PHPで副業はできるか?仕事内容や報酬相場について

主にWebサイトの構築やWebサービスの開発で使われるプログラミング言語「PHP」。
インターネットの発達にともないWeb系を触れるPHPエンジニアの需要は増え続けています。
PHPは構文が比較的わかりやすく、プログラミング初心者でも比較的簡単に習得できる言語です。HTML/CSSに続き、学習しやすい言語としても知られています。
でも実際PHP言語を理解でいるようになったとしても、PHPを使って何ができるのか、実際に仕事につながるのか判断できなかったら困ります。

そこで本記事ではPHPを知っていることで副業ができるのか、PHPエンジニア向けの案件内容や報酬の相場について解説します。PHPに理解がある方はもちろんのこと、PHP言語を学習しようとしている方や、これからプログラミング学習を始めるにあたって勉強する言語を決めかねている方もぜひご覧になってください。

副業で稼ぐという目標を決めていると、プログラミングを学習する際にモチベーションにつながりますし、どのようなWebシステムを作る場合に使えるのか、という視点を持ちながら勉強に取り組むことができます。目的意識を持つことで習得のスピードは段違いに上がるので、ぜひこの記事を読んでみてPHPエンジニアに副業が可能かどうか参考にしてみてください。

PHPとはどんなプログラミング言語?PHPで副業はできる?

結論から述べると、PHPは副業可能な言語であり、副業向きである言語としても知られています。

PHPは主にWebサイトの構築やWebシステム、Webアプリケーションの開発で使われており、インターネットの予約サイトやECサイト、SNS等の基盤システムを作ることができるのです。PHPはWebサービスシステムの中でもサーバー側でコード実行される言語です。

Web開発を行う場合、プログラミングのコードを埋め込む場所は一般のユーザーが見ることのできるクライアント側とコンピュータが処理内容を判断するサーバー側に分けることができます。クライアント側に埋め込む開発言語として有名な言語がJavaScriptです。JavaScriptで書かれたソースコードはWebサイトを閲覧している人であればだれでも見ることができます。

一方で、PHPが書かれたソースコードはサーバー側に埋め込まれるため一般ユーザーは処理の結果のみ見ることができます。どのような仕組みで結果が出てきたのか、処理概要を確認することはできません。パスワードシステムや金銭処理システムなど、セキュリティにかかわる部分でユーザーに見られては困るシステムはサーバー側にコードを配置するのです。

またPHPはWebサービス開発に秀でているスクリプト型の言語です。プログラミング言語はスクリプト言語とコンパイル言語の大きく2つに分けることができます。
スクリプト型の言語は書いたソースコードをコンパイル変換することなく、すぐに実行できるため開発作業をスムーズに進めることができます。ただし、コンパイル言語と比べてスクリプト言語は実行速度が遅く、大規模開発に向いていません。

ですが、小規模開発、すなわち個人規模での作業にはうってつけの言語であるため、エンジニア個人に案件依頼がある副業向きの言語であるといえるのです。

PHP言語を使ってできることは?

PHP言語はWeb上のサービス開発に特化した言語です。そんなPHPを使うことによりWebサイト上で動きのある動作をさせること、例えば下記のようなことが可能です。

・クライアント側からの処理情報を受信すること
・HTMLソースコードを作成すること
・データベースと連携すること

クライアント側からの処理情報を受信するとは、Webサイト上で一般ユーザーが捜査した内容、例えば入力フォームに書かれた氏名や住所、パスワードなどを受け取ることができるということです。PHPを使うことでこの受信した情報をデータベースに記録したり、サイト上の別の箇所に表示したりすることが可能となります。

HTMLソースコードを作成することとは、PHPを使うことによって自動的にHTMLのコードを書くことができるということです。自動的にHTMLコードを生成することで、テキストフォームで入力した内容を×ページに自動反映させたり、定期的にアクセスランキングを更新したりすることができます。

データベースと連携することとは、PHPを使うことによりMySQLやPostgreSQLといったデータベースにデータを記録することができるということです。Webサイトやブログ、掲示板、SNSなどは記事や投稿の内容をデータベースに記録しておき、アクセスがあったときにその記録を呼び出して指定の箇所に記憶していた内容を表示することができます。

このような処理の仕組みを使ってWebサイトやWebアプリといった、Web上のシステムの仕組みを考えたり、実際にコーディングをして処理を動かせるようにしたり、作りあげた処理のカスタマイズをすることがPHPエンジニアのお仕事になります。

PHPの副業の仕事内容

PHPエンジニア向けの案件にどのような仕事内容があるのか紹介します。仕事の種類や内容は様々ですが、PHPを使ってどのようなものを作るのか、また,
何か作るときにどの工程にかかわるのかにより仕事内容は変わります。

まず、PHPでどのようなものが作れるのかという点です。前述した通りPHPはWeb上のシステム制作のための言語、すなわちWebサイトを作るためのツールや、Webサイト内部にあるシステムを作ることができます。
自社サービスを販売するECサイトやイベントを探せるマッチングサイト、知りたい情報を調べることのできる検索サイト、ほかの人の体験談がわかる口コミサイトなどいろいろな種類のサイトをPHPで作ることができるのです。

また、ソースコードを書くことなく設定画面からレイアウトを選択するだけでサイトが作れるアプリケーションやCMSサイトもPHPを使って作られています。
さらにSNSのプラットフォーム作成も可能です。三大SNSのひとつであるFacebookもPHPをもちいて開発されたサービスになります。

このようなWeb上のサイトやシステムを作るためには段階があり、大体下記のような4フェーズに分けることができます。

・システムの概要を決める要件定義フェーズ
・作るシステムをソースコードに落とし込む設計フェーズ
・システムが問題なく動くようにコーディングをする製造・テストフェーズ
・既存のシステムを修正する保守・改修フェーズ

どのフェーズを担当するかにより仕事内容は変わってくるのですが、実際に手を動かしてプログラミングをする製造・テストフェーズの案件から始めるエンジニアが多いです。

ですが、依頼主が作りたいものをしっかりと決めている場合は製造・テストのみでよいのですが、何となくこういう感じのものを作りたいというふわっとした依頼を場合は要件定義から設計、製造まですべて対応する必要があります。

案件をとる際は、どういったものを作るのか、担当範囲はどこなのか十分に確認し、自分の実力で対応可能な範囲かしっかり判断しましょう。

PHPで副業をする場合の案件取得の方法とは?

PHPエンジニアとなって副業をしようと思い立った時にまずは案件を取得する必要があります。案件をとってくる方法としては大体下記のような3つの方法が考えられます。

・エンジニア向け案件紹介サイトを利用する
・クラウドソーシングサイトを使用する
・知人に紹介してもらう

エンジニアとは無縁な環境だったけど独学でプログラミングを勉強し、力試しに副業をしてみようという方もいらっしゃると思います。そのような方にお勧めなのがエンジニア向けの案件紹介サイトやクラウドソーシングを利用することです。

エンジニア向けの案件紹介サイトは数カ月にわたった案件が多く、月に働く時間に比例した形式で報酬をもらうことができます。稼働時間が決まっている分、時間の自由度は下がりますが、かわりに安定して報酬をもらうことができます。また、稼働時間は決まっていますが、副業OKとしているクライアントも多くいるため、相談次第で稼働時期のボリュームを調整できるため本業とのバランスをとることが可能です。

クラウドソーシングは案件取得したのちは決められた納期までに成果物を納品すればよいため、自分の都合のよいタイミングで作業に取り組むことができます。稼働タイミングを自分で決められることが大きなメリットですが、案件内容は単発であるケースが多いため案件が獲得できないと収入がなく不安定です。先のことを考えて案件を定期的に探す必要があるため、本業とのスケジュール管理や副業でどの程度の稼ぎを求めるかが大事なポイントになります。

また、もともとエンジニアとして働いている方でしたら知人や友人にエンジニアを探している人がいないか聞いてみるのも手です。Web系のサービスを提供している企業はもちろん、そうでない企業でもWebサイトに力を入れたいと考えてPHPエンジニアを求めているところが多くあります。意外と身近なところに副業で働くことができる環境を知っている人がいるかもしれませんよ。

PHPの副業の報酬相場とは

需要に対してPHPエンジニアの数は不足している現状、企業で働くPHPエンジニアの平均年収は538万円、およそ月収44.8万円です。フリーランスとして案件獲得できるようになると月収50~80万ほどのしごとができるようになります。

副業としてPHPエンジニアをする場合の報酬相場は、作成するものや作業フェーズによりかなり異なります。エンジニア向けの紹介サイトの場合1案件につき50~70万円、クラウドソーシングだと1~15万円が相場です。Webサイト制作といっても組み込まれるシステムの数や難易度の高さにより金額が大きく変わってきます。作業工数に見合った金額か判断する必要があります。

PHPを副業で経験すればフリーランスとして活動の場は広げられる?

PHPを副業として経験することでスキルや実績が手に入ります。これは今後フリーランスとして仕事をすることを目指している方に欠かせないものです。フリーランスとして活動する際に、クライアントから仕事をもらう際には自分がどういったことができるのか、何を作ることができるのかといったアピールできることが重要になります。副業を経験し成果物を残しておくことで、目に見えて提示できるアピールポイントを持つことができるのです。

ただし、特別な実績があるエンジニアを除く多くの場合、安い価格の案件を受注せざるを得ないことが多いのが副業の実態です。「スキルや実績を手に入れる」目的であれば良いですが、「お金を稼ぐ」目的の場合、費やす時間に合わせ報酬しか得られないことが少なくありません。

今すぐ、高収入を得たい方は、常駐フリーランス案件がおススメ!

PHPはWebサービスにおいてかかせない言語であり、スクリプト言語として使いやすく汎用性が高い言語になります。これからWebサービスはさらに進化し拡大し続け、PHPを理解しているエンジニアはますます必要とされており、常駐でフルコミットしてくれるPHPエンジニアを探している企業がおおくあります。よって、好条件な案件も多く、今すぐ高収入を得たいエンジニアの方に、おススメです。

常駐フリーランスという働き方であれば、社員時代と似たライフスタイルを維持しながら、高額報酬を安定的に得ることが可能です。

副業としての第一歩を踏み出すのにPHPはおすすめですが、まずは自分の目的な明確にしましょう!目的に合った案件をうけることが大切です。

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります