JOB
公開日:

注目のキャッシュレス業界とは?エンジニア求人・案件動向は?

IT技術の進化やスマホの普及により、様々な業界でテクノロジー化が進んでいます。2018年・2019年で最も注目されているのが決済のテクノロジー化を進めるキャッシュレス業界です。今回はキャッシュレス業界のサービスや動向、今後の求人動向について解説します。 

キャッシュレス業界とは 

キャッシュレス業界とは、決済のデジタル化に伴い、キャッシュレスを実現するサービスを提供している業界です。旧来でも、クレジットカードや電子マネーといったキャッシュレスの波はありましたが、近年、スマホの普及により新しい形のキャッシュレスサービスが増えており、政府もキャッシュレス化を後押ししています。 ひとことでキャッシュレスといっても、新旧様々なサービスがあります。まずは、キャッシュレスサービスの種類をご紹介します。 

注目のQRコード決済 

昨年より国内で注目を集めているキャッシュレスサービスが、PayPay、LINEPay、楽天ペイ、ORIGAMIなどのQRコード決済です。世界的にみると中国のAliPayが有名で、日本国内でもインバウンド需要に伴い導入が進んでいます。 

QRコード決済が注目されている理由は、ユーザー向けに大々的なキャッシュバックキャンペーンを実施しているからというのこともありますが、導入する小売店側の手数料負担もなく中小規模の店舗でも導入しやすいという背景があります。 日本では、ソフトバンク、楽天、LINEなどの大手IT企業の参入が相次いでいますが、携帯キャリアやみずほ銀行、メルカリ、AmazonもQRコード決済を提供しています。 今後は、ファミリーマートやセブンイレブンといった流通業界の参入も予定されており、サービス提供事業者も急増していますが、大手企業が自社の会員基盤を使い参入する方針が目立ちます。 

バーチャルカード(スマホアプリ) 

バーチャルカードと呼ばれるサービスも、最近スマホアプリを活用した新しいキャッシュレスサービスとして登場しています。バーチャルカードとは、プラスチックのカードが発行されず、インターネット上の決済のみで利用できるVisaなどのブランドがついたバーチャルなカードです。いままでも三井住友などの銀行やライフなどのクレジットカード会社が発行するバーチャルカードがありましたが、最近では、スマホアプリで発行できるバーチャルカードが登場しています。 

Kyashやバンドルカードが代表的なサービスですが、従来のバーチャルカードと決定的に違うのは、本人確認がいらずインターネット上に限らずリアル店舗でも利用できるという点です。本人確認が不要なので、即座にカードが発行され、Visa加盟店のリアル店舗で利用できるので、若年層などに普及しています。 

個人間送金 

アメリカで若年層を中心に普及しているVenmo(ベンモ)に倣い、日本では割勘アプリと呼ばれるKyashやpaymoのような企業が個人間送金サービスを提供していました。 

しかし、2019年に入りQRコード決済業者が個人間送金への対応を進めており、2019年5月現在では、LINEPayやPayPay、楽天ペイも個人間送金に対応し、大々的なキャンペーンも実施されています。 キャッシュレスの老舗であるPay-Palももともとビジネス送金のみでしたが、2018年から個人間送金にも対応するなど、今後も大手はもちろん、スタートアップやベンチャー企業からもプレーヤーが増えそうです。 

一般的となった電子マネー 

従来のキャッシュレス化で、既に普及しているのが電子マネーです。 SuicaやPasmoなどの交通系電子マネーやnanacoやwaonなどの流通系電子マネーが普及しており、年間の決済件数は、2016年に約52億件、2018年には約59億件まで増加しています。 

参考:決済動向(2019年3月)/日本銀行 決済機構局

クレジットカード 

旧来のキャッシュレスサービスといえばクレジットカードです。 生活に根付いたサービスですが、諸外国と比較すると日本はまだまだ利用率が低いと言われています。そのような状況の中、経済産業省も2025年の大阪万博までにクレジットカードを中心にキャッシュレス比率を40%まで高めることを目標に掲げており、今後の動きに注目が集まります。 

参考:キャッシュレス・ビジョン/平成30年4月 経済産業省 商務・サービスグループ 

キャッシュレス業界の企業動向は? 

旧来のキャッシュレス決済に加え、今後もIT事業者流通系企業の新規参入や、ベンチャー・スタートアップ企業の参入が見込まれます。

資金決済法の改定により平成22年から平成29年までで資金移動業の登録業者は5倍、年間取扱額は1.1兆円にまで急増しており、この傾向は今後も続くとみられています。 既存の顧客基盤を活用したサービス提供をする事業者が多く、比較的大手企業が多い印象です。資金力がある企業も多く、今後はエンジニアを中心に人材採用がさらに活発化していくことが予想されます。 

参考:キャッシュレス・ロードマップ 2019 /一般社団法人キャッシュレス推進協議会 

サービスが多様化するFintech業界 

キャッシュレスに代表されるFintech業界では、決済にとどまらず幅広い金融関連サービスのデジタル化が進んでいます。 

<Fintechの代表的なサービス> 

  • 決済(PayPay、LINEPay、楽天ペイなど) 
  • 送金(LINEPay、Kyash、Paymoなど) 
  • 資産運用(One Tap BUY、THEO、WealthNaviなど) 
  • 保険(大手保険会社)
  • 家計簿(MoneyForword、Zaimなど) 
  • 仮想通貨(GMOコイン、DMMコインなど) 
  • オンライン融資(LENDY、アルトアなど)
  • クラウドファンディング・P2Pレンディング(CAMPFIRE、Ready Forなど)
  • 与信(SPEEDA、ZUUなど) 
  • クラウド会計(Freee、弥生会計など) 

このように、Fintech業界といっても多くの金融サービスがあります。市場規模が拡大しているサービスもありますが、まだまだ投資フェーズのサービスも多いのが現状です。 

Fintech・キャッシュレス業界求人動向 

多くの金融サービスや関連サービスが台頭しているFintechですが、比較的新しい業界のため、人材を必要としている企業が多いです。特にサービスの要となる開発職は、高い技術力が必要とされますが、経験者はごくわずかです。業界未経験であっても、開発スキルや業務知識、業界への興味があれば採用のチャンスはあります。 

Fintechやキャッシュレス業界では、AIやIot、機械学習、高度なセキュリティ技術などの最先端技術が幅広く必要とされています。どれも業界経験者はまだまだ少数なので、独学で知識をつけ自分で開発経験を積むことも有効です。興味はあるけど経験が…というエンジニアの方も多いかと思いますが、まずは空いた時間を活用して独学で学び何かをつくってみてはいかがでしょうか。仕事としてのキャリアだけでなく、個人的に作ったものもキャリアとしてアピールできます。 

Fintechは、比較的新しい業界です。Fintech関連の事業者は、大手企業も多いですが、スタートアップやベンチャー企業も多く、事業としてはまだまだ未熟な場合も多いです。投資フェーズで不安定な企業も多いということ念頭に、企業選びを進めてみてください 

エンジニアにとってはチャンスが豊富な業界 

Fintechやキャッシュレス業界は、経験者が圧倒的に不足しており、キャリアアップを考えるエンジニアにとってはチャンスです。最先端技術を使った開発経験は、キャリアアップにつながります。 特に、フリーエンジニアの場合は、現場での先端技術の開発経験は、その後の収入アップに直結するキャリアになるはずです。Fintechといっても、サービスの開発言語は新しいものばかりではありません。JavaやPHP、Ruby on RailsやPythonなどサービスごとに異なるのです。興味があれば、今までのキャリアを活かしつつキャリアアップを目指すことも可能です。 

ただ、サービスだけでなく、企業の状況もよく把握し案件を選びましょう。伸びている業界とは言え、まだまだ安定的に利益をあげることができている企業はごくわずかです。案件の募集要項だけでは、収益性まではなかなか確認できないかと思いますが、面談の際に会社の状況を確認しておくとよいでしょう。Fintechやキャッシュレスに興味はあるけど心配という場合には、エンジニア専門のエージェントにご相談を。 

エージェントは、多くの企業を見ており、客観的に企業の状況を把握しています。自分のキャリア形成も含め、無料で相談可能なサービスも多いです。エミリーエンジニアであれば、直案件も豊富で、企業情報を担当者が直接把握しており、適切なアドバイスを受けることができます。 Fintech業界・キャッシュレス業界が気になる方は、ご登録の上、一度ご相談下さい。 

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります