LIFE
公開日:

フリーエンジニアが住宅ローンを受けるために必要な要素

「将来、住宅を買いたい。フリーエンジニアだけど住宅ローンは受けられるの?」

こんな不安を抱えているフリーエンジニアは多いことでしょう。
収入が不安定というイメージが付き物のフリーランスエンジニアが住宅ローンを受けられるかと聞かれれば、難しいというイメージする人が多いでしょう。

この記事では、フリーエンジニアが住宅ローンを組むことができるのかについてまとめました。

具体的には、

  • フリーエンジニアが住宅ローンを組むための対策
  • フリーエンジニアでも住宅ローンを組みやすい人の特徴

などを紹介していきます。

不安定な収入のフリーエンジニアが住宅ローンを組むために必要な情報ですので、住宅を買いたいという人は事前に確認しておきましょう。

フリーエンジニアは住宅ローンが組めるのか?

フリーエンジニアでも住宅ローンを組むことは可能です。

ただしサラリーマンに比べて条件が厳しいと感じるかもしれません。
どのようなフリーエンジニアであればローンが組めるのかというのは厳密には決まっていません。

しかし、住宅ローンを組みやすいフリーエンジニアはいますので今のうちから準備しておくことが重要でしょう。

こんなフリーエンジニアは住宅ローンが組みにくい!

まずはフリーエンジニアの中でも住宅ローンを組みにくい人の特徴をあげていきます。
もしあなたが当てはまるのであれば、住宅ローンは組みにくいかもしれません。

ブラックリストに載っている

クレジットカードやキャッシングなどで料金を滞納した場合はブラックリストに載ることがあります。
ブラックリストに載った場合はまず間違いなく住宅ローンは組めないでしょう。

仮にブラックリストに載っていなかったとしても、携帯電話の料金を1ヶ月滞納するだけでも審査は厳しくなりかねません。
住宅ローンを組みたいと考えるのなら口座の預金額不足などで気づかずに滞納してしまうといった事態も避けるようにしましょう。

税金や保険を滞納している

税金や保険などを滞納している場合も審査が厳しくなる要素となります。
公的機関は銀行などに税金の滞納状況を公表していませんので一見するとバレないようにも思えます。

しかし住宅ローンの融資をする際には納税証明書の提出を求められるでしょう。納税証明書がなければ滞納している事実はすぐにわかります。

独立して間もない

フリーエンジニアの収入は、会社員に比べ不安定なため独立して間もない人だと住宅ローンの審査が通りにくいでしょう。
基本的には独立してから3年以上経過している場合は信用されやすいようです。

1つ注意してもらいたいこととしては、個人事業主として3年以上続けていたとしても法人化したら継続年数はリセットされます。
個人事業主で10年ほどやっていて今年になって法人化したという場合には審査が厳しくなることは避けられないでしょう。

借金がある

現時点で既に借金がある場合には審査が厳しくなります。
もちろん法人の場合は借金を持っていてもやむを得ないという事情もありますが、個人事業主のフリーエンジニアの場合だと借金を持っていることはマイナス要素になるでしょう。

たとえわずかであっても借金がある場合には住宅ローンの審査が通りにくいかもしれません。

フリーエンジニアでも住宅ローンが組みやすい人の特徴

ではフリーエンジニアで住宅ローンが組みやすい人はどのような特徴があるのでしょうか。
既に当てはまる項目が多いのなら今から住宅ローンの審査をしてもらっても通過できる可能性が出てくるでしょう。

継続的に安定した収入を得ている

フリーエンジニアで継続的な安定収入を得ている場合には審査が通りやすいでしょう。
特に定期的に依頼をしてくれる大手企業があるなど、毎日会社に通勤するといった雇用関係に近いような状況であれば審査時に良い要素としてとらえてもらえる可能性があります。

預金額が多い

たとえ不安定な収入だったとしても十分な預金額があれば住宅ローン審査は通りやすいでしょう。
10万円や20万円ではほとんど意味がありませんが、1,000万円などの預金額があれば貯金をするほどの余裕があるフリーエンジニアだと考えてもらえます。

銀行側としても貯金がない人にお金を貸して返ってくるかどうかは疑問ですので預金は多く持っておきましょう。

過去に完済経験が何度もある

まったくキャッシングしたことがない人に比べて過去にローンを組んで完済した人の方が審査は通りやすくなります。
現時点で借金をしているという場合はマイナス要素に働きますが、過去に大きな借り入れをしてしっかりと完済している経験が何度もあれば信用度は増すでしょう。

所得が多い

いくら不安定な収入のフリーエンジニアとはいえ、十分な所得があれば審査は通りやすくなるでしょう。
年収200万円のフリーエンジニアと、年収1,000万円のフリーエンジニアだった場合後者の方が審査は通りやすくなるのは間違いありません。

特に高所得が何年も続いているのであれば審査はより通りやすくなるでしょう。

独立して3年以上が経過している

独立して3年以上経過しているフリーエンジニアなら、比較的安定した収入を得ていると考えてもらえるため審査が通りやすくなります。
逆に、独立して1年未満だと他に良い要素がなければ審査に通るのは難しいでしょう。

法人化した場合は継続年数がリセットされますので、まもなく法人化しようと考えている場合にはそれよりも前に住宅ローンの審査を通しておいた方が良いかもしれません。

フリーエンジニアが住宅ローンを組むための対策

フリーエンジニアが住宅ローンの審査を通過するためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。
すぐに効果を発揮するというものではありませんが、事前に対策をしておくことで将来的に審査を通過しやすくなる方法を紹介いたします。

長く取引している金融機関から借りる

住宅ローンを組むための相手は長く取引している金融機関がおすすめです。
金融機関としてもあなたのお金の流れを把握しているため、どのくらいまでの金額なら許容範囲かというのがわかりやすくて安心できるでしょう。

地元の金融機関をメインバンクとする

住宅ローンを組むのであれば、基本的には地元の金融機関をメインバンクにしてお金の流れを1本化してしまいましょう。あまりにも高額な預金となる場合にはリスク分散のために口座を複数持った方が良いですが、住宅ローンを組もうと考えているのであれば可能な限り1本化してください。
こうすることでメインバンクがあなたのお金の流れを把握しやすくなり、住宅ローン審査が通りやすくなるでしょう。

なぜメインバンクを地元の金融機関にするかというと、地域に貢献したいという想いがあるため大手銀行よりも融資を受けやすくなるからです。

定期預金などで継続的に預金しておく

事前に預金額を増やしておく対策もしておきましょう。
可能なら、住宅ローンで借りたい金融機関の定期預金で継続的に積み立てしておくことをオススメします。

継続的に貯金ができるような人は資金に余裕があるとみなされて審査が通りやすくなるからです。

連帯保証人は会社員にする

住宅ローン審査においてフリーエンジニアの場合は連帯保証人を求められることがあります。連帯保証人は基本的に同じようなタイプの職種ではなく会社員と言った安定収入を持っている人が望ましいです。

頭金を多く用意する

住宅ローン審査を通すためには頭金を多く用意するという手段もあります。十分な頭金を用意できるのであればフリーエンジニアでも審査を通すことは難しくありません。
特に頭金を5割以上出せるという場合には審査が格段に通りやすくなるでしょう。
ですので、住宅ローンを組むときは事前に頭金をたくさん用意しておくというのも対策の1つになります。

住宅の半分以上を自宅として利用する

住宅ローンの審査をしてもらう時に事業用で使うという話をしてしまうと融資が通りにくい傾向があります。
このため半分以上は自宅に使用することで住宅ローン審査を有利にできる可能性があるでしょう。

フリーエンジニアの場合は事業専門の住宅を持ちたいという人は少ないでしょう。住宅ローンを申請する時に住居として利用するために購入するという部分を強くアピールすれば、ローンを組みやすくなるかもしれません。

まとめ

フリーエンジニアであっても住宅ローンを組むことは可能です。
フリーエンジニアが住宅ローンを組むためには以下の要素があることで審査を通りやすくなることでしょう。

  • 税金や保険、キャッシングなどで滞納していない
  • 独立して3年以上が経過している
  • 預金額を多くする
  • 頭金が5割以上は払える
  • 長く取引している金融機関から借りる
  • 地元の金融機関をメインバンクにして預金先を1本化する
  • 所得を増やす

こういった部分を意識することで収入が不安定と思われがちなフリーエンジニアであっても住宅ローンの審査に通過しやすくなります。

フリーエンジニアで住宅ローンの審査を通過するのは、会社員に比べて簡単なことではありませんが住宅を手に入れるために事前に対策をしておきましょう。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります