JOB
公開日:

フリーランスの場合、常駐先の行事に参加義務はない

フリーランスエンジニアは常駐先の社内行事や、飲み会など業務外のお付き合いの機会があるかと思います。業務時間内に行われる業務に関係のない社内行事は参加すべきなのか、業務外でも断れない雰囲気の飲み会は参加しなければならないのか、など毎回迷う方も多いのではないでしょうか。今回は社内行事の扱いと、業務委託の場合の参加義務についてご紹介します。

社内行事は参加できない場合も

フリーエンジニアとして企業に常駐すると、常駐先の社内行事に声をかけられずに淋しい思いをしたり、逆に参加したくない行事に誘われて断りづらいなどといった悩みも出てくるでしょう。参加するしないを決める前に、「社内行事」の捉え方をご紹介します。

社内行事とは

社内行事は、社内で開催される、日ごろの業務とは異なるイベントを指します。忘年会や新年会などの飲食を伴うものや、レクリエーション要素の強いもの、社員総会まで様々です。一般的に、社員の場合は、参加が義務付けられ業務時間内とカウントされる社内行事に関しては、業務の範囲内ということになります。

業務委託の場合は、契約の範囲内かどうか

業務委託の場合は、通常、社内行事への参加義務はありません。業務委託は、案件元の指揮命令を受けない契約です。社員の方々に参加義務があったとしても業務委託の場合は参加を義務付けられるものではありません。とはいえ、契約内容に行事への参加の旨が盛り込まれていた場合、参加しなければならないこともあるでしょう。

案件元から業務時間内の社内行事に誘われた場合は、エージェントに契約内容の確認をしましょう。業務外で任意参加する飲み会のような社内行事であれば、個人的に参加をすることは可能です。

業務委託は社員と同じではない。社員は就業規則、業務委託は業務委託契約書。

社内行事に限らず、労務に関するいろいろな規定は、社員の場合は就業規則が適用されます。業務委託で就業する場合は、社員の就業規則は適用されず、業務委託契約書で締結した内容が適用されます。常駐で働いていると、社員と席を隣り合わせにし、社員と同じチームメイトとして稼働することも多いかと思いますが、社員と業務委託者ではその労務規則は異なりますので、認識しておきましょう。

業務委託の場合、業務委託契約書に就業時間・業務内容などが明記されおり、基本的にはその内容を超えての業務はできません。業務時間外のレクリエーションや飲み会などへの参加は、自分の意思でプライベートとして参加しましょう。参加したくない場合には、強制されるものでもありません。辞退する場合には、丁寧に断りましょう。

業務委託契約については、【弁護士がアドバイス】契約について知っておこう!(https://engineer.emilee.jp/guides/first/first-agreement)の記事でも詳しくご紹介しています。併せて参考にしてみてください。

社内行事に参加しない場合、別の方法でコミュニケーション努力を

常駐先の飲み会などの参加は強制されるものではありませんが、断ってばかりではコミュニケーションの面で影響が出ることも考えられます。就業時間内で挽回できるようなコミュニケーションを心掛けましょう。

・ランチでのコミュニケーション

飲み会などへの参加は気が重い…という場合には、ランチを活用するのがおすすめです。チームメイトに限らず参加できなかった飲み会の参加メンバーなどをランチに誘い、コミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

・チャットやSNSで気軽にコミュニケーション

常駐先でチャットツールを導入している場合には、チャットで丁寧なコミュニケーションをとるのもよいでしょう。気になることがあれば相談をしたり、感謝することがあればサンクスメッセージを送ったりとチャットだからこそ気軽に積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

・打ち合わせでのコミュニケーション

打ち合わせは業務時間内に顔を合わせて話せるよい機会です。打ち合わせの間は議題に集中する必要がありますが、打ち合わせの前後などのちょっとした時間でもコミュニケーションはできます。業務の話だけでなく、世間話や相談などをしてもよいでしょう。

常駐先の現場が業務委託者が多い場合には、業務委託者同士ではコミュニケーションを取りやすいですが、社員ばかりのチームの中に業務委託1人の場合や、バイトや派遣など様々な雇用形態の人がいるチームでは、コミュニケーション面で何かと不自由が生じる可能性があります。業務が滞りなく回るよう、普段から円滑なコミュニケーションを心掛けましょう。

不安があればエージェントに相談を

社員の方から社内行事に誘われた場合、参加しなければならないのかと思いがちですが、契約内容次第とも言えます。契約内容を確認してから返事をした方がよいでしょう。エージェント経由で参画している案件であれば、一度エージェントに確認をとりましょう。社員の方も契約を把握して誘っているとは限りませんので、自分で確かめましょう。

社内行事に限らず、常駐案件の場合、同じように判断に迷うこともあるでしょう。契約業務以外のことを手伝っている、業務に関係のない打ち合わせにも参加しなければならないなど、社員であれば当たり前のことも業務委託であれば契約次第です。疑問に感じることがあれば、エージェントに必ず確認をしましょう。

フリーエンジニア専門のエージェントであれば、同じようなケースをいろいろな現場で経験していることも多く対応の知見もあります。クライアントと直契約のエージェントであれば、案件元と直接交渉できるので、迅速にかつ的確に対応してもらうことができるでしょう。

エージェントとは、何かあった時に気軽に相談できるような関係を築いておくことも大切です。案件稼働中はあまり連絡を取る機会がない場合もありますが、フリーランスのエンジニアとしてのキャリア相談や、現場の状況、不安なことや希望など連絡しておくとよいでしょう。次の案件を紹介してもらう際にスムーズに進められますし、場合によっては事前に希望にあう案件を探してもらえることもあります。

忙しいフリーランスのエンジニアだからこそ、エージェントを上手に活用してみてください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります