イライラは損をする!フリーランスエンジニアが身につけたいアンガーマネジメント

どんな人でも仕事をする上でイライラしてしまうことはあるでしょう。アンガーマネジメントとはこのイライラや怒りをコントロールするセルフマネジメントの手法です。エンジニアは納期に追われていたり、バグ対応やシステム障害に神経を使っていたり、なにかと気が休まらずストレスが溜まりやすい職業だったりするものです。アンガーマネジメントの実践方法や効果を理解することで、怒りから解放されパフォーマンスの向上につながります。

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、「怒りをコントロールする手法」です。そもそも「怒り」という感情は、イライラや不安、悲しみなどの感情をベースとして、それを理解してもらいたいという感情が怒りとなって現れます。これらの負の感情は、普通に生活していれば必ず起こってしまうものです。

しかし、素早く手放しコントロールする方法を知っていれば、精神面での負担を軽減する事ができるのです。この、怒りを素早く手放しコントロールする方法こそが「アンガーマネジメント」です。

アンガーマネジメントの考え方では、怒りの衝動は6秒であり、その6秒間をいかにしてやり過ごすかというところに焦点があてられています。6秒という数字は諸説あると言われていますが、怒ったり興奮したりすると脳からアドレナリンという物質が放出されますが、アドレナリン放出のピークが過ぎるまでの秒数だといいます。

怒りの感情が沸き起こるのは6秒で、このたった6秒を上手にやり過ごす事が出来れば、怒りの感情を手放し、冷静に対応する事ができるという考え方が、アンガーマネジメントの基本です。

アンガーマネジメントの実践方法

では、実際にはアンガーマネジメントとはどのように行うのでしょうか。怒りを感じたその場でできる対処法や、日ごろの怒りに対する思考法などをご紹介します。

<怒りの衝動を解放するには6秒やり過ごす>

まずは、怒りを感じたとき、その場でできる対処法です。この2つのステップを実践してみてください。

1 6秒間をカウントダウン

怒りを感じたら、6秒をカウントダウンをし、冷静さを取り戻しましょう。
6・5・4・・・とゆっくりカウントダウンを始めます。
この時に大切なのは6秒をただ数えるカウントアップではなく、カウントダウンをする事です。怒りの衝動の6秒をやり過ごすことで、その場の怒りが和らぐはずです。

2 その空間を離れる

もし怒りを感じた時、離席が可能であれば、トイレや廊下に出て気持ちを落ち着かせます。その場を離れることで、6秒やり過ごせますし気分転換になります。仕事に戻るときは、怒りの感情をその場に置いてくるイメージで、負の感情を切り離して戻りましょう。

<怒りの感情を手放す思考法>

それでも、なんとなく怒りを引きずってしまうこともありますよね。怒りの感情を放出することはなくとも、自分の中でイライラやもやもやが消せない…  そんなときの思考法を3つご紹介します。

本当の感情を受け入れる

怒りの感情から抜け出せない場合は、怒りの影に隠れている本当の感情を探ってみてください。怒りは2次的な感情であって、本当は悲しい・淋しい・不安・わかってほしいなどの1次的な感情が発端となっていることもあります。

例えば、納期に向けて開発を進めていたのに急に大幅な仕様変更を言い渡されてしまったとしましょう。
今になって言うなよ!とイラっとしてしまった背景には、
・要件定義の時点で言ってくれれば設計も変わったのにという裏切られた気持ち
・また徹夜が続くの?と悲しくなる
・納期に間に合うのかという不安
など、怒りの背景には様々な気持ちが混在しているはずです。

これらの本当の感情に気づき、理解するだけでも怒りを和らげることができるのです。

「べき」という固定概念を手放す

〜べき」という固定概念は怒りの原因になることが多いものです。「●●さんが××すべき」という固定概念は、自分自身が勝手に考えた価値観でしかありません。相手に同じ価値観を求めることが「怒り」につながっていることを知りましょう。

仕様変更の例では、「●●さんが要件定義をきちんとすべきだった。●●さんの不備だから●●さんが対応すべき」という考え方です。契約上対応範囲が明確に定められている場合は、契約通りに進める必要があります。しかしながら、準委任契約の場合は対応範囲を契約で明確にしきれない部分もあり、「誰がどうやるべきか」に執着していると怒りの感情から抜けだせなくなってしまうこともあるでしょう。

固定概念にとらわれるのではなく、プロジェクトをいかに成功させるかという点に思考をシフトしていきましょう。

自分の力ではどうしようもならないことは、仕方がないと割切る

クライアントからの要求であれば、フリーランスとして仕方なく受け入れなければならない事もあるかと思います。急な仕様変更で怒りを感じ、その事をずっと根に持って仕事をしていては楽しくもありませんし、そこからは良好な人間関係やクリエイティブな発想は生まれません。

また負の感情を持ち続けていても自分が疲れてしまいます。自分の力でできることを考える方向に思考をシフトしていきましょう。原因を追究するのではなく、仕方がないと割り切り、「怒り」の感情を手放すこともアンガーマネジメントの1つです。

<アンガーログをつけ自分の怒りの傾向を知る>

最近よく怒ってしまうという方は、自分の怒りの傾向を把握しておくことで対処できる場合もあります。怒りの傾向を把握するには、アンガーログをつけてみることをおすすめします。アンガーログは、怒りを感じたときに、下記5項目をログとして記録しておき、自分の怒りの傾向を知りアンガーマネジメントに役立てる方法です。

アンガーログの5項目

・日時
・場所
・何があったか
・どう思ったか
・怒りレベル(1~10など自分の尺度で)

ログ付けすることで、怒りの6秒をログ付けでやり過ごすことができますし、自分がどういう時にどのような怒りを感じやすいのかを把握することができるようになります。

例えば、集中したいときに話しかけられたり周りの声が気になり怒りを感じていることが多いと把握できれば、集中したいときは可能な職場であればヘッドホンをつけて周りの音を遮断する対策をとったり、集中する時は静かな席に移動させてもらうよう職場に依頼するなどの対処が可能です。

さらに、このアンガーログを振り返ることで、先ほどご紹介した「~べき」という固定概念に気づくこともできます。

先の例では、「静かでないと集中できない」「職場では静かにすべき」という固定概念があります。もちろん、職場で騒いでいるのは非常識ですが、人によっては静かすぎる職場は覇気がないと感じる方もいらっしゃいますし、職種によってはコミュニケーションが重要だと思っている場合もあります。さらに、「静か」がどの程度を指すのかも人により様々です。

固定概念に気づくことで冷静に対処法を考えることができるようになるため、アンガーログはおすすめです。簡単にログ付けできるように、スマホのカレンダーアプリなどで入力してみてはいかがでしょうか。

アンガーマネジメントを実践する効果

アンガーマネジメントを実践することで、フリーランスエンジニアとしてもいくつかの効果が期待できます。

<冷静な判断を下せる>

イライラした怒りの感情を抱えたまま業務をこなしていると、気が散ってしまいミスを誘発させてしまう事にもなります。障害対応などで慌ただしく過ごし、修正したプログラムに新たな不具合を発生させてしまった、などの経験をお持ちの方もいるかと思いますが、冷静さを失う事はエンジニアにとっては負の連鎖の第一歩です。怒りをコントロールすることで、冷静になることができ、業務もスムーズに進めることができるようになります。

<周りへの悪影響を抑えられる>

プロジェクト内やチーム内に常にイライラしている人や怒りっぽい人がいると、雰囲気が悪くなるという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

「怒り」は伝染するとよく言われます。

怒りの感情をぶつけられた人は、怒りの感情で返したくなりますよね。そうなると、チームの雰囲気も一気に悪化しプロジェクトの進行に影響しかねません。アンガーマネジメントができていれば、自分がその発端となってしまうという事態を防ぐことができます。チーム内の人間関係も良好になるでしょう。

<モチベーションの管理につながる>

怒りの感情は、モチベーション低下のもととなってしまいます。
・なんでこの作業やらなきゃならないの?
・もっとクリエイティブな開発がしたいのに…
・相手との意思疎通がうまくいかずイライラ
・単価と仕事が見合わない…
など様々な状況でのイライラが原因となりモチベーションが保てないこともあるでしょう。

アンガーマネジメントを身につけることで、そのような怒りやイライラの根本にある感情を見つけられたり、冷静に対処法を考えることができるようになります。

怒りの感情をコントロールすることは、モチベーション管理にもつながるのです。モチベーションが低下したままだと、仕事の質にも影響してしまいます。フリーエンジニアとしてパフォーマンスを上げるためにも、モチベーション管理の1つにアンガーマネジメントを取り入れてみてください。

自分の怒りのタイプを診断できる「アンガーマネジメント診断」がアンガーマネジメント協会から提供されています。自分の怒りのタイプと対処するための考え方が診断されてますので、気になる方は診断してみてはいかがでしょうか。

アンガーマネジメント協会「アンガーマネジメント診断」

 

契約に関わる内容であれば相談を

アンガーマネジメントを取り入れて、怒りの感情を手放す方法をご紹介いたしましたが、仕事上の怒りの内容が契約に抵触するようなものの場合には、そのままにせず契約先に相談するようにしましょう。

落ち着き冷静に考えたうえで「契約上おかしい」と感じた場合、早めに相談することで回避できることもあります。契約内容を現場が理解していないという場合もありますので、いきなり「契約違反だ」と指摘するのではなく契約の解釈を相談してみてください。相談する場合にも、怒りの感情にまかせて説明すると相手に伝わりませんし、相手も冷静に考えられなくなってしまいます。怒りの感情を手放し、事実と自分の見解を冷静に相談するように心がけましょう。

エージェントを介した契約であれば、まずはエージェントに相談をします。エージェントは企業にもエンジニアにも数多く接触しており、トラブルになりやすい事例なども把握しています。担当者に相談して、契約先に働きかけてもらったり、アドバイスをもらうなどしてみてください。

アンガーマネジメントは、フリーエンジニアとしてパフォーマンスを上げるためには有効なセルフマネジメント手法です。ぜひ日ごろの業務に取り入れてみてください。

 

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります

関連タグ