JOB
公開日:

フリーランスのFuelPHP案件って稼げるの?

FuelPHP

エンジニアであれば、Webアプリケーションの開発でPHPを使った経験がある方も少なくないと思います。開発作業の工程を少なくするためによく使われるのがWebフレームワークです。PHPのWebフレーワークは種類が多くあります。

  • FuelPHP
  • Symfony
  • Codeigniter
  • CakePHP
  • Laravel

有名なものとしては上記のものがあります。今回は、FuelPHPを取り上げて「どんな特徴があるのか」「エンジニアとしての案件にはどんな内容があるか」「将来性はどうか」といった観点でお話させていただきます。

Fuel PHPとは

Fuel PHPは、2011年にリリースされた比較的新しいフレームワークです。Symfony、Codeigniter、CakePHPといった他のフレームワークが持ついい特徴を組み込んで開発されています。具体的な特徴を見ていきましょう。

規約より設定

FuelPHPは、フレームワークによって決められた制限が少なく、開発者が高い自由度を持って開発することができます。Ruby製フレームワーク「Ruby on Rails」の場合、全く逆の「設定より規約」という方針を取っています。Rails側で定められている規約に従ってソースコードを記述することにより、必要な機能を簡単に実装できます。一方、FuelPHPでは必要最低限の規約しか用意されていません。Railsに比べて記述量は多くなりますが、シンプルで読みやすいソースコードを書くことができます。

Railsでは、規約から外れたコーディングを行いたい場合には複雑な記述が必要になってきます。しかし、FuelPHPではコーディングの自由度が高いため、一貫してシンプルなソースコードを維持できます

最先端のフレームワーク

PHPはIT技術の変化に合わせてアップデートを繰り返してきました。PHP1.0から始まり、何度も改修を繰り返して最新版の7.3までリリースされています。他の多くのPHP製フレームワークは、古いバージョンのPHPをサポートしていますが、FuelPHPの場合にはPHP5.3以上が必須となります。サポートしているバージョンが限られている分、シンプルなフレームワークになります。

メンテナンスが容易

Webフレームワークには、「MVCモデル」が採用されています。これは、

  • 処理の中核を担う「Model
  • 表示/出力を司る「View
  • ユーザーからの入力を受け取りViewとModelを制御する「Controller

以上の3種類に役割を分けてコーディングをするモデルのことです。複雑なWebアプリケーションの場合には、Model/Viewに対する複雑な処理をControllerのソースコードに記述してしまうケースがあります。その場合、1ファイルごとのソースコードが大きくなりすぎて、システムの品質が落ちてしまったり、メンテナンスに手間がかかってしまいます

その点、FuelPHPでは「ViewModel」というViewやModelに対する処理をControllerから分離する仕組みを取り入れています。そのため、Controllerはリクエストの処理に専念することができ、本来の役目以外の処理をソースコードに記述せずに済みます。この仕組みのためにメンテナンスが容易になります。

フリーランスのFuelPHP案件の内容とは

続けてFuelPHPの案件にはどういった種類があるかを見ていきましょう。例を挙げると下記のようなものがあります。

  • 子供教育向けのwebシステム
  • キューションアプリ開発
  • ゲーム開発
  • スマートフォン決済サービス
    etc

クライアント企業の業種によって異なりますが、Webアプリケーション開発が多くあります。他には、一般消費者向けのWebサービス開発にFuelPHPが使われているケースもあります。例えば、食べ物の宅配サービスを展開している「出前館」のスマートフォン用サイトの開発にFuelPHPは使用さています。下記のサイトにて、作成されたアプリが一覧でまとめてあるので興味がある方は一度見てみてください。
FuelPHP まとめ Wiki : FuelPHP の利用実績
http://goo.gl/68MMc

このように、FuelPHPを使えば様々な種類のWebアプリケーションの開発も可能です。扱える案件にも大きな制限はありません。ただ、案件を発注する側がフレームワークとしてFuelPHPを選ぶかどうかには目を向けた方が良いです。そこで、「今後の将来性はどうなのか」という観点をみてみましょう。

>> エミリーエンジニアで募集中のPHP案件を見てみる

Fuel PHP案件の将来性はあるの?

数あるPHPのwebフレームワークの中でも、FuelPHPは根強い人気があります。現在、PHPのフレームワークとして勢いがあるのはLaravelやCakePHPです。FuelPHPはこの2つに次いで案件数が豊富です。FuelPHPは、CodeIgniterというフレームワークから派生して誕生した経緯があり、もともと自由度が高い開発を求めていたエンジニアには今でも人気があります。

ただ、今後さらに案件数が増えていくことは難しいと思います。他のフレームワークの人気が増してユーザー数が増えてきている一方、FuelPHPはユーザー数が少しずつ減少しているからです。今後も使用するユーザーが増えていくことは考えにくいでしょう。

Fuel PHPエンジニアの単価相場は?

続けて、Fuel PHPエンジニアの単価相場を見てみましょう。フリーランスエンジニア向けに出ている案件を見ると、FuelPHPの案件は月収55~80万で単価が設定されています。特徴に関する内容で話した通り、FuelPHPは自由度が高いフレームワークです。その分、システムを開発するエンジニアのスキル次第でどれだけメンテナンスしやすいシステムになるかが変わってきます。プロジェクトを発注している企業としては、しっかりとスキルを持っているエンジニアに仕事を頼みたいと考えており、単価を見ても比較的高い水準で設定されています。ただ、やはり注意点は案件の数です。将来性の内容でも触れた通り、現在のところLaravelやCakePHPと比較して案件数は多くありません。その点は認識しておく必要があるでしょう。

PHPは、Webエンジニアにはなじみのあるプログラミング言語です。  …
続きを読む
PHPエンジニアとして活躍するためには PHPは世界でも知名度が高く様々な…
続きを読む

フリーランスがFuel PHP案件で稼ぐためには

Fuel PHP案件の中でも、高い単価が設定されているものにはある程度の条件があります。どういったスキルや経験があれば高単価で仕事を受けられるのかについて見てみましょう。

①LAMP環境への理解/構築経験

Webアプリケーションを開発する上では、LAMP環境に対する理解が必要になります。LAMPとは、Linux/Apache/MySQL/PHPというサーバーを構築する上で欠かせない4要素の頭文字を並べたものです。PHPエンジニアと一括りに言っても、LAMP環境の構築経験があればwebサービスが動作している裏側まで考慮して仕事を進めることができます。高単価を出している案件では、当然ながら多くのエンジニアが募集してきます。そこで選ばれるためには、複数の視点でプロジェクトを見る能力が必要になってきます。LAMP環境の知識があれば、Webアプリケーションを形作るフロントサイド/バックサイドそれぞれの視点を持てるため、理解が深いエンジニアとして重宝されます。

②様々なフレームワークに関する経験

PHPには多くのフレームワークがあります。よく使われているフレームワークの種類も時代とともに変化してきました。もし1種類のフレームワークしかスキルを磨いていなかった場合、流行から外れた場合にエンジニアとして活躍することが難しくなっていきます。そのため、エンジニアとして高い単価で仕事を受けるためには様々なフレームワークを扱えるようになる方が良いです。

③PHP開発年数

FuelPHPに限った話ではありませんが、PHPエンジニアとしてどれだけ経験があるのかは重要になります。フリーランス向けのPHP案件を見てみると、「PHP開発経験3年以上」「Webアプリケーション開発経験2年以上」など数年単位の開発経験が条件になっています。たとえフリーランスという立場でも、経験年数によって単価は変わってきます。長い経験を持っている人ほど、単価が高くなっていく傾向があるのです。そのため、まずは雇用形態にこだわらず開発経験を積む選択肢も考えてみましょう。

インタビュー 岡村さん
岡村さん(36歳)
メインスキル PHP, Swift, Objective-C, Unityなど
フリーランス歴 2年目

利用者の声
実務未経験の分野でも、最高の案件を見つけてくれた

自分では使ったことあるけど、実務経験としてはやっていないAR/VRやSwift案件を希望したのですが、他のエージェントさんですと「実務経験が無いものは無理です」という雰囲気がアリアリと出ていてあまり真剣に聞いてくれず、流されていたんです。
そういう体験が複数の会社であったので、【エミリーエンジニア】では真剣に要望を聞いてくださったのが印象的でした。おかげさまで、私の希望にマッチするAR/VRの案件やSwift案件を探して提案してくださったことには感謝しております。

インタビューの続きはこちら

まとめ

今回の記事では、FuelPHPの概要や案件の内容/条件についてお話させていただきました。FuelPHPは特に日本で人気の強いフレームワークです。ただ、世界的に見ると人気は下がってきています。そのため、FuelPHPのスキルを磨いていくとしても、リスク管理については考えておきましょう。エンジニアとして継続的に活躍していくためには、1つの技術だけに特化するよりもたくさんの技術を幅広く対応できる方が良いです。IT業界は今後もどんどん変化していくことを念頭に置いて、エンジニアとして活躍し続けられる人材を目指しましょう。

現在のご自身の市場価値や具体的な案件情報を知りたい方は、一度専門のエージェントに相談してみると良いでしょう。

実際の案件や単価の詳細やFuel PHPエンジニアのキャリアについてなどお気軽にご相談ください。
まずは下記より無料会員登録を!

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開の案件も多数あります