Javaエンジニアの需要と求人状況について

新しいサービスが次々と生まれる現代において、インターネット関連へ理解が深いエンジニアはとても需要があります。エンジニアにも様々な種類がありますが、今回はエンジニアの中でもJavaに特化したエンジニアについて紹介します。
今の、そしてこれからの社会においてJavaエンジニアはどのくらいの需要があるのか、現在の求人倍率はどのようになっているのかお伝えしていきます。

今からJavaを勉強しようと考えている方、すでにJavaエンジニアとして活躍しておりキャリアについて悩まれている方はぜひご覧ください。

Javaエンジニアは需要があります!

結論から言うと、Javaエンジニアはまだまだ需要があります。
JavaとはどういったものなのかとJavaエンジニアは需要があるという理由について解説します。

Javaとは

Javaはどんなコンピュータ、どんなOSであっても作動する、ほとんどのネットワークアプリケーションの作成基盤となっているプログラム言語になります。

Java言語はモバイルアプリケーションやWebアプリケーション、ゲーム、パッケージシステムなど様々なアプリ・サービスに使われています。JavaはiPhoneだけでなくAndroidでも動作可能な言語なのでAndroidのアプリ開発にも使われる幅広い言語です。
Java言語は学習が難しいですが、この言語を理解すると、ほかの言語も大まかな流れは理解できるといわれるほどプログラム言語の王道といわれる言語にあたります。

また、Javaはプログラミング言語の中でも効率的に大規模のシステム開発ができるといった特徴があります。大規模開発に向いているというのは、オブジェクト指向という細分化しやすく拡張性のたかい仕組みがあるためです。プログラムの機能が細分化できるため、複数人による同時開発ができ、管理もしやすいという点で企業におけるシステム開発でよく使われているプログラム言語です。

またJavaはJavaScriptとは名前がよく似ていますが、全く別の言語です。
JavaScriptとはHTMLやCSSをつかったWebページをつくるための比較的簡単なプログラム言語となります。

Javaエンジニアの需要と求人状況について

IT業界は年々発達しており、ITエンジニアの数は不足している状況です。エンジニアとして、システムやサービスの開発においてプログラミングをマスターしていることは重要です。なかでもありとあらゆるところで動作することのできるJava言語のプログラミングができるエンジニアは、需要が極めて高く、Javaの求人数はRubyやC言語といった他の言語と比較して圧倒的な求人数があります。

前述した通り、Javaは大規模開発に向いている言語です。大企業や中小企業にかかわらずJavaを使った開発をしている企業は多く、Webアプリケーション開発、既存ソフトの改修、企業社内業務システムなど規模感もプロジェクト内容もさまざまな種類の求人があります。また、Androidの開発もできることから需要はさらに伸び続けることが予想されます。

業務内容に幅があり、またこれからも新しいサービスが生み出され続けることから、さらにJavaエンジニアの需要は拡大するでしょう。また、エンジニアとしても業務には、新規開発だけでなく、すでに作成されたソフトウェアやアプリケーションの保守、すなわち使い続けるうえでのメンテナンスを行う業務があります。プロジェクトだけでなく関わり方も様々なJavaエンジニアは今後仕事がなくなることはなく雇用は増え続けます。

エンジニアの給料は会社で働いた期間や会社規模、会社内の役職により異なりますが、ある正社員求人情報サイトの調査によると、Javaエンジニアの平均年収は約550万円でした。一番高いScalaエンジニアの約625万円と比べると、年収差が75万円ほどあるため、少し差があるようにも見えます。実はJavaエンジニアは求人の数は1番多く、平均すると年収に関してはあまり高額ではない部類に入ります。

Javaにかかわるエンジニアの給料がそれほど高くない理由として、仕事内容の豊富さが考えられます。ITエンジニアには開発工程において、お客様と作成するシステムなどの方向性を決める要件定義などの上流工程から実際にプログラミングをかいて手を動かしながら稼ぐ下流工程までいろんな業務があります。さらにJavaは業務系システムからWebサービスなど活用領域が様々です。そのため、担当工程や案件の内容により、給料が高いモノから低いモノまで幅が広くなっています。一般的な傾向で見ると上流工程のほうが下流工程より高額なのですが、下流工程のほうがプログラミングやチェックテストなど行うべき作業が多く人手が必要です。すなわち、下流工程の案件がおおくあることから、平均すると年収が低くなるのです。

正社員とフリーランスでは、単純比較はできませんが、実際にフリーランス向けの案件を紹介しているエミリーエンジニアをみると、Java求人の年間報酬は平均で約800万円となります。最も安い求人でも年間480万円程度、求人によっては年間1,000万円以上稼げる見込みのある求人も存在します。

携わる業務や働く形態によって稼げる年収は大きく変わりますが、Javaエンジニアは求人数が業界で最も多いことや、需要が多くなくならないことから、今後長期的にプログラマーとして働くことを考えている人にはかなりおすすめのプログラム言語になります。

Javaエンジニアの労働形態

プログラミングのできるエンジニアの働き方は正社員、派遣社員、フリーランスなど複数あります。
正社員として働くことは、一定の給料が約束されており、かかわるプロジェクトも方向性が統一されていることが多いです。

派遣社員もまた一定の給料は約束されていますが、正社員とことなり、プロジェクト単位で案件にかかわることが多くあります。案件がおわり契約期間が切れると、継続になるか、違うプロジェクトを選んで会社を移ることになります。

フリーランスは自分の働きたいタイミング、働きたい仕事内容を選ぶことができます。自由に仕事を探せることが大きなメリットとなります。一方で、仕事が取れなければお金を得られないことから職業的に安定性は低いとイメージがありますが、昨今のIT人材不足により、経験があるJavaエンジニアに対する求人がすぐになくなることは考えにくく、仕事が途切れることはほぼありません。

フリーランスのJavaエンジニアとして働くならエミリーエンジニア

正社員や派遣社員として働くのであれば、案件は会社や上司が獲得してきてくれます。
しかし、もしフリーランスとして働く場合、自分で仕事を獲得しなければなりません。

自分で仕事をとるとなると、人脈が必要だったり、仕事相手と交渉する営業力が必要だったりと、実際の仕事に必要なJavaプログラムスキル以外の労力が多く求められます。

そこでフリーランスとして活動しようと考えている方はフリーランス向けのお仕事サイトに登録したり、信頼できるエージェントを活用したりするとよいでしょう。そこでおすすめなのが、フリーランス向けエージェントサービスのエミリーエンジニアです。
エミリーエンジニアの案件は勢いがあるベンチャー企業を中心に、クライアント企業としっかり信頼関係を築いているので安心して案件にかかわることができます。

各プログラム言語でどのような案件があるのかを確認することができ、自分の実力に合った案件を選ぶことができます。例えばJavaエンジニアに対してはWebサイト開発やアンドロイド向けのスマホアプリ、パッケージソフトの開発と機能改修などといった多種多様な案件があります。

このエミリーエンジニアは登録から案件情報の確認、案件の紹介から実際に案件にかかわって仕事をするところまで、すべてのサービスを無料で利用することができます。興味のある方は、ぜひ無料登録をしてみてはいかがでしょうか。

Java求人状況から見るエンジニア需要のまとめ

今回はJavaエンジニアの特徴から需要や求人数、年収などの解説を行いましたが、いかがでしたでしょうか。
Javaエンジニアは様々なプログラミング言語のなかでも汎用性の高く様々な業務があり、既存のソフトウェアへの普及率も高いためニーズはこれからも高まり続けます。

Javaエンジニアの仕事内容は多岐にわたるため、実際に携わってみたら、やりたいと考えていた案件内容ではないこともあるかもれません。どのような仕事をしたいのか、どのような好きウを身につけたいのか、自分のキャリアをどう構築していくか、しっかりと検討したうえで案件を選択しましょう。

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります