスエンジニアの働き方について

現在の我が国でのスマホの普及率は70%を超えた、と言われています。この5年で急激に広まり、このツールを活用するためには、今多くの技術者やエンジニアが必要とされています。

特にWebベースのシステム開発において、エンジニアの需要は非常に高まっています。実際、経験豊富なできるエンジニアになると、仕事はかなりあります。

今回は、PHPのエンジニアを目指している方やフリーランスになろうかと検討中の方に対して、PHPの開発案件で「安定的に稼げるのかどうか?」、また「開発環境として在宅での仕事はどうなのか?」について解説していきます。

フリーランスで活動するPHPエンジニアの契約スタイル

フリーランスエンジニアとして案件を獲得する方法として、

  • 仕事関係で構築したコネクションなどによって仕事を得る

という方もいますが、エンジニアの求人情報は、インターネットなどで募集されているものが多くあり、フリーランス専門の案件紹介サービスで案件を探すこともできます。

フリーランスでの仕事の場合、PHPに限らず、システム開発やアプリケーション開発には、様々な契約スタイルがあります。

システム開発会社に務めるサラリーマンの方、常駐契約の方、単価契約の方など条件も実に様々です。また開発環境も客先への常駐型と請負での在宅作業の2パターンがあります。

フリーランスエンジニアの常駐契約と在宅契約について

客先への常駐の場合は、契約内容にもよりますが、最大で週5日顧客先の要望と開発スケジュールに準じて、エンジニアとして常駐します。主に常駐の場合、顧客となるのは企業となり、Webシステムの開発となります。

常駐型の場合には、通勤する必要がありますが、メリットとしては、業務時間が決まっているため、業務時間以外は自分の好きな時間として利用することができることです。

開発は、PHPでの仕事の場合、フレームワークを使って仕事をするのが一般的で、複数の人間が関わりチームで行うことが多いので、作業の分担ができます。

また、契約条件にもよりますが、月額固定や時間精算してくれることもあるので、やった分だけしっかり貰える安心感があります。

在宅の場合、これも契約内容にもよりますが、一括精算の場合、時間との戦いになり、場合によっては夜中まで作業することがあります。

このことから「健康的に、安定して稼ぐということなら常駐で参画する」というエンジニアの方もいます。

フリーランスPHPエンジニア在宅の働き方

次に、PHPの開発案件にて在宅で仕事をする場合について具体的にお話ししましょう。

PHP案件については開発環境が容易に整えられるというメリットがあり、開発も非常に行いやすいのが特徴です。そのため、フリーランスになってからは、PHPの開発は、在宅でプログラミングに参画することもできるでしょう。

ここでは、PHPエンジニアが在宅で働く上で、ポイントとなることについてまとめていきます。

PHPエンジニアの在宅はどのような人に向いている?

プログラミング言語としてのPHPは、とてもフレキシブルに対応できるのがPHPの開発の特徴だと言えます。またプログラミング言語をこれから学びたいと思っている方にも向いています。比較的簡単で理解しやすいことから、プログラミングを覚えたい初心者の方にもおすすめでしょう。

ただ、エンジニアとして仕事をするには、それなりに経験とスキルは必要です。これはPHP言語に限ったことではありません。どの言語を使うとしても、プロとしての技術や知識は必要となります。

在宅で働くときは、時間管理が重要

在宅作業の場合、一番の問題は作業時間です。

1つの案件に集中して作業を行える場合であれば、1日中自宅にこもって集中して作業することができます。通勤時間もないことから、無駄がありません。

ですが、24時間いつでも自由に使える状況では、自分自身で作業時間の線引きをしなくてはなりません。

スケジュールの都合次第で徹夜で作業したり、昼夜逆転してしまったりすることもあり、なかなか生活リズムを整えるのに厳しいものがあります。

在宅案件は契約によってはスピードが求められる

在宅案件の報酬は契約条件によって時間精算のものと、時間精算ではないものがあります。

時間精算ではない場合は、できるだけスピーディーに終わらせることです。

予定より時間がかかってしまった場合、作業時間に見合わない報酬金額になってしまいます。

フリーランスPHPエンジニアが在宅案件を見つける方法

フリーエンジニアとしてのPHP在宅案件の仕事ですが、インターネットでエンジニアの求人情報は多数あります。

常駐型も在宅型も両方存在します。クライアントの要望により条件は様々となります。

現在でもPHP技術者の募集は多く、市場においてもニーズのある職種と言えるでしょう。

最近ではフリーランスのエンジニアとエンジニアを求める企業を結ぶ「フリーランス専門の案件紹介サービス」のエージェント会社も多く、フリーランスとしても仕事のしやすい時代になってきました。

エージェント会社を利用することで、各エージェント会社の担当者との打ち合わせを行い、近況報告や最近の動向、情報交換などを行うことができます。またフリーランスの場合、実作業の他に営業も同時に行うことも必要ですが、「フリーランス専門の案件紹介サービス」を利用することで手間をかけずエージェントから自分にあった案件を紹介してもらうこともできます。

PHPフリーエンジニアの在宅での開発案件の例

では、PHPでの開発案件にて実際どのようなものがあるかについて例に挙げてお話していきます。

案件として多いものに、データの更新、抽出などのプロジェクトがあります。

ブラウザからの入力値をパラメータとして、デーベースへ問い合わせ結果を得たり、Webページとして表示させたりするものです。パソコンやスマホなどでも、日常的によく利用される、現在ではもはや当たり前のWebシステムとなります。

実例を挙げるとショッピングサイト、決済システム、店舗などの来店予約システムなど様々あります。

気になるフリーPHPエンジニア案件の報酬面

案件報酬は時間精算、月額精算、単価精算など規模により様々です。

これも契約内容によるので、一概には言えません。そのため、フリーランスで活動するとき「どのような在宅案件があるのか?」と疑問に思うようなことがあれば、フリーランス専門の案件紹介サービスを利用し、担当者に相談をすると良いでしょう。
 
ただし、傾向として報酬や案件の数を比較してみると、在宅案件よりも常駐案件の方が好条件でかつ数も多いと言えます。在宅勤務を希望する方の選択肢として、「まずは常駐案件に参画し、徐々に在宅勤務(リモートワーク)の割合を増やしていく」こともあります。元々は常駐PHPエンジニアを求めている案件でも、「信頼関係が出来たあとであれば、在宅勤務も可」という案件も意外と多いです。良い条件の在宅案件がなかなか見つからない、というフリーランスの方は一度検討してみてください。

今回は、フリーPHPエンジニアの開発案件について、仕事や契約条件、勤務形態についてお話ししました。

PHPを扱うフリーランスエンジニアの方に少しでも参考にして頂けたら幸いです。

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります