JOB
公開日:

PHPエンジニアは常駐案件の獲得を目指そう

プログラミング言語「PHP」は、多くの開発で利用されている人気の言語です。そのためPHPエンジニアは、活躍する場面も多く、様々な企業から求められています。よって、フリーランスのPHPエンジニアは、常駐型・在宅型にかかわらず、仕事は探しやすい状況と言えます。しかし、多くのフリーランスや関連メディアで「PHPエンジニアは常駐案件を目指すべき」と言うのでしょうか?

今回は、フリーランスとして活躍するPHPエンジニアまたは、これからPHPエンジニアとして独立を目指す方に向けて、常駐案件のメリットや給与についてお伝えしていきます。そして高単価の常駐案件を獲得する方法も紹介します。

フリーランスのPHPエンジニアには、案件紹介サービスがおすすめ

フリーランスエンジニアは、自分でその都度仕事を見つけていかなければなりません。希望する条件の仕事があるときは問題ありませんが、そのような時ばかりではありません。PHPの案件数は多いので、自分にマッチする案件を自ら探すのはなかなか大変な作業です。そこでおすすめなのが、案件紹介サービスを利用した仕事探しです。

案件紹介サービスを利用した場合、スキルや要望などを考慮して案件を紹介してくれるため、自らが限られた時間の中で自分に合う案件を探すよりも非常に効率よく求める案件にたどり着ける可能性が高くなります。そして案件紹介サービスを利用して仕事を見つけることができれば、企業側との交渉やトラブル、入金などの面についても安心できるため、気持ちの面でも非常に楽になります。

また、企業側には、情報漏洩や管理の面からフリーランス個人と直接契約をすることをNGとしているところが少なくありません。そういった時に案件紹介サービス会社が間に入ることで、会社側も安心してフリーランスを受け入れることができ、フリーランスにとっては、個人単体では関わることができない案件にも参画できるようになるなど、可能性が広がります。

常駐案件で仕事のスキルや本当にやりたいことを仕事にしよう!

PHPは、Javaの次くらいに企業側のニーズが高いプログラミング言語のひとつで、一般的には常駐のものが在宅勤務よりも多くあります。PHPを使いサービス構築・運営を行っている会社は多く、なかには在宅の仕事というのもあります。

しかし在宅案件では、仕事の規模が小さかったりする傾向にあります。そのため、常駐案件であれば、PHPエンジニアとして、希望の仕事内容や実績に役立つ案件と出会う可能性が高まります。また常駐案件にて、物理的に同じ空間で働くチームで1つのプロジェクトに参加し完成させることで、達成感を味わうこともできるのが常駐案件の良さともいえます。

PHPのスキルは、企業から見たら本当に求めているスキルです。常駐で在籍してほしいと考えている企業も多い一方で、フリーランスを受け入れている企業では勤務形態や働き方も融通がきく可能性があります。案件への稼働・関与度を週5日常駐だけでなく、なかには週2~3日のみも相談可などの案件もあるので、働き方の自由も両立することも可能です。

PHP常駐案件の平均単価と、PHPエンジニアの平均年収比較

では、現在正社員でお客様先に常駐しているPHPのエンジニアが、PHPのフリーエンジニアとして「常駐案件で仕事をしよう」と考えた時には、正社員の時と比べてどれくらい単価が違うのでしょうか?常駐案件の単価は、週の中の何日間常駐するかによっても異なります。また、自分の経験がどれくらいなのか経験の長さによっても変わってくるので注意しましょう。

また、PHPを活用している業種などもさまざまあり、好きな業界に参画しやすい言語ともいえます。大手企業や金融業界などは、システムにかける金額も高くなる傾向があるため、経験が豊富なエンジニアであればかなりの高額案件も期待できます。

PHPエンジニアの募集内容には、既存のシステムやサービスを拡張運用するものから、新規で開発するものまであります。また、あくまでも一例ですが、「スマートフォンゲームの開発、運用エンジニア」「法人マッチングプラットフォームの新規開発」「動画配信プラットフォームの拡張」など、事業会社のサービスの開発案件が多い印象を受けます。

では、PHPのフリーエンジニアの平均した月額単価はどれくらいなのでしょうか。今回は、このメディアも運営しているemilee.jpに掲載されている案件の中から、「PHP常駐案件」の平均単価を調べてみました。平均の金額は、月額では600,000円~900,000円、年収にすると7,200,000円~10,800,000円が、週5日稼働の常駐案件の平均のようです。

無料会員登録はこちら

ある調査結果によると、30代のPHPエンジニアの年収は、約400〜600万円でした。もちろんフリーランスエンジニアの収入は変動する可能性があります。しかし、この調査の平均金額と比べると、【エミリーエンジニア】に掲載されている常駐案件は、約1.5倍以上にもなる高単価ぼ案件が多いと言えます。常駐案件に興味がある方は、是非一度確認みてはいかがでしょうか

※単価は経験やスキルに寄りますので、スキルや要望を案件紹介サービスの担当者に相談してみてください。

PHPエンジニアとして高単価を掴むコツ

PHPエンジニアとして高額案件を掴むコツは、「環境対応」と「組み合わせ」といえます。PHPエンジニアの常駐案件には、すでに作られている状態のシステムを管理する案件から、どの企業にもある勤怠管理機能を管理・修正する作業、新しいスマートフォンゲームの開発など最初から作るものもあります。

しかし構築環境や使用するフレームワークなどはその企業で決められていることが多いため、まずは様々なフレームワークやOS、DB、バージョン管理やテストツールなど、ここに対応することが高額案件を獲得するコツになります。また組み合わせについては、サーバーに対する知識です。

企業で多く使用される機会が増えたAWSに対しての知識。そして専用サーバーを使う企業では古いバージョンのPHPから更新されていないことがあります。そのときに、現行システムとの関係で更新できないこともあるため、バージョンに対応できるスキルも必要になる場合があります。よって、AWSやサーバー関連の知識や経験があると、より高い評価につながり、高額案件の獲得に近づきます。

今後もPHPの常駐案件は、増えていくことが予想されます。ぜひ希望の働き方や、スキル、希望条件などを私たちエミリーとお話してみませんか?希望にマッチする、働きやすい常駐案件をお探しいたします。

まずは、お気軽にご相談ください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります