CAREER
公開日:

JavaScript エンジニアの転職事情。気になる年収をチェック

エンジニアにとって、どの言語をメインにするかはとても重要な選択です。
なかでも、歴史が長く、使用する機会の多いJavaScriptを使いこなせるようになりたい、と考えている人は多いのではないでしょうか。

そこで、ここではJavaScriptエンジニアがどのような仕事を行っているのか、そのくわしい内容について見ていきたいと思います。

webページ作成やアプリケーション開発に欠かせない職業

JavaScriptは、インターネット上のwebページを記述するプログラム言語の一種です。
そのおもな役割は、webページに「動き」をもたらすというもの。
基本的に現在のwebページというのは、HTML、cssによってデザインがほどこされています。

JavaScriptはそのなかで、画面を操作するための機能を担当しています。

たとえば、オーディオを再生したり、画面をスライドさせたり、ポップアップウィンドウを出したりといったように。ほかにも、詳細メニューやカウントダウン、検索機能など、webページを使いやすく、親しみやすく、分かりやすくする目的で活用されています。

いずれも、現在のwebページにとっては欠かせない機能ばかりです。
また、プログラミング言語としてもとても汎用性が高く、ほかのさまざまなプログラミング言語と合わせて使用することもできます。

こういった理由から、JavaScriptエンジニアが活躍できる場面はとても広がりを見せています。
そのなかでも、おもにフロントエンドとサーバーサイドの2つの分野で仕事をするケースが多くなっています。

デザイン力が求められるフロントエンド

フロントエンドというのは、webページやアプリケーションなどで、ユーザーが操作するための部分を構築する分野です。

そのため、開発のデザイン部分までまかされることも多く、デザイナーとしてのセンスが問われるケースも増えてきます。

フロントエンドは、オリジナリティのあるサービスを提供するうえで、企業にとってももっとも力を入れたい分野のひとつといえます。

JavaScriptエンジニアは、クライアントが最終的にどのような形の仕上がりを望んでいるのか、それに対してさまざまな提案と試行錯誤を行っていきます。

このクライアントによっても、フロントエンドの仕事内容は大きく変わってきます。サービス内容のジャンル次第で、ユーザー層や方向性はさまざまです。したがって、フロントエンドで働くJavaScriptエンジニアには、それに対応できるような幅広いユーザビリティやデザインの設計ができる能力ももとめられることになります。

むしろ、そのようなスキルのほうがプログラミング技術そのものより重要だといえます。

その分、仕事の数をこなせばこなすほど、その経験値がそのままノウハウとなっていくのも特徴のひとつです。働きながらスキルを高められるのは、とてもやりがいのある職種といえるでしょう。

高度な技術がもとめられるサーバーサイド

サーバーサイドというのは、ユーザーにサービスを提供するためのサーバー側の通信部分をおもに担当する仕事です。

ただし、サーバーとの通信に用いられる言語は、RubyやPython、PHPといったプログラミング言語がメインです。そのため、JavaScriptエンジニアがサーバーサイドであつかう仕事は、基本的に非同期通信の実装になります。

非同期通信では、サーバーとの通信中にもwebページなどで別の処理を行うことができます。そのため、スムーズなやり取りで高速かつ大量にアクセス処理を行いつつ、ユーザーには待ち時間を感じさせず、リアルタイムの操作感をあたえることができます。

サーバサイドのJavaScriptンジニアにとって大切なのは、ライブラリやwebのインフラよりも、フレームワークの知識です。基本的にかなり高度な技術が必要となる分野なので、それだけ仕事の報酬も高くなる傾向があります。

幅広い選択とチャンスが得られる仕事

このように、JavaScriptエンジニアはフロントエンドとサーバーサイドという分野にまたがって活躍することができます。

もちろん、どちらもあつかっているJavaScriptエンジニアも数多くいます。

最近ではJavaScriptのライブラリやフレームワークもどんどん発展して、その開発範囲はさらに広がっています。人手不足もあり、2つの分野にまたがって仕事をするJavaScriptエンジニアはますます増えていくことでしょう。

JavaScriptエンジニアになるには、今後はよりトータルで幅広いプログラミングのスキルが今後はもとめられていくようになります。

その分、より幅広い選択ができるともいえるので、自分にとってベストな働き方を見つけたい人にとっては向いている職種といえるでしょう。

また、上場企業や金融機関のサービスや新事業に関わったり、規模の大きなアプリケーション開発やプロジェクトなどにたずさわるチャンスがあるなど、モチベーションを高めたい人にとってもおすすめの職業です。

JavaScript エンジニアになるとどれぐらいの年収が得られるのか

就職先として人気の高いJavaScriptエンジニア。転職を希望する人も多いと思いますが、そこで気になるのが収入です。

JavaScriptエンジニアになると、いったいどれぐらいの年収を見込めるのでしょうか。その将来性などについて、くわしく見ていきましょう。

スキルが高ければ高いほど年収も上がる

JavaScriptは、現在のさまざまなwebページやアプリケーションにも使用することができます。そのため、仕事自体のニーズにともなってJavaScriptエンジニアの年収自体も高くなっているようです。

求人検索エンジンのスタンバイによると、JavaScriptエンジニアの平均年収は555万円。これは、プログラミング言語別に見ても5位とかなり上位の金額です。C言語やrubyにくらべるとやや低く、phpやjavaよりは高いという年収になります。

また、JavaScript エンジニアはスキルによっても大きく差が出るのが特徴。ロースキルからトップレベルまでは、300~700万円と幅があります。

もちろん、JavaScriptは大手企業や金融機関でも使用されています。転職に成功すれば、1,000万円以上の年収を目ざすことも夢ではないでしょう。

大手の事業会社でJavaScriptエンジニアとして活躍してみませんか?

JavaScriptエンジニアが活躍できる環境は、近年ますますその幅が広がっています。
そのため、転職するなら転職支援サービスを利用して、より多くの求人を比較検討していくことが必要となります。

だからこそ、満足いく仕事を続けたくないですか?

エミリーエンジニアでは、フリーランスとして活躍されているJavaScriptエンジニアの案件紹介を行っております。

【エミリーエンジニアのご紹介】

  • 企業側、フリーランス側どちらも1人の担当がサポートするから案件内容も安心
  • 大手事業会社で環境もスキルもアップ
  • 直請け案件仕事で満足いく報酬

【福利厚生が無料で受けられる!】

いまエミリーエンジニアに登録をいただき、案件に参画頂いたJavaScriptエンジニアのかたには、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が提供するベネフィットプラン(年額1万円)をなんと全額補助致します。

JavaScriptエンジニアとして、満足いく仕事を行っていきたいと考えている方は、是非エミリーエンジニアまでご相談ください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJavaScript案件も多数あります