Javaエンジニアは常駐案件の獲得を目指そう

Javaはとても汎用性の高いプログラミング言語です。

他のプログラミング言語と比較をしても、現在とても需要が高い言語のひとつです。そのため、Javaの案件を探すときは、案件数が多くあり、望んでいる報酬や労働環境を見つけやすいという特徴があります。

Javaのフリーランスエンジニアに限った話ではありませんが、案件を獲得するときは、主に、「在宅案件」と「常駐案件」のどちらかを選択します。

特にJavaエンジニアの場合は、常駐案件の獲得を目指しましょう。

なぜなら、Javaは、信頼性と高い開発生産性があり、「企業向け」「大規模開発」の案件に向いていることから、常駐案件の方が圧倒的に多く、様々な選択肢の中から自分の希望にマッチするものを見つけやすいからです。

常駐案件は、選択肢が豊富なため、高単価の案件も多く存在していて、より安定した仕事を求めるフリーランスエンジニアの方に向いています。特に日本国内ではJavaの開発案件が多数あり、Javaのスキルがあれば様々な案件に挑戦することができます。

Javaの常駐案件はフリーランス専門の案件紹介サービスを利用しよう

フリーランスエンジニアは、企業に勤めている訳ではないので、自分で案件を獲得しなければいけません。

しかし、今までエンジニアとして技術を磨くことに集中していた人にとっては、案件を獲得する「営業活動」に苦手意識を持っている方も少なくありません。

冒頭でもお話したとおり、Javaの開発は、個人ではなくて、企業からの依頼が多い特徴があります。そのため、Javaのフリーエンジニアは企業に営業をかけなくてはいけません。

では、企業案件に参画するに、どうすればいいのだろうと思われているフリーランスエンジニアの方もいるでしょう。

そこでJavaエンジニアが企業案件を獲得するには大きく分けて2つあります。

その方法は、

  • 人脈を生かして案件獲得をする
  • フリーランス専門の案件紹介サービスを利用する

という方法が挙げられます。

特に、Javaのような企業案件が豊富にあるプログラミング言語の場合は、フリーランス専門の案件紹介サービスを利用することをおすすめします。

フリーランス専門の案件紹介サービスを利用することで、多くの常駐案件に参画することが可能です。

 フリーランスのJavaエンジニアが常駐案件を獲得するポイント

上記で、常駐案件に参画するには、フリーランス専門の案件紹介サービスを利用する方法を挙げましたが、実際に案件を獲得するにはクライアントの求める要望に幅広く対応していかなければなりません。

そのため、案件紹介サービスのエージェントとしっかりと打ち合わせをして「クライアントはどのような人材を求めているのか?」「自分の強みは何か?」などを確認するようにしましょう。

ここでは、一例ですが、Java案件の獲得を目指す上で、ポイントとなるスキルについてお話していきます。

オラクル認定Java資格

仕事を通してのスキルアップももちろんそうですが、Javaエンジニアはオラクル認定Java資格を持っているかどうかがポイントになります。

このオラクル認定Java資格は2012年に改定され、現在ではより実践的な内容の試験になっていて、Bronze(初級)、Silver(中級)、Gold(上級)の3種類、それぞれの難易度に分かれています。

最上級のGold試験は3~4年の実務経験相当の知識やスキルが求められます。

資格を持っていればクライアントもエンジニアを見定めるためのひとつの基準にすることができます。

Javaの常駐案件の多くは、実務経験3年以上の即戦力になるエンジニアを求めている募集が多いため、オラクル認定のJava資格(Gold)の取得をしていると、案件獲得に優位になるでしょう。

コミュニケーション能力

Javaは企業案件が豊富にあります。特に常駐案件では、フリーランスであっても、他のエンジニアと接する機会がとても多くあります。

そのため、コミュニケーション能力の有無もクライアントがエンジニアを選ぶポイントのひとつになります。

エンジニアは案件によっては、ひとりで幅広い仕事をこなす人もいます。このことから、ひとりで黙々と仕事するなど、どうしても閉鎖的な関係になりやすいです。

しかし、多くのエンジニアと関わる機会がたくさんあるJavaエンジニアは、このコミュニケーション能力の有無が非常に重要視されていますので、常駐案件の獲得には必要不可欠ともいえるでしょう。

Java常駐案件の平均単価と報酬を上げるポイント

常駐案件を探す上で「報酬はどのくらいあるのだろう?」と単価の相場について事前に知りたいという人もいるでしょう。Javaエンジニアの単価相場は実務期間にもよっても変動します。

  • 未経験~6ヶ月ほどで、30万円~40万円
  • 6ヶ月~2年ほどで、40万円~50万円
  • 3年~6年ほどで、50万円~75万円
  • 7年以上で、75万円~100万円以上

上記の金額が、Javaエンジニアの報酬平均単価の目安となります。このように実務期間で単価相場は大きく変動します。

ただ、この報酬平均単価はひとつの目安であり、もちろん、それ以上の報酬の獲得を目指すことが可能です。

具体的にお話すると、「どのような開発工程に携わるのか」「プロジェクトリーダーをしたことがあるかどうか」などといった点が、報酬を上げるのポイントになります。

上流工程の経験の有無

最初は製造(開発)エンジニアやテストエンジニアをやることが多いでしょう。

しかし、製造エンジニアやテストエンジニアは総じて単価が低いものになっています。

仕事を通してのスキルアップのひとつに、上流工程を経験するというものがあります。

クライアントが求める人材として、プロジェクトの全体を見れる人というものがありますので、この条件をクリアするには上流工程を経験していなければなりません。

マネジメント経験の有無

これは「新人の教育経験はあるか?」「プロジェクトリーダーをしたことはあるか」といった経験の有無を指します。

マネジメント経験のあるエンジニアは一定の実務経験があるひとつの基準になりますので、マネジメント経験があると採用はもちろんのこと、高報酬な案件獲得に役立つでしょう。

 

このようにJavaエンジニアは技術や資格の有無以外にも経験を求められるケースがあります。

より単価の高い常駐案件を目指すエンジニアの方は、これらの経験を積むことが大切です。

Javaの市場と仕事内容の特徴

現在、IT企業のWeb開発において様々な開発言語が用いられていますが、Javaは全体の3割を占めているといわれています。

他のプログラミング言語と比べて案件数が多く、Web開発の中でも一番大きい市場であるという特徴があります。

(※引用:「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」より参照

主にWeb開発に使われていたJavaは、他のWeb系のプログラミング言語(RubyやPHPなど)と比べると、少し学習難易度の高い言語ではありますが、他のプログラミング言語よりも高性能であることから、現在、Javaの常駐案件の仕事内容は多岐に渡り、様々な案件が存在します。

 

具体的に、どのように高性能であるかというと、

  • プラットフォームに依存しない
  • 保守性が高い
  • ライブラリが充実している

という点が挙げられます。

JavaはJavaの仮想マシン(JVM)を入れていれば、OSに依存することなくプログラミングをすることが可能です。また、オブジェクト指向であり、ライブラリも豊富にあるので、複雑な処理でもスムーズに開発を行うことが可能です。

このような特徴から、現在では、Web開発以外に、Web上で動作するアプリ、スマートフォンアプリまで幅広くJavaが使われていますので、Javaの常駐案件も仕事内容様々な業界や業種の案件に参画することができます。

フリーランスのJavaエンジニアは案件紹介サービスを利用して、常駐案件獲得を目指していきましょう。

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります