Pythonエンジニアはフリーランスを目指そう

Pythonの開発案件は、他のプログラミング言語と比較して件数が少ない傾向にあります。なぜかというと日本では、Pythonで開発しても良かったサービスでも、PHPなどのプログラミング言語が使われ開発されているからです。

そのため、国内ではPythonを使ったサービスが少なく認知度が低いことから、普及する機会がありませんでした。

しかしPythonは「見やすい」「わかりやすい」コードで読みやすく、保守性が高い特長を持っています。そして人工知能や機械学習に適しているPythonは、最近のAIの人気に伴い需要が急増しています。

このことから、Pythonは将来性が見込めるプログラミング言語の一つといえます。

今後フリーランスでPythonエンジニアとして活動していきたいと思われている方に向けて、今回はPythonの案件の特徴と求人情報などについて解説していきます。

一般的なPython案件の特徴について

以前は、JavaやPHPなどがWebサービスでは主流といわれていましたが、これらのプログラミング言語で行われる開発は減少傾向にあり、最近はRubyやPython、Scalaなどのプログラミング言語を使用したWebサービスが増えてきています。

本来、Pythonは海外では主要言語の一つだったのですが、日本ではマイナー言語として扱われてきたため、特殊な用途で用いられたに過ぎませんでした。

Pythonは元々、人工知能分野でよく使われていたため、機械学習などの案件で使われることも多いという特徴があります。現在は人工知能や機械学習を使ったサービスの企業需要の高まり、案件は年々増加しています。

また、Pythonは人口知能以外でもデータサイエンスなどで使用されることも多いです。

データサイエンスとは、数学、統計学、情報工学、パターン認識など異なる形式や内容を持ったデータに共通する性質の分析、またはそれらのデータの内容を扱うための手法の開発に用いられます。

機械学習もその一つで他に統計学や計算機科学など多岐に渡ります。

データサイエンスの需要の高まりで、専門に行うデータサイエンスティストの需要も高まっています。

話題のビッグデータを扱うことでもデータサイエンスティストが必要とされることが多くなっており、将来のキャリアチェンジの可能性として、データサイエンスティストを選択にいれることができるのもPythonを使う意味があるといえるでしょう。

Python自体マイナー言語扱いでしたが、情報感度の高いエンジニアが多く、「Pythonを使える = 高レベルのエンジニア」というイメージから案件の単価も高く設定されているのかもしれません。そのため、クライアントが何を求めているかを正しく把握するのがマッチングで重要となるでしょう。

Python案件の求人の特徴と今後

Python案件はすごいスピードで増加していますが、まだ少ないといわれています。

減少傾向にあるといってもPHPなどが主流でしたし、これらで開発されたシステムはその後も稼働していくので代わりにPython案件が一気に増えることはないでしょう。

ただ、元々Pythonは海外では主要な言語の一つなのでPHPなどの簡易なスクリプト言語と違ってデバッグ能力も高く大規模システムの構築も可能という言語の特徴があります。

将来的にはPHPなどにも一定数の企業の置き換え需要も見込めるかもしれません。

それに加えて、今後の人工知能や機械学習分野、統計解析などの分野では人気で需要は高まっていく傾向にあり、新規需要が高まりつつあります。

人工知能以外でもビッグデータの解析でデータサイエンスも求められているので、純粋なプログラム言語としてではなく、便利なツールとしても使えます。

他の使用法としてはバックオフィスの自動化を背景に、日常使いできるビジネスツールとして、統計的な分析などに使われていくことも考えられます。

実際にExcelにPythonが搭載されることになるので、需要は高まっていくでしょう。

また、Pythonは日本で使えるエンジニアがまだ少ないこともあり、案件に対してエンジニアの数が’足りておらず、採用もされやすい傾向にあります。

また、案件の需要が高くエンジニアの供給が低いため、報酬も高くなる傾向にあり比較的高額な年収も期待できるといえるでしょう。

求人数が多くなっていく傾向にあるので仕事に困らないともいえます。

Pythonエンジニアとして活動しよう

海外では昔から主要言語の一つだったのですが、日本ではマイナー言語扱いだったため使えるエンジニアは不足しています。

その一方、近年では人工知能やデータサイエンスなどでの需要の高まりで、Pythonエンジニアの数は少なく、多くの企業がエンジニアを求めています。

そのため、案件に対しての単価は他の言語に対して非常に高く、今から携わるならPythonはおすすめです。ただ、日本ではマイナー言語扱いだったため各企業も導入段階が多く、スキルや経験が少ない人材の採用はあまり行われていないようです。

ここ数年で3倍に案件数が増加した事例もあるそうですが、Python自体の実務経験があるエンジニアはそれほど多くないともいえるでしょう。

ただ、Pythonエンジニアは増加傾向にあるので今後を見据えればPython言語の習得はもちろんのこと、人工知能や機械学習そのものに技術や原理に深い知識があれば将来的に他のPythonエンジニアとの差別化にもつながるでしょう。

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPython案件も多数あります