JavaScriptで副業はできるか?仕事内容や報酬相場について

インターネットの世界において1番使用されている言語が「JavaScript」です。Javaと名前が似ていることからよく間違われますが、Javaとは全く異なるプログラミング言語です。JavaScriptはコンピュータシステム、スマートフォンアプリ、Webサイトなどネットのいたる所で使用されている言語になります。

実際JavaScriptという言語を知っていても副業として働けるような仕事内容があるのか、またどの程度の報酬があるのかは知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

副業解禁となる会社が増えている今、JavaScriptエンジニアにどのような案件があるのか、どの程度の報酬がもらえるのか気になりますよね。

そこで本記事ではJavaScriptで副業ができるのかどうか、案件の仕事内容や報酬の平均金額についてくわしく解説します。JavaScriptについて理解がある方や興味をもって勉強をしようと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてJavaScriptエンジニアに副業が可能かどうか参考にしてみてください。

JavaScriptとはどんなプログラミング言語?JavaScriptで副業はできる?

結論から述べると、JavaScriptを学習することで副業はできます。Webサイト制作などのクラウドソーシング案件数が多いことや個人レベルでの作業が可能であるため、JavaScriptは副業向きであるプログラミング言語といえます

JavaScriptはWeb系システムエンジニアにとってはHTMLやCSSにつぐ重要な言語にとして知られています。ユーザーがWebページにアクセスしたときにソースコードが読み込まれ、読み込みが完了したときにコード内容が実行されます。JavaScriptを使うことによりWebサイトの文字や画像を動かす、統計ツールや計算ツールを盛り込むことができるなど動的な仕組みをくみこむことができるのです。

JavaScriptはWebサービスシステムの中ではクライアント側でコード実行される言語です。

Web開発を行う場合、プログラミングのコードを埋め込む場所は一般のユーザーが見ることのできるクライアント側とコンピュータが処理内容を判断するサーバー側に分けることができます。サーバー側のプログラミング言語としてはPHPが有名です。

クライアント側に埋め込む開発言語として使用される言語はほとんどがHTML/CSS、そしてJavaScriptです。JavaScriptで書かれたソースコードはブラウザの「ソースコード表示」という機能を使うことでWebサイトを閲覧している人であれば誰でも見ることができます。セキュリティに対しては緩い面があるのでユーザー認証機能やパスワード処理の機能など、第三者に見られてはいけないシステム機能はJavaScript以外の言語をつかいます。

プログラミング言語はスクリプト言語とコンパイラ言語の2つに分けられますが、JavaScriptは開発しやすく比較的習得が簡単なスクリプト型の言語です。

スクリプト型の言語は書いたソースコードをコンパイル変換する必要がなく、すぐに実行できるため開発作業をスムーズに進めることができます。ただし、コンパイル変換しないとコンピュータが解読するのに時間がかかるため、スクリプト言語はコンパイラ言語と比べると実行速度が遅いことから、複雑な処理をすることに対して不向きな面があります。

だからこそ大きなスケールの開発ではなく小スケールの開発、すなわち個人規模でのシステム開発やアプリ作成には最適の言語です。エンジニア個人に案件依頼がある副業向きの言語であるといえます。

 JavaScript言語を使ってできることは?

JavaScriptは使ってできることは数えきれないほどあります。とくに副業向けであるWebサイト制作に関してできることをあげると下記のようなことが可能です。

・入力フォームに記載された内容のエラーチェック処理

ひらがな入力というルールがあるテキストボックスにカタカナ入力という間違った形式が入力された場合、更新ボタンを押しても次のページに進むことができない、といった処理を作ることができます。

・マウス操作に対応したイベント処理

マウスを動かしたら動きに合わせて画面上のものが動く、ポインタを当てたら画像が変わる、特定の文字を入力したら違うページに飛ばされるなどのイベント機能を加えることが可能です。

・テキストや画像の加工処理

ユーザーの操作に合わせて文字の色や背景色を装飾することができます。また、画像を白黒に加工することなども可能です。

・Webサイトの閲覧数チェック機能

Cookieを生成することでカウンターをつけてサイトを訪問した人の数を計測することができます。

 

このように動的な処理をくみこむことによりWebサイトを華やかにすることができます。クライアントの要望にあった処理を考え、実際にコーディングをしてシステムを作ります。また新規に作るだけではなく、既存のシステムを改修したりすることもJavaScriptエンジニアの仕事の1つとなります。

 

JavaScriptで副業をする場合の稼ぐ方法とは?

JavaScriptエンジニアとなって副業をしようと思い立った時に稼ぐ方法としては下記のような3つの方法が考えられます。

  • クラウドソーシングで案件を獲得して稼ぐ
  • エンジニア向け案件紹介サイトに登録し、会社と契約して稼ぐ
  • アプリを開発して稼ぐ

まずJavaScriptを学んで副業で稼ぐと考えた時におすすめなのが、Webサイト制作かアプリ制作で収入を得るというやり方です。JavaScriptを使って作れるサービスは無限にありますが、個人規模で製作可能なものだとサイトかアプリが妥当ではないでしょうか。

まず、クラウドソーシングサイトにはWebサイト制作やアプリケーション開発の案件が複数あります。プログラミングの経験が浅い人でも案件を取得することが可能です。エンジニアとは無縁な環境だったけど独学でJavaScriptを勉強し、副業をしてみようという方におすすめです。依頼主と制作物に関する機能について確認し、契約が決まった後は納期までの期間、自分のペースで作業をすることができます。

エンジニア向けの案件紹介サイトはクラウドソーシングの案件より難易度の高いものが多い傾向にあります。チームをくんでプロジェクトに参画することが多く、数カ月にわたった案件にかかわった場合は定期的に報酬を受け取ることができます。月に稼働する時間で契約が結ばれるので、作業時間の自由度は下がりますが、かわりに安定して報酬をもらうことができます。

また、完全に自分のペースで作業がしたいという方にはアプリ制作がおすすめです。自分の作りたいものを自分のペースで作成することができます。アプリといっても、Androidアプリ、iOSアプリ、Webアプリ等がありますが、JavaScriptを使って作るのに向いているのはWebアプリです。ただし、アプリでお金を稼ぐ場合、相当なクオリティと宣伝が必要になります。消費者にとって需要があるのか、しっかりと認知度を上げることができるのかが稼げるかどうかの分かれ目になるのです。

アプリでお金を得ることは、プログラミングスキル以外にもマーケティング能力や営業スキルも必要になります。稼ぐことを理由に副業をはじめるのであれば、まずはクラウドソーシングやエンジニア向けの案件紹介サイトを利用することをおすすめします。

JavaScriptの副業する際の仕事内容

JavaScriptは様々なネットワークシステムで使用されているため募集されている仕事の内容は多岐にわたります。副業として仕事をするうえで重要な要素は、本業とのバランスです。本業以外のスキマ時間でいかに副業をすることができるか、工数管理もふまえ自分にあっている案件を探しましょう。今回は前述したようなクラウドソーシングやエンジニア向け案件紹介サイトにある仕事内容でどのような依頼があるのか紹介します。

クラウドソーシング上にある案件で一番多いものがWebサイト制作です。新しくWebサイトを作成してほしいという依頼から、既存のWebサイトをリニューアルしたいという要望までさまざまです。作成するサイトの種類としては、ブログサイト、メディアサイトやECサイトなどがあります。内容としては小規模のものが多く内部システムも複雑なものは少ないです。サイトの規模や制作範囲により報酬額が決まるため、依頼主と契約する際にはしっかりと仕事の内容を確認しておく必要があります。

エンジニア向け案件紹介サイトにもWebサイト制作の案件は豊富にありますがクラウドソーシングにある案件より大規模なものが多いです。サイトの構築はもちろん組み込むシステムで給与計算システムやクラウド上で動くアプリケーションなど複雑なものになります。              JavaScriptに加えてPHPやRubyなどのサーバーサイドのプログラミング言語知識もあると良いでしょう。

JavaScriptの副業の報酬相場とは

需要に対してJavaScriptエンジニアの数は不足している現状、企業で働くJavaScriptエンジニアの平均年収は538万円、およそ月収44.8万円です。フリーランスとして案件獲得できるようになると月収50~80万ほどのしごとができるようになります。

副業としてJavaScriptエンジニアをする場合の報酬相場は、作成するものや作業フェーズによりかなり異なります。JavaScriptで作成できるものが幅広い分、案件に対する単価にも差が大きく出るのです。エンジニア向けの紹介サイトの場合1案件につき40~80万円、クラウドソーシングだと1~15万円が相場です。Webサイト制作といっても組み込まれるシステムの数や難易度の高さにより金額が大きく変わってくるので、作業工数に見合った金額か自分で判断する必要があります。

 JavaScriptを副業で経験すればフリーランスとして活動の場は広げられる?

副業としてJavaScriptを経験することでスキルや実績を得ることができます。将来、フリーランスとして活動することを目指しているエンジニアの場合、顧客にPRをする際に副業の経験や成果物を伝えると、どのようなことができる人なのかという情報が顧客につたわり仕事の獲得につながりやすくなります。

JavaScriptはWeb系エンジニアにおいて基礎的な言語に位置付けられています。20年以上使われ続けているこの言語はなくなることはなく、これからも使われ続けることでしょう。パソコンからスマートフォンへ利用率は移行していますが、サービスの保守などの面でもJavaScriptを理解できるエンジニアは必要とされ続けます。

今すぐ稼ぎたい方には、常駐型フリーランスがおススメ!

副業をやっているエンジニアの中には、スキルアップや将来のための実績作りなどを主な目的として、案件を受けている方がいます。よって、副業むけ案件は低価格案件が多く、掛かる工数に対して見合わない報酬しか得られない案件も散見します。

今すぐ、稼ぎたい方には、常駐型フリーランス案件がおススメです。安定的に高額報酬を得ることが可能なため、スキルや実績ではなく、収入アップを目的に副業を検討されていた方に適していると言えます。一度、検討してみてはどうでしょうか。

HTMLやCSS、JavaScriptを使って副業をしてみて、慣れてきたらPHPやRubyなどの言語も学習し取得できれば、Web系エンジニアとして求められる仕事はほぼ対応できます。副業でまずは経験を積むでも、フリーランスとして収入アップを目指すでも、JavaScriptエンジニアの活躍する場は数多くあります。ご自身の目的に合わせ、キャリアを積んでいきましょう。

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJavaScript案件も多数あります