Rubyで副業はできるか?仕事内容や報酬相場について

近年、インターネットの発達によりシステムエンジニアの需要が高まっています。そしてインターネットが浸透したことによりWebサイトやWebシステムを活用したいと考える企業が増えてきたことから、Rubyを理解できるエンジニアに注目が集まっています。

Rubyはクックパッドや食べログなどのWebサービスシステムを構築するプログラミング言語です。Webアプリだけでなく、最近ではSNSやマッチングサイト、ソーシャルゲーム等をつくるときに利用されています。また、多言語で作られているWebシステムをRubyに乗り換える動きもあるように、今後も人気が絶えることのない言語の1つです。

今回はRubyエンジニアの求人案件や報酬の相場から、Rubyエンジニアとして副業が可能かどうかについて解説します。Rubyを使ったことがある、もしくはこれから勉強しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

Rubyは副業でできる?

結論から述べると、Rubyでの副業は可能ですし、案件も豊富にありおすすめです。

前述した通りRubyはWebアプリケーションの開発が主ですが、それ以外にもオークションサイトやスマホアプリ、動画・広告などのマーケティングツールなどさまざまなシステムを開発することができます。
Rubyはコーディングが簡単で開発能率が高いという特徴があります。開発能率が高い理由として、Ruby in RailsというWebアプリケーションのフレームワークが使用できることが挙げられます。このフレームワークがあることですでにあるプログラムの1部を加筆修正するだけでシステムを作ることができるのです。

またRubyという言語は日本人であるまつもとゆきひろ氏が開発したことから、日本語の参考資料が豊富にあるため日本人にとって勉強しやすい言語となっています。最近のシステムエンジニアの需要にともない、本や動画、学習サイト、プログラミングスクールなど質の高いプログラミングの勉強ツールが増えています。Rubyという言語を使って何を作ることができるのか、副業として仕事をとるうえでかなり重要なためしっかりと勉強し経験を積みましょう。

Rubyの副業の仕事内容

副業で仕事をするうえで大切なポイントとして、本業のスキマ時間に仕事ができるかどうかという所だと思います。時間に縛られることなく自分の都合のいいタイミングで作業を出来ることを理想とする人が多いのではないでしょうか。

Rubyの案件は自分の好きな時間でできるテレワーク的な働き方に理解がある案件が多くあります。
もちろん大型のアプリケーション開発となれば複数人での仕事となるため駐在を求められることもありますが、チャットワークでやり取りをしながらリモート開発をすることが多いです。

Rubyの案件内容としては以下のようなものがあります。

  • Webオークションシステム開発
  • データ解析システム開発
  • マーケティングシステム開発
  • ファンクラブサイト作成
  • ECサイト作成
  • キュレーションサイト作成
  • メディアサイト追加機能開発    など

上記のようにWebにかかわるシステム開発やサイト作成が多いRuby案件ですが、そのなかでも携わる機能により仕事内容が変わるので、どの機能を担当するのかはしっかりと確認し締結することが肝心です。

Rubyで副業をする際の案件の探し方

Rubyエンジニアが副業をしようと考えた時に案件を探す方法として3つのやり方が考えられます。

  1. 知人に紹介してもらう
  2. クラウドソーシングを使用する
  3. エンジニア向け案件紹介サイトを利用する

もともとエンジニアとして働いている方はプログラマーやシステムエンジニアなどの知り合いがいらっしゃると思います。その中でもフリーランスや業務委託を請けおう知人がいる場合は話を聞いてみるとよいでしょう。エンジニア界隈は基本的に人手不足なため、副業でも働ける環境を知っている人がいるかもしれません。

また、エンジニアとは無縁だったけど独学でプログラミングを勉強をしたので副業をしてみようという方もいらっしゃると思います。そのような方にお勧めなのがクラウドソーシングやエンジニア向けの案件紹介サイトを利用することです。

クラウドソーシングは一度依頼を請けおうと納期までに作成物を提出すればよいため、自分の都合のよいタイミングで作業に取り組むことができます。稼働タイミングを自分で決められることが大きなメリットですが、単発の依頼内容が多いため案件が獲得できないと作業をすることができないので収入が不安定になる恐れがあります。
エンジニア向けの案件紹介サイトは数カ月にわたった案件が多く、月に働く時間に比例した形式での報酬となります。稼働時間が決まっている分、時間の自由度は下がりますが、かわりに安定して報酬をもらうことができます。

Rubyの副業の報酬相場とは

ほかのプログラミング言語と比べると求人数・案件数は増えているRubyは、市場の需要に対してエンジニアの数は不足しています。

企業で働くRubyエンジニアの平均年収は606万円、約月50万円です。フリーランスとして案件獲得できるようになると月収50~90万円ほどの仕事ができるようになります。

副業としてRubyエンジニアをする場合、報酬お相場は作成物の内容や稼働する作業時間によりかなり差があります。エンジニア向けの案件紹介サイトだと1案件につき40~70万円、クラウドソーシングだと1案件につき3~30万円が報酬相場となります。Webサイト内のシステム作成とアプリケーション作成、すでにあるシステムの改修など内容によって金額が大きく変わるのでそれぞれの相場を押さえておく必要があるのです。

実務の経験年数や実績として提示できる制作物の内容により報酬が増減することがあるので、交渉の能力も報酬をあげるためのカギになってきます。自分のスキル、作成可能なシステムをしっかりと把握して、自分に適した案件を探しましょう。

副業でエンジニアをする場合。報酬の決め方は下記のように2通りあります。

  • 制作物により報酬が決定する
  • 稼働時間により報酬が決定する

制作物により報酬が決定する場合は、「〇〇といったサイトを作ってください」や「Webシステムの〇〇という機能を修正してください」、「Webアプリケーションに〇〇機能を追加してください」というようにクライアントが作ってほしいものを提示しているケースがほとんどです。

成果物の納品と引き換えに報酬を受け取るこの形式は、単発依頼が多く、比較的短期間で開発することができるうえに、作るものがわかっているため自分の実力で案件をうけることができるかどうかの判断がしやすいです。

ただし、サイト制作の依頼の場合、作業コストに見合わない金額を提示されることもあるため、自分の稼働時間に合った金額で請負いましょう。
稼働時間により報酬が決定する場合は、月の稼働時間に対して固定報酬が支払われるといった、ベンチャー企業とフリーエンジニア間でよくみられる業務委託契約に似た形式です。リモートで働くことは可能ですが、プロジェクトチームとして動くケースが多く、状況に応じて作成するものや作業内容が変わっていきます。チームでシステム開発をする場合、進捗報告などの情報を共有することが必須です。作業内容だけでなく定期連絡の時間も加味したうえで報酬を決めましょう。

また、長期間契約し続けていると実力が認められたり、信頼関係が築けたりするので報酬がアップすることもあります。自分の副業スタンスに合っているのであれば長期契約することもひとつの手です。

Rubyを副業で経験すればフリーランスとして活動の場は広げられる?

Rubyを副業として経験しておくと、フリーランスになったときの活動の幅は間違いなく広げることができます。

Rubyエンジニアがフリーランスとして活動するために最も重要なことが仕事を受注することです。そのために必要なものとしてスキル・人脈・実績が考えられます。
副業をしておくことで勉強をして身につけたプログラミングスキルが、業界でどこまで通用するのか確認することができますし、副業として仕事をするうえでさらにスキルを伸ばすこともできます。

そして副業をすることで人脈が広がります。新しく案件を獲得するたびにクライアントと知り合いますし、案件が終了した後もクライアントから他の案件をもらったり、別のクライアントを紹介してもらえたりする可能性があるのです。もし大きなプロジェクトに携わってチームで仕事をした場合、プロジェクトメンバーともつながりを持っておくとよいです。同じような開発案件があった場合に声をかけてもらえるようにしておくと仕事を探すといった労力が少なくなります。

フリーランスとして活動するうえで自分の名刺代わりになるのが制作物です。フリーランスが仕事をとるには自分がどのようなことができるのかアピールしなくてはなりません。しかし作成したシステムなどは口で説明しても伝わらないことが多く、内容が難しすぎる場合は印象に残りにくいことがあります。実際に制作したWebサイトやWebアプリシステムを見せることで、相手は簡単にイメージでき、依頼をするかどうか簡単に判断することができるのです。

Rubyで副業はできるか?まとめ

今回、Rubyで副業はできるかという観点から、報酬の相場や案件内容について説明しましたがいかがでしたでしょうか。Rubyはリモート案件が多いこと、勉強のしやすさの点から、副業をするためにかなりおすすめの言語です。

現在、Rubyエンジニアの案件数に対し、エンジニア数はかなり少なく需要過多な状況が続いています。ただし、フルコミットできずに成約などが多い副業の場合、通常よりも低価格の案件が多いです。これは、これまで挙げてきたようにスキルや実績作りのために受注する方もおり、低価格でも受ける方も多数いることも理由のひとつとなります。

今すぐ稼ぎたい方は、常駐型フリーランス案件を検討するのも良いでしょう。

常駐型の場合、業務形態は会社員時代とあまり変わらずに望めるため、比較的スムーズに活躍できます。また、フリーランスの場合一般的に会社員と比べ高収入になるため、稼ぎたい方にはおススメです。

今後インターネットがなくなることはなく、ネットやSNSの普及がすすみWebサービスを提供しようと考える企業・個人事業主は増え続けます。

需要が多い今、そして副業が許されるようになってきた今だからこそRubyエンジニアとして、1歩踏み出すチャンスですが、まずは自分がなぜ副業を行いたいのか明確にしましょう。
今以上に稼ぎたいという方は、前述したように常駐型フリーランスという選択肢もあります。自分の目的にあった案件にチャレンジしてみましょう。

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のRuby案件も多数あります