PHPエンジニアの転職事情とは?気になる最近の傾向

ウェブサイト作成やアプリ製作など、様々な場面で使用されているプログラミング言語、PHP。
サーバーサイドの言語の中では最もシェア率が高く、Webサービスが増えるにつれて需要がますます高まってきている言語の一つでもあります。
本記事では、PHPエンジニアの需要や転職時のポイントについて紹介していきます。

PHPでできること

PHPはサーバーサイドの言語であり、Webサイトなどの動的なページを作るときに頻繁に使われます。

例えば、掲示板。新しい書き込みがなされたとき、その情報をページ上に反映するのがPHPです。PHPを使うことで、データベースとの連携をとり、サーバー側に送られたデータを画面に反映させることができるのです。
また、問い合わせフォームや通販のショッピングカートなどでも、PHPは使われています。ページに記入された情報をWebサーバーに送信することで、内容をデータベースに保存することができるのです。

PHPはHTMLに直接埋め込むことができるため、静的なWebページにメールフォームなどの動的な動作を簡単に加えることが可能です。
このように、PHPは品質の高いWebページを作成するには欠かせない言語の一つだと言えます。

PHPエンジニアの需要はどれくらい?

PHPはHTMLに埋め込むことができるため、Web開発では特に重宝されています。
近年、サービスのWeb化は進行する一方であり、これからさらに必要となる言語だとも言えます。
では、PHPエンジニアの需要はどの程度なのでしょうか。

PHPエンジニアの今後の需要

Webサイト製作の現場では、WordPressをはじめとするCMSの人気が高まるにつれて、PHPエンジニアのニーズが高まってきています。

さらに近年では、自社の紹介や自社製品の紹介などを紹介するマーケティングの一環として、オウンドメディアやコンテンツブログなどを運営する企業が増えてきました。これらの自社サービスを開発するにあたって、PHPエンジニアは欠かせない存在なのです。
PHPを使えば、チャット機能やブログなど、データベースとの連携が必要となるサービスを作ることができます。社会的なニーズの変化とともに、PHPエンジニアの需要も高くなってきていると言えます。

また、PHPは金融系の基幹システムおよびECサイトなどの作成に使われることが増えてきたため、Web開発以外の分野でも活躍の幅が広がってきています。

サーバーサイドのエンジニアに求められるスキル

PHPをはじめとするサーバーサイドのエンジニアに求められるスキルは複数あります。

技術的スキル

まず最も大切となるのが、データベースやフレームワークに関する知識です。
PHPはデータベースとの連携を行うときに使われるプログラミング言語です。そのため、連携先となるデータベースに使われているSQLやMySQLなどを扱えるようにすると良いでしょう。特に、ECサイトなどでデータの集計を取る必要がある場合では、SQLが理解できるかどうかで効率が全く変わってきます。

また、PHPではフレームワークを使い作業することが一般的です。フレームワークにはコードの骨組みが用意されているため、工数を減らし効率的にコーディングを進めることができます。また、機能の追加や修正もしやすくなるため、バグが起こる可能性を減らすことができるというメリットもあります。ただし、フレームワークといっても様々な種類があるため、そのフレームワークを使った経験があるのかも重要です。代表的なフレームワークとして、「Laravel(ララベル)」「CakePHP(ケイクピーエイチピー)」などが挙げられます。

性格的スキル

サーバーサイドのエンジニアは、問題解決能力が求められる職業です。完成したコードが思った通りの動かなかったとき、どの箇所が問題なのか、そしてそれをどのように書き換えるのが良いのかを客観的に探る必要があります。場合によってはプロジェクトメンバーと話し合い、どのような解決策があるのかを模索することもあります。

また、クライアントの希望に応えられるような柔軟性も重要です。どれだけ正確にコーディングをしていても、なんらかの条件によりバグが起こったり修正が必要となったりします。クライアントの要望を叶えるという最終的なゴールを見据え、柔軟に軌道修正できる能力を身につけておきましょう。

PHPエンジニアの転職事情


需要が高まってきているPHPエンジニアの求人は数多く存在します。
収入や働き方など、PHPエンジニアとして転職するにあたって、様々な選択肢から選ぶことができます。
PHPのシェア率は高く、2017年のWeb Technologies of the Yearではサーバーサイドのプログラミング言語シェアで第1位を獲得しています。
PHPエンジニアの平均年収は約500-650万円と言われていますが、年収700万円以上の求人数も多く、転職による収入アップを狙いやすい職業だと言えます。

また、スキルや活動する分野によって大きく年収が変わります。
例えば、PHP以外にもサーバーサイドの言語ができる場合や、Web開発以外の分野でPHPエンジニアとなる場合は、年収が高くなる傾向があります。
年収をアップさせる上で必要となるのが、関連の言語を学ぶこと。PHPで開発するサービスは、データベースとの連携及び管理を行う必要があります。そのとき、データベースに使われるSQLなどの言語を扱えると仕事の幅が広がり、現場で重宝されるでしょう。

また、PHPエンジニアへの転職を目指す場合、スキルを証明するものとして、「一般社団法人PHP技術者認定機構」主催の資格を取得するのもおすすめです。
客観的に提示できる資格を持つことにより、より良い条件での就職、あるいは昇給に繋がります。

フリーランスPHPエンジニア、という選択

前述の通り、PHPエンジニアの需要は非常に高まっています。
また、転職活動を行う中で、フリーランスのエンジニアを選択肢の一つとして検討する人が非常に増えてきています。昨今の国の施策の影響もあり、働き方の多様化が進み、フリーランスに対する抵抗感が低くなってきていることが要因のひとつになっています。
その証拠に、正社員からフリーランスを経験したあと、再度正社員に戻るエンジニアも珍しくありません。

PHPエンジニアがフリーランスになった場合、業務委託として企業に常駐する案件へのニーズが多い職種です。
サーバーサイドの言語であるPHPエンジニアは、各エンジニアとの進行状況を確認しながら進める必要があるため、在宅の案件はあまり多くはないのが実情です。
とはいえ、稼働日時や契約期間を柔軟に調節できるのが、フリーランスエンジニアのメリットの一つであるため、より自分らしく働くことを目指す方に適した働き方の一つと言えます。

同じフリーランスの常駐案件でも、案件によって求められる内容は異なります。比較的規模が大きい企業からベンチャー企業など様々ですが、ディレクターや他のエンジニアと一緒に一つのプロジェクトへ参加することが多く、自分の実績としやすい案件が多いとも言えるでしょう。
PHPエンジニアとして実績を積みたい場合や、現場の流れを学びたい場合は、常駐案件がおすすめです。

フリーランスに転職する場合も特化したサービスを活用しよう

フリーランスになる時も基本的に大きな流れは、正社員の転職と似ています。より良い条件の仕事を獲得するためには、インターネットの求人を探すだけでなく、サポート体制が整ったフリーランスに特化したエージェント(転職支援)サービスを有効に活用することが大切です。

エージェントサービスの中には、案件・求人の紹介だけではなく、履歴書の添削や面接練習などのサービスから、マッチする企業の選定、案件に参加する前の条件交渉までを無料で行ってくれる企業も多く存在します。
報酬に関する条件交渉は気まずくなりやすく、エージェントに任せられるのは大きなメリットだと言えます。

さらに、もしもの時のために福利厚生サービスや、弁護士や税理士などの専門家を無料で紹介してくれるサービスを提供するエージェントもあります。
エンジニアとしてのキャリアの方向性が定まってなく、正社員として転職するかフリーランスとして活躍するかが決まっていない場合や、自分にマッチする会社・案件が明確でない場合でもは、積極的に転職エージェントを活用してみるのも良いでしょう。

フリーランスの案件紹介エージェントは数多く存在しますが、PHPのエンジニアを目指す場合は、ITエンジニアに特化した転職エージェントを選ぶようにしましょう。
IT/Webエンジニアを強みとしている転職エージェントに依頼することにより、フリーエンジニアに関する情報や現状をよく理解した担当者に担当してもらえる可能性が高まります。

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります