JOB
公開日:

Javaエンジニアの単価を高めるには?案件単価を解説!

Javaは、プログラミング言語の中で最も実績のある言語の1つです。

Javaは、1995年にサン・マイクロシステムズ社が発表し、登場してからもう20年以上が経ちました。もともとは組み込み用途で使われていたJavaですが、近年はWebサイトアプリで多く使われています。Javaは、その自由度の高さから多くの企業で採用され、汎用性があるため様々な開発で使われています。今では、多くのサーバサイドプログラムがJavaで書かれています

しかし、最近の新規システム開発において、Javaが採用されるプロジェクトは昔ほど多いと言える訳ではなくなりました。一方で、すでにJavaで作られた多くのシステムが存在し、その拡張メンテナンス含め、まだまだJavaを採用する案件が多い傾向に変わりありません。よって、Java案件がなくなり、Javaエンジニアの方の仕事がなくなるとは、あまり考えられませんが、Javaエンジニアの方がたくさんいるのも事実です。その中でも、フリーランスとして今後仕事に取り組みたいと考えられている方は、他のエンジニアとの差別化を図るためにも、技術スキルをしっかり磨きながら、単価の高い案件に挑戦していくことが大切です。

今回は、Javaエンジニアの一般的な単価について、高単価案件を獲得するためには、どうすればいいかについて解説していきます。

 Java求人の一般的な単価について

冒頭でも述べた通り、Javaは現在Webサイトの開発やアプリの開発などに使われています。その多様性から市場での需要が高く、他のプログラミング言語と比べると求人の単価としては比較的高い言語です。2016年のデータになりますが、Javaの平均年収は500万円が基準となっています。

一般的な単価の目安としては、

  • プログラミングスクール卒業したての実務未経験の報酬が20万円~25万円/月(週5日常駐勤務の場合)
  • 実務経験半年の報酬が25万円~30万円/月(週5日常駐勤務の場合)
  • 実務経験1年間の報酬が30万円~40万円/月(週5日常駐勤務の場合)
  • 実務経験5年間以上の報酬が60万円以上/月(週5日常駐勤務の場合)

こちらが相場となっています。

このことから実務経験5年間以上になると年収1000万円以上を目指すことも可能です。これだけ見ると「十分な報酬を得ることができる」と印象を持つ方もいるでしょう。しかし、「単価が少し低下していないか?」「求人数が減ってきていないか?」なども聞かれたりすることもあると思います。では、なぜ単価が下がっているといわれているのでしょうか。それは、Javaを始めプログラミング言語は単なる道具でJava自体が様々な形をとって変化していることが要因の一つであるといえるでしょう。Javaの案件単価を上げるには、他の技術と組み合わせることが重要です。では、次にJavaの単価を上げるにはどうすれば良いのかについて、お話していきます。

最近のJava案件の単価について

それでは、ここでフリーランスのJavaエンジニアむけ案件の具体的に見てみましょう。
フリーランス専門の案件紹介エージェント【エミリーエンジニア】に掲載されている案件を下記に記載します。

VOD(ビデオオンデマンド)システムリニューアルの案件・求人情報
月額支払額: 650,000 〜 700,000円
契約形態 業務委託
勤務地 東京都港区
必須スキル
・PHP、JavaなどによるWebアプリケーションサービスの設計・開発経験
・MySQL、Oracle DatabaseなどのRDBMSを利用した経験
・BackLog、Redmineなどの管理ツールを利用した経験
・Git/GitHub・Bitbucket、SVNなどのバージョン管理ツールを利用した経験
・Laravel(PHP)、Spring(Java)などWebアプリケーションフレームワークやライブラリなどでの開発経験
自社自動車サービス領域新規事業チームでのアーキテクチャー設計~実装の案件・求人情報
月額支払額:650,000 〜 750,000円
契約形態 業務委託 
勤務地 東京都千代田区
必須スキル
・モダンJavaを使用した開発経験(JDK8以上)
・Webの運用経験
・非エンジニアとのコミュニケーションが苦痛でない方(ビジネスサイド・オペレーターとのコミュニケーションが多く発生するため)
・AWS/GCPなどのクラウドサービスを使用した開発経験
・アジャイル開発、スクラム開発、DevOps、テスト駆動開発いずれかの理解と経験
BtoB SaaS領域での新規PJサーバーサイド開発の案件・求人情報
月額支払額:650,000 〜700,000円
契約形態 業務委託
勤務地 東京都目黒区
必須スキル
・Webアプリケーションのサーバーサイド開発経験(Kotlin,Java等のうちいずれか)
・SpringFramework(Spring Boot)を利用した開発経験
・事業や開発を支える基盤づくりに対する意欲 ・Githubでコミュニケーションが取れる
・日本語でコミュニケーションが取れる
決済ウォレットサービスサーバーサイド開発の案件・求人情報
月額支払額 600,000 〜 820,000円
契約形態 業務委託
勤務地 東京都千代田区
必須スキル
・Javaを用いたサーバーサイドの設計・開発・テスト経験
・RESTfulなAPIの設計・開発・テスト経験
・数名規模チームにおけるシステム開発プロジェクト経験

Javaの案件をもっと見てみる

いかがでしょうか。
上記は一部となりますが、全体の傾向としてはサーバサイドの開発案件が依然多いです。ただし、その他にも業務系のシステム開発Webサイトのリニューアル案件仮想通貨関連のシステム開発なども多岐に渡った案件があります。
また、先ほど少し触れたように、最近の傾向としてJavaでAndroidアプリを実装するスマホアプリ開発の案件も増えてきていますので、一言でJava案件といっても、幅広い案件があり今後の活躍の可能性を広げるという意味でも、スキルとしてJavaを身に付けておいて損はないでしょう。

Javaエンジニアの単価を高める方法

プログラミング言語は、様々な言語が存在しますが、例えばperlやC言語、JavaScriptなど他のプログラミング言語と比べてJavaは、相場が高い言語です。ただ、「最近報酬があまり変わらないかも。」と感じたり、もしくは「ちょっと単価が少ないのではないか?」感じたりしている方もいるでしょう。「高い案件ないかな?」という方はこれまでに述べたJavaの特徴をよく思い出してください。最初は組み込み、次はアプレット、その次はWebアプリと変遷してきています。つまり、Javaは使い方そのものが大きく変わってきた言語といえるでしょう。

Javaの言語は特徴として「オブジェクト志向」が挙げられます。ただ、C言語との互換性を考えて設計されているため、「オブジェクト志向」としては不完全な点も指摘されます。「プログラミング言語」「C言語との互換性」「オブジェクト志向」です。前述したようにまずこんなところにJavaがということに注目しましょう。それは、プログラミング言語としての使用です。Javaを使ったプログラミングとして思い浮かぶのはスマホの特に「Android」の開発が挙げられます。JavaはAndroid開発に用いられています。具体的には、AndroidStudioを使った開発です。Webアプリなどのシステム開発で経験を積んだ技術者ならAndroidアプリ知識を習得することで、Android開発もできるようになるでしょう。

他にももちろんJava技術者としてスキル向上のため「フレームワーク」を習得するなど、豊富な知識を深めることで、市場の需要高いプロジェクトに参画することができます。このように市場や需要に合せたスキルや技術を習得することで、Javaエンジニアとしての価値が上がり高単価の案件獲得を目指すことができます。

Javaエンジニアの単価を高める案件獲得方法

上記では単価を上げる技術や視点に関して解説しました。ただ、実際には「技術」だけでは、エンジニアとしての単価を高めることはできません。そこで、重要になってくるのが、案件獲得方法です。

案件の獲得は主に、

  • 前職で勤めていた会社や、知り合いから仕事を紹介してもらう
  • クラウドソーシングを利用する
  • フリーランスエージェントから依頼を受ける

などの方法があります。

ここでは、フリーランスエージェントから依頼を受ける、フリーランス専門の案件紹介サービスについてお話していきます。エージェントからの紹介案件は、実際に参画するプロジェクトによって週5勤務になるのか週3勤務になるのかという働き方や報酬単価に違いがあります。これは、利用するフリーランス専門の案件紹介サービスのエージェントとの面接や相談で自分に合った案件はどのようなものか?という話の中から決めていきます。そのため、「常駐で働くか?」「在宅で働くか?」ということも選択しなければなりません。ただ、高単価の案件のほとんどの場合、基本は常駐案件が多い傾向にあります。そのため、フリーランスのJavaエンジニアとして高単価案件を獲得したいという方は、フリーランス専門の案件紹介サービスを利用し、常駐案件に参画すると良いでしょう。

Java案件に強いエミリーエンジニアについて

フリーランス専門の案件紹介エージェント、エミリーエンジニアJavaエンジニアに選ばれる理由をご紹介します。

① 月額60万円以上の高単価案件、週5日案件が多数!

フリーランスの一番の不安は、安定的な収入の確保です。【エミリーエンジニア】では、条件やスキルにマッチした週5日案件を中心に紹介できるから、高額報酬を安定的に確保できます。平均年収819万円と高単価案件も多数。安定的に収入を得たいJavaエンジニアに選ばれています。

成長企業の直案件にこだわり、他社にはない独自の優良案件が豊富!

【エミリーエンジニア】では、ベンチャー企業成長企業直エンド案件にこだわっているため、「高単価」「最新技術」「やりがい」等が揃った優良案件を多数取り揃えています。10年以上の実績と独自のネットワークをもつ会社が運営しているから紹介できる他社にはない案件もあります。自分の条件にこだわりたいJavaエンジニアに選ばれています!

③ 充実したフォロー体制と自己負担なしの福利厚生!

エミリーエンジニア】では、キャリアカウンセリング、企業への営業や条件交渉、契約周りや参画後のフォローなど、案件紹介以外のケア体制が充実しています。契約終了時にも、新たな案件提案も行えるため案件が途切れることなく働くことが可能です。また、補償制度や、定期的な健康診断業務過誤など福利厚生もサポート。安心して働きたいJavaエンジニアに選ばれています。

案件単価を知りたい、また働き方の相談も歓迎です!お気軽に下記よりご登録下さい!

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります