JOB
公開日:

PHPの求人事情と、年収を上げるために必要なスキル

PHPエンジニアとして、今後自分の収入をあげることができるのか、そういった報酬に関する不安がある方は多いのではないでしょうか。PHPエンジニアであれば、経験を積みスキルを身につけていくことで、キャリアアップとともに収入もアップすることができます。

例えば、PHPプログラムの知識だけではなくプラットフォームやフロントエンドなどの知識まで身につけておくと、今後も需要が高くなる可能性が高いのです。必要な知識以上にwebに関しては身につけることが高い収入を得るためには必要となってきています。

PHPエンジニアが年収を上げるために最低限知っておくべきこと

特に、フリーランスとして働いていきたいと考えている方の場合は、ポートフォリオと呼ばれるプログラマ―としてどんなものが作れるのか、クリエイターとしての実務経験があるか、といった実績をアピールするための作品集を用意しておくことが重要です。
常に用意できる状態にしておくことで、必要なときに企業側にアピールすることができるので是非用意しておきましょう。需要があがっていけばいくほど、魅力的な求人案件がある際に迅速に自分の実力をアピールできるかどうかが重要になってきます。

それほどプロフェッショナルとして働きたいわけではない」という方であれば、企業での更新頻度が高いインターネットサービスに携わる仕事がお薦めです。それであれば、1つの企業に社員として就職し、その企業の専門プログラマ―として活躍することが可能です。将来性的に仕事がなくなることはまずなく、安定して稼げる仕事と言えます。また現在、多くの企業から注目されている職業ともいえるでしょう。

PHPエンジニアの年収事情

PHPエンジニアの年収に関しては、どれだけのスキルを持っているのかで大きく分かれてきます。PHPエンジニアに求められているのがどのようなスキルか、ご存知でしょうか?

PHPエンジニアに対して求められている技術は、PHPだけではありません。web開発ができる人材を企業側が求めているのであれば、PHP以外のWebページでよく使用されるスクリプト言語は知識を持っている方がもっていない方よりも有利です。

PHPエンジニアの求人とは

例えば、JavaScriptの知識、HTML5知識、CSS3知識、Wordpressを使用できるか、Photoshopの知識、Ilustratorを使ったことがあるか、RDBMSのテーブルやインデックス設計、データベースチューニングやネットワークなど、いわゆるインターネット上でWebページを製作するために必要な一般的な知識です。これらの知識があると、よりPHPプログラマ―としての需要もあがります。楽しいと思えば、それだけ身につけることもできるようになるので、趣味でもいいので自分でホームページを制作してみるのがおすすめです。

さらに歓迎されるスキルと言われているのが、「Slack」「Github」「Redmine」「Backlog」といったツールの知識も持っていると重宝されます。それぞれのスキルの知識を持っていることで、PHPエンジニアとしても必要とされやすくなります。最終的には年収アップにもつながりますので、是非一度これらのスキルは調べてみてはいかがでしょうか。

PHPエンジニアの年収例とは

何件か、PHPエンジニアの求人情報を調べてみました。フリーランスのPHPエンジニアの場合には、大手企業のエンジニアの場合には企業のバックエンドシステムの開発の仕事の求人で月収が950,000円からとなっています。また、自社システム保守運用のエンジニアスタッフの場合には、月収が750,000円となっています。

また、フリーランスではなく企業の社員として勤務をする場合には、PHPエンジニアとしての企業のプラットフォーム事業を担当するPHPエンジニアという職業で年収が400~900万円程度です。ゲーム運営エンジニアが正社員・契約社員で年収300~800万円です。これらは、あくまでも現時点でインターネット上に出ている求人募集の内容から確認した年収ですが、何社か見て見たことろPHPエンジニアとしての年収は企業に社員として所属した場合には、約300万円から900万円程度で仕事内容とスキルによって金額が変わっていきます。しかし、エンジニア全般に言えることですが、他の一般職と比べるとかなり高い年収と言えるのではないでしょうか。

PHPエンジニアと他言語エンジニアとの比較

アンケートサイトで発表されている年収を見て見ると、平均年収は約500万円ほどのようです。これは、Javaのエンジニアの平均年収が490万円なので、Javaよりも多少年収が高い結果がでています。
しかし、PHPの知識だけではなくJavaの知識をあなたが身につけたとしたら、この金額も大きく変わってきますよね。企業が求めているのはその人がお客様が来てくれるwebページやゲームを開発してくれることだと考えると、エンジニアとしてのスキルを身につければ身につけるほど、あなたの収入も増えていくのではないでしょうか。エンジニアとして働ける求人の枠もスキルが増えることによってさらに広がります。

一般企業専属のPHPエンジニアとして働いて多くの経験を身につけた後に、フリーランスのPHPエンジニアとしてさらに多くの年収を得るという働き方を選択するエンジニアが増えてきています。PHPエンジニアとしての年収をアップしたいのであれば、スキルと経験も同様にアップしていく必要がありそうです。現在の仕事からの転職を考えている方、今後のPHPエンジニアの将来性に魅力を感じている方は、まずはPHPの知識だけではなく多くの経験と知識を身につけることをおすすめします。すぐに大きな稼ぎに繋がる保証はありませんが、将来的に優秀なエンジニアになって高い年収を得ることは可能性があります。是非、検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニア専門のエミリーエンジニアにご相談ください!

PHPエンジニアが活躍できる環境は、近年ますますその幅が広がっています。そのため、転職するなら転職支援サービスを利用して、より多くの求人を比較検討していくことが必要となります。だからこそ、満足いく仕事を続けたくないですか?

エミリーエンジニアでは、フリーランスとして活躍されているPHPエンジニアの案件紹介を行っております。

【エミリーエンジニアのご紹介】

  • 企業側、フリーランス側のケアを、同一チームが担当するから安心
  • 大手事業会社や成長ベンチャーで環境もスキルもアップ可能
  • 直請け案件が多いので満足いく報酬
  • 福利厚生サービスが自己負担なしで受けられる!

エミリーエンジニアに登録をいただき、案件に参画頂いたPHPエンジニアのかたには、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が提供するベネフィットプラン(有償サービス)をなんと全額補助いたします。PHPエンジニアとして、満足いく仕事を行っていきたいと考えている方は、まずは是非エミリーエンジニアまでご相談ください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります