在宅でも稼げる?!Pythonのフリーランスエンジニアの働き方について

Pythonは、Webアプリケーションや人工知能、機械学習、データ分析まで幅広い用途を持ったプログラミング言語です。身近なところでは、YouTubeやEvernoteなどがPythonによって作られているサービスとして有名です。

人工知能開発の主流言語というだけでなく、学習コストが低いこともあって人気・知名度ともに急上昇中のPythonです。

そのため現在、様々な業界でPythonの求人を確認することができます。

フリーのエンジニアでPythonを扱う人も多くいますが「できれば在宅で働きたい。」と思っている人もいるでしょう。

今回は、Pythonの案件は在宅で働くことができるか?ということや、案件の特徴などについて紹介していきます。

ぜひ、フリーランスを考えているPythonエンジニアの方は参考にしてみてください。

Python案件の特徴

Pythonの仕事の特徴としては、アプリケーション開発から機械学習、人工知能・ロボット開発など非常に多岐に上ることが挙げられます。

求人件数そのものは、JavaやPHP、JavaScriptに比べて少ないながらも、Pythonエンジニアは業界でも最高レベルの年収であることが、例年の求人検索エンジンなどの調査でも明らかとなっています。

Python案件の契約体系と案件参画方法

Pythonに限った話ではないですが、案件は大きく分けて、常駐案件と在宅案件の2つがあります。

常駐案件はIT企業に属する多人数のエンジニアによる大掛かりなプロジェクトが多く、在宅案件は少人数で開発・実装で進むプロジェクトや比較的簡単なアプリケーション開発である場合が多いです。また、在宅案件は、非IT企業からの依頼が目立つのも特徴です。

ただ、一見常駐案件のように見える募集でも、条件の一部に「リモートワーク可」などというように記載されている場合もありますので一概には言えません。そのため、「在宅で働くことができるか?」ということは、事前に確認するとよいでしょう。

このように、フリーランスになると、在宅案件が多いと思われる方もいますが、フリーランスとしても常駐・在宅のどちらの働き方を選ぶことができます。

プロジェクトに参画するには、常駐案件と在宅案件のどちらも、企業や個人事業主の求人に自ら応募して契約を結ぶ方法と、フリーランス専門の案件紹介サービスを介して仕事を受注する方法があります。

 Pythonは在宅で稼ぐことはできる?

結論からお伝えすると、Pythonの案件は在宅だけで十分に稼ぐことは難しいでしょう。

なぜなら、上記で述べた通り、在宅案件は少人数での開発・実装で進むプロジェクトや、比較的簡単なアプリケーション開発などが主な仕事となるからです。

このような在宅で働ける仕事は、個人でも発注ができるようなクラウドソーシングを介して案件を獲得します。大掛かりな開発に関わる訳ではないので、単発の仕事で、報酬が低い仕事も確認することができるでしょう。

このような小規模な案件は、例えば「初心者が経験を積む」ということには適していますが、フリーで活動するエンジニアには向きません。このことから、在宅での活動は難しく、常駐で仕事をすることは避けて通れないでしょう。

では、次にPythonはどのような常駐案件があるのかについて紹介していきます。

Pythonの求人情報

Python案件の求人情報について、フリーランス専門の案件紹介サービスの募集をもとに具体的なケースを見ていきましょう。

例えば、案件紹介サービスのエミリーでは下記のような求人があります。

  • データサイエンティスト
仕事内容購買動向、顧客動向分析に関わる仕事
必須スキル
  • Python
月額報酬〜850,000円
  • アプリ開発
仕事内容Webアプリケーションの画面周りの開発に関わる仕事
必須スキル
  •  Python-DjangoのWebアプリ開発の経験
  •  Vue.js,JQueryでの開発の経験
  •  GSuite,APIを使った開発の経験
  •  Oauth2による認証認可を利用した開発の経験

または、

  • GitHub,CircleCI利用の経験
  • Kubernetes,Docker利用の経験
  • クラウド(AWS,GCP)環境構築の経験
月額報酬〜600,000円
  • AI
仕事内容金融機関向けのAI開発に関わる仕事
必須スキル
  •  数学・統計学の知識(博士課程レベル)
  •  専門/経験に捉われない柔軟性、対応能力のある方
尚可スキル
  • Pythonでの開発経験
  • 人工知能(AI)に関する研究経験をお持ちの方
  • 統計、計量分析、機械学習、最適化などに関する専門知識をお持ちの方
  •  金融関連のシステム構築経験
月額報酬〜1,200,000円

実際の常駐案件を見てみると、このような求人情報を確認することができます。※詳しいPython求人についてはこちら

 

今回お話をした通り、フリーのPythonエンジニア在宅だけで稼ぐことは難しいです。そのため常駐案件に参画することも考え、活動していくとよいでしょう。

 

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPython案件も多数あります