フリーエンジニアになったら、名刺を準備しよう

フリーランスとして独立すると、会社員時代のような所属や役職などがありません。初対面の方に自分を紹介するために名刺は必須アイテムです。エンジニアの方々の場合、会社員時代は名刺の活用機会は少なかったという方もいらっしゃるかもしれませんが、フリーランスとして独立したら早めに作成しましょう。

名刺はフリーランスにとって、なくてはならない営業ツール

フリーランスにとって名刺は重要な営業ツールです。
継続的に仕事を獲得していくためには、知り合い以外の人脈も構築していく必要があります。
その際、名刺は、初対面の方に気軽に自分を紹介するツールとなります。
手軽に渡せて自分を知ってもらえるものなので、自分を最大限表現できるようなものを用意しましょう。

少しでも覚えておいてもらうものにするために、顔写真を入れたり、デザインにこだわったり、肩書を工夫したりと、フリーランスだからこそ自分を表現するような名刺にしたいところです。

名刺は、連絡先を伝えるツールとしても便利です。
場所を選ばず渡せますし、紙に書いて渡したりメールをしたりするよりも、手元に残しておいてもらえるものなので、営業効果も高いと言えます。
住所や電話番号だけでなく、最近はSNSのアカウント名やチャットツールのIDなどを記載している方もいらっしゃいます。

フリーランスだからこそ、相手から気軽に連絡をもらえるように、複数の連絡手段を記載することも検討してみてはいかがでしょうか。

また、身分証明としても使われます。
公的な身分証明が必要な場所では運転免許書などが身分証明書となりますが、セミナーに参加する場合などに名刺が身分証明として必要になる場合もあります。

フリーランスとして独立したら、早めに名刺を準備しましょう。

フリーエンジニアの名刺の使い道

常駐型をメインの働き方とするフリーエンジニアの方々は、名刺を常駐先から発行してもらえる場合もあるかもしれません。
しかし、個人事業主としての自分の名刺も何かと必要になるものです。
名刺を作成する場合には、その使い道や利用シーンを念頭に、内容を考えてみましょう。

<フリーエンジニアの名刺の利用シーン>

・新規取引先への営業
・人脈を広げるための交流会
・勉強会やセミナーの後の参加者同士のやりとり
・案件探しをするために登録したエージェントとの面談
・勉強会やセミナー、コミュニティなどの受付
・ワーキングスペースなどの施設を利用する際
・行政等が運営する起業相談などの窓口
・税理士さんなどの契約相談        etc・・・

営業ツールとしての使い道だけでなく、勉強会などの受付時やワーキングスペース利用時など、名刺の提出を求められるシーンも意外と多いものです。
また、税理士さんへの相談や、ワーキングスペースの内覧や契約などの、個人事業を営む上での契約や相談時にも、名刺を提出した方が信用に繋がりやすい側面もあります。

<名刺を使い分けても>

このように、名刺は意外と利用シーンが多いものです。
主に営業ツールとして活用する場合と、身分証明として必要な場合に分けられます。
営業ツールとして使う場合には、連絡の取りやすい連絡先や詳細な肩書が記載されていた方が活用できます。
一方、身分証明的に使用する場合は詳細までは必要ありません。

メールDMなどが送られてくるようなケースもあるでしょうから、フリーのメールアドレスなどの記載でも問題ないでしょう。電話番号やSNSのアカウントなどは必要ないかもしれません。

個人情報が心配という方は、不特定多数に公開しても問題ない個人情報を記載した名刺と、営業用の詳細を記載した名刺を2つ作成し、使い分けることも検討してみてください。

名刺に記載したい項目

フリーエンジニアの場合、名刺にどのような項目を記載すればよいのでしょうか。
営業ツールとして活用する場合の効果的な項目をまとめました。

<フリーエンジニアの名刺の項目>

・屋号(持っている場合)
・名前
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・肩書
・ひとことPR
・顔写真

小さな名刺の中にも盛り込みたい項目は8つにもなります。
屋号は持っていれば記載できますが、必ずしもなくてはならないというものではありません。フリーエンジニアにとっては、自分の名前と肩書の方が重要です。

<個人情報が気になる場合>

住所や電話番号は、自宅の場合は個人情報を晒したくないという方も多いかもしれません。
その場合には、バーチャルオフィスの住所を借りるという方法もありますし、住所の番地を除いて記載したり、住所は記載しないという方もいらっしゃいます。
何かしら記載しておいた方が信用面でよい場合もありますし、名刺交換の際の話のネタの1つにもなります。

メールアドレスは、フリーのメールアドレスでもよいですが、実際に仕事のやり取りで使用する可能性があると考えると、独自ドメインのアドレスの方が信頼感を持ってもらえるかもしれません。

常駐メインの働き方の場合は、仕事のやりとりは常駐先のメールアドレスで不足はしないでしょうし、自分の働き方や取引先を念頭に検討しておくとよいです。
連絡先をSNSのアカウントなどの記載にしておくことも、個人情報の観点からは有効です。

SNSは気軽に連絡をしてもらえる可能性がある反面、世代によっては受け入れてもらえなかったり、使っていない方もいらっしゃいます。
名刺を渡す相手を考えて、記載するかどうか判断しましょう。

<肩書はよく考えて>

フリーエンジニアになると、会社員時代のように、企業名や所属部署、役職などがありません。
企業名の代わりがフリーエンジニアにあたるかと思いますが、それだけでは不十分です。
フリーランスだからこそ、何ができるのか、肩書で表現したいところです。
取り扱い言語や分野はもちろんのこと、得意なことや趣味なども枕詞的に記載しておくと、覚えてもらいやすくなりますし、何ができるのかが理解してもらいやすいです。

また、意外なところで仕事に繋がったりということもあります。

経験年数などを記載する方もいらっしゃいます。
スキルシートと照らし合わせて、よく考えてみてください。

<自己PRも検討を>

肩書にも通じるのですが、ひとことPR文を入れるのも効果的です。
肩書に全てを盛り込めない場合や、将来的な希望などをPRとして盛り込むこともできるでしょう。
こちらも入れておくとどのような人物なのか、スキル以外の面でも理解してもらいやすく、覚えてもらえる可能性が高くなります。

顔写真入りの名刺も、同様に覚えてもらえるうえに、自分を表現できる方法です。

自分を出すのは勇気がいるという方も多いかと思いますが、営業ツールとしては効果が高くおすすめです。
キングジムが営業マンを対象にした調査によると、顔写真入りの名刺が印象に残るという回答が最も多かったとされています。※

  • 「名刺に関する意識調査」を実施/株式会社キングジム
    https://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_15865/

名刺作りは、素材や色にもこだわりを

名刺の内容が決まったら、名刺のデザインを決めていきます。

デザイナーに作成してもらうという方もいらっしゃいますが、WEB上の名刺作成ツールを活用すればデザインツールがなくても簡単に作成できます。

印刷会社やオフィス用品通販の会社などが印刷とセットでデザインパターンなどを提供していますので、WEB上でデザインを選び、入れたいテキストを入力し、色や紙質を選んで発注できます。

今後しばらく使っていく名刺ですし、自分から人に渡すものです。
自分が気に入るものが一番ですが、入れたいテキスト項目が入れられるかなどを考慮して作成しましょう。
営業的な側面では、紙の素材や色にもこだわることも検討しましょう。
先述のキングジムの調査によると、顔写真以外に印象に残るものとして、「素材が特徴的」「色が特徴的」という回答が上位を占めています。※

フリーランスですので、企業名刺では作れないような色や素材を使うのも、覚えてもらうためには有効だと言えそうです。

※「名刺に関する意識調査」を実施/株式会社キングジム
https://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_15865/

まとめ

フリーエンジニアになると、名刺も自分で準備しなければなりません。
常駐型の就業形態の場合、必要なシーンがあまり思い浮かばず後回しになりがちです。
実際には、意外と名刺を提出したり交換する場は多いものです。

自己紹介ツールとして、また身分証明として、相手に伝わり、自分でも気に入るものを早めに作成しておきましょう。

名刺の準備で時間をかけたいのは肩書です。
自分の肩書をどう書くのか、よく自己分析をして考えましょう。
スキルシートの作成と合わせて考えてみるのもよいかもしれません。

自分のスキルやキャリアはもちろんのこと、今後、フリーエンジニアとしてどうなりたいか、何に携わりたいか、開発以外でも得意分野はあるのか、など全てを書き出してまとめてみましょう。

より伝わるためにどうしたらよいのか、きちんと伝わるかなど、不安な場合は、第3者に確認してもらうとよいです。
元同僚や友人でもよいですが、先入観もあり客観的に判断できないこともあるでしょう。

多くのエンジニアと接している専門のエージェントであれば、客観的に、市場動向なども踏まえて相談に乗ってもらえます。
エージェントにキャリア相談をしてみるのもおすすめです。

エミリーエンジニアは、無料でフリーエンジニアのキャリア相談を受け付けております。
大手にはないきめ細やかな対応で、フリーエンジニアの方々のキャリアをサポートします。

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります