CAREER
公開日:

Pythonの案件数は少ない?市場から考える今後の需要とフリーランス案件を獲得するポイント

Python関連の案件数は、他のプログラミング言語と比較をして統計的に少ない傾向にあります。

ただ、現在PythonはWebアプリや人工知能・機械学習などの開発に使用されており、注目されている言語なので、今後の需要は伸びていくことが予想できます。

今回は、Pythonエンジニアが知っておきたい、Pythonの現在の市場や今後の市場、案件が少ない中でどのように活動していけば良いかについて解説していきます。

Pythonの案件はなぜ少ないのか?現状の状況と今後の市場の動向について

ここでは、現在、Python案件が少ない原因と、今後の動向についてまとめていきます。

Python案件が少ないのはなぜ?

今まで、Python案件数が少ないのは、いろいろな原因が関係しています。その原因の一つに挙げられるのがPythonの知名度です。

これまで、Pythonは日本ではそこまで認知度は高いものではありませんでした。

そのため、Web業界ではJavaやPHPのようなメジャーなプログラミング言語がアプリケーション開発に使われていました。これが、Python関連の仕事も少ない原因といえるでしょう。

しかし、世界を見てみると

  • YouTube
  • Instagram
  • Dropbox

などの開発にPythonが使われています。

このような実績から、近年では徐々に日本国内での認知度は高まっていて、Pythonを採用したWebアプリケーション開発は増えていっています。

今後のPython市場の動向について

Pythonは上記で述べたWebアプリケーション以外に、機械学習や人工知能、データサイエンスなどの開発に優れています。近年では、これらの市場の需要が高まっていることから、Pythonの知名度はさらに高くなっています。

知名度が高くなれば、よりライブラリも充実して、Pythonを扱う開発も今後増えていくでしょう。

こうした流れが続けばPython関連の仕事の需要が一気に増えることも考えられます。

Pythonに限った話出はないですが、プログラミング言語は市場の需要に大きく影響されますので、常に動向をチャックすることが大切です。

なぜPythonの求人は少ないの?Pythonの求人の特徴について

フリーランス市場において、Pythonの求人はまだまだ少ない傾向にあります。この求人件数が少ない理由は、ライブラリやドキュメントを扱えるエンジニアがまだあまり多くないということもありますが、その他にも求人案件が少ない理由があります。また、案件は少ないと言っても、Pythonの求人はどのような特徴があるのでしょうか?

Pythonの求人が少ない原因

今まではフリーランス市場のPython求人数は決して多くはありませんでした。

なぜかというと、求人は市場の需要に大きく影響するからです。

上記でも述べた通り、これまではJavaやPHPを用いたWebアプリケーション開発が採用されており、Pythonはほとんど使われていない傾向にありました。

これが、Pythonの求人が少ない原因になっているといえるでしょう。

ただ、近年では徐々にPythonの求人は増えてきています。

次にPythonの求人はどのようなものがあるのかをお話していきたいと思います。

Pythonの求人の特徴

現在、PythonはWeb業界やAI業界などの求人が増えています。

クライアントによって開発規模は様々で、小規模から大規模な仕事まで幅広くあります。

小規模の仕事を例に挙げると、クラウドソーシングなどで参画することができる、Pythonでプログラミングされたアプリケーションの改修や手直しといった仕事があります。

一方、大規模な仕事はシステム開発の会社からの依頼が多い特徴があります。

では、実際にPythonの案件をどのように獲得することができるのでしょうか。

フリーのエンジニアの場合は主に

  • 知り合いからの紹介
  • クラウドソーシング
  • フリーランス専門の案件紹介サービス

などから、案件を獲得することができます。

上記で小規模案件と、大規模案件の話をしましたが、安定してフリーランスとして活動していくには、小規模な仕事をコツコツ行うよりか、大規模の仕事に参画することをおすすめします。

大規模な仕事はシステム開発の会社からの依頼が多いので、「フリーランス専門の案件紹介サービス」を利用することで、スムーズに案件を獲得することができます。

例えば、案件紹介サービスのエミリーではPythonの求人は、基本的に常駐案件で3ヶ月ずつの契約更新を行うので、安定して仕事に取り組むことができます。

案件少ないPythonフリーランス案件を獲得するためには

Pythonを扱うフリーランスエンジニアは、他のエンジニアと差をつけるために身に付けておきたいスキルがあります。

ここでは、その身に付けておきたいポイントについて例に挙げ、お話していきます。

Pythonエンジニアはプログラミング言語やフレームワークの知識を深めることが大切

Pythonを扱うフリーランスエンジニアは、Pythonだけでなく他のプログラミング言語やフレームワークの知識を習得しておくことが大切です。他の言語やフレームワークの知識を深めることで、Pythonプログラマーとしての仕事の幅が広がってくるだけでなく、案件・求人もより獲得しやすくなってきます。

具体的にどのようなプログラミング言語を習得するのが良いの?

学んでおきたい、プログラミング候補にはいろいろとありますが、ここでは一例として習得たいプログラミング言語について解説していきます。

その一つに挙げられるのがJavaです。

PythonとJavaは類似性があり、学びやすいのでPythonエンジニアでまだ、Javaが身に付いていないのであればJavaのスキルを最初に学んでおくようにすると良いでしょう。また、Java身に付けることによってできることも一気に増えますし、PythonとJavaができるプログラマーは重宝されることもポイントです。

このように、一つだけの言語に留まらず、常に学ぶ意欲を持ち、知識やスキルを伸ばすことはとても重要です。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPython案件も多数あります