JOB
公開日:

フリーランスのReact.js案件って稼げるの?

フリーランスのReact.js案件って稼げるの?

今回の記事では、「JavaScriptを使用してWebアプリケーションの開発に携わっていた方」「これから携わりたい方」「モバイルアプリでJavaScriptを活用したい方」に向けてReact.jsについて紹介していきます。

昨今、Webアプリケーションの開発にはフレームワークが用いられていることが主流になっています。フレームワークを使えば、開発ステップを少なくして短時間でリリースが可能になることに加え、改修が容易になります。Webアプリケーションは、なにか問題が起きたときには即座に対応する必要があります。そういった運用面を考慮すると、フレームワークを活用して開発を行うことがプロジェクトの主流となっています。この考え方はWebアプリケーションのみならず、様々なシステム開発で重要視されています。今回はそのフレームワークの一つであるReact.jsについて、下記の項目を紹介していきます。

React.jsとは

React.jsはJavaScriptを用いて、Webアプリケーションにおけるユーザーインターフェースを構築するためのフレームワークです。React.jsはFacebook社がOSS(Open Source Software)として公開しています。大きな特徴として仮想DOMのレンダリング機構が装備されていて、Webページの表示処理が高速になる機能を有しています。Webページの変更があった際には、差分変更のみを再表示するユーザーインターフェイス(UI)に効果的です。

React.jsを活用する企業

スクリーンショット Netflix Airbnb Yahoo
React.jsを活用する企業例
Netflix Airbnb Yahoo

続けて、React.jsはどのような場面で使用されているのかを見ていきましょう。複雑なWebアプリケーションやSPA(Single Page Application)での活用が期待されています。具体的に活用している企業としては

  • Netflix 世界中にユーザーを持つ動画配信サービス
  • Airbnb 世界最大手の民泊仲介サービス
  • Yahoo 世界最大手の情報検索サービス

などといった規模がかなり大きい企業で使用されています。規模が大きい企業で利用されている理由として、管理しやすい設計になっている点があります。Reactは、アプリケーションは小さい部品(コンポーネント)の集合体であるとの指向から設計されており、大規模なアプリケーションになるほど管理しやすいという長所を発揮することができます。この特徴を持っていることで、大規模なサービスを展開しているIT企業で多く採用されているのです。

React.js 案件の内容とは?

React.jsの案件としては、予約受付サービス仮想通貨取引マッチングアプリゲームAI関係広告関係など多岐にわたって幅広い分野のものがあります。幅広い分野で活躍しているフレームワークであるため、エンジニアとしても案件を選ぶ際には興味を持てる分野を選択することができます。仕事をするうえでは、興味を持てる分野で作業を行ったほうがパフォーマンスの向上は望めます。近年では、AIや仮想通貨のシステムに関する案件も出てきていることから、最新技術に触れられる可能性がある点は魅力的です。

案件の内容を具体的に見ていくと新規開発ものが多く、大規模な開発に向いているフレームワークであることから規模が大きな開発案件が多いです。

React.js の将来性はあるのか?

続けてReact.jsの将来性について見ていきましょう。Webアプリケーションの仕事がなくならない限り、React.jsの案件はなくならないです。「情報を保持する」「情報を発信する」といった機能を使うにあたり、Webアプリケーションの存在は必要不可欠です。予約の受付やアンケートなどはWebアプリケーションの最たる例です。そのWebアプリケーションの開発ツールとしてすでに、React.jsを使用している企業が多く存在しています。そういった点から、React.jsの案件がなくなる可能性は低いと考えてよいでしょう。

React.jsと仮想DOM

React.jsは、仮想DOMの仕組みで市場を占有しました。仮想DOMの仕組みを用いたフレームワークにはいくつか種類がありますが、React.jsはユーザーの要望にいち早く答えました。他のフレームワークに先んじてリリースされたことから、多くのユーザに使われているのです。

React.jsの開発元でもあるFacebook社は、React nativeも開発しています。これは、Android/iOSでReactを利用したネイティブアプリ開発用に作られたフレームワークです。Facebook社は、ReactでWebアプリケーションに限らない様々な開発をできる目標を掲げており、現在ではAR/VRアプリ開発用にReact VRも提供しています。このようにReactは一つの分野にこだわらず、多種多様な分野で活躍していく可能性があります。将来性は高いと言えるでしょう。

React.jsの単価相場は?

React.js案件の単価相場についても見てみましょう。案件を見てみると76万前後が単価の相場の平均で、仕事の内容によっては90万~100万ちかくのものもあります。

同じJavaScriptのフレームワークと比較してみると、jQueryの単価相場は60万前後、Vueの単価相場は70万前後が平均値であることから、React.jsは比較的高単価の設定がされています。同じJavasriptのフレーワークでも単価に差があるのは、案件の内容やエンジニアとして求められる技術レベルに違いがあるからです。

jQueryは、少し古いフレームワークであるために扱えるエンジニアが豊富にいます。エンジニアの供給が十分にあることから低めの単価設定がされています。

React.jsとVueは、まだまだ扱えるエンジニアの数が少ないために需要が供給を上回っており、単価が高く設定されています。加えて、React.jsの方がVueより高度な技術が要望されていることも高単価の要因にあります。ちなみに、Facebook社が開発したフレームワークとしてReact nativeも見てみると、React.jsと同等の単価が設定されています。エンジニアとして参画するには、Reactを抑えておくことで高単価が期待できると考えてよいでしょう。

 JavaScriptでアプリケーションの開発を行う上では、フレームワークの使用…
続きを読む
 エンジニアとして、JavaScriptの勉強を始めようと思っている方やWebペ…
続きを読む

React.jsの案件で稼ぐためには?

React.jsを扱うエンジニアとして高単価を得るためには、案件を掲載している企業が「なぜReact.jsを使うか」を説明できるまでフレームワークについて詳しくなりましょう。React.jsを扱えるエンジニアを募集している企業には、React.jsを使って成し遂げたい目的があります。1人のエンジニアとして案件を見た時に、「どんな理由で」「React.jsだとこれができるから」といった視点で説明できるほどフレームワークに詳しければ、依頼する企業としても安心して仕事を任せることができます。

フレームワークについて調べていくとJavaScriptのフレームワークには多くの種類があることに気づくと思います。フレームワークの種類は時代とともに変化してきています。もし1種類のフレームワークしかスキルを磨いていなかった場合、流行から外れた場合にエンジニアとして活躍することが難しくなっていきます。そのため、エンジニアとして高い単価で仕事を受けるためには様々なフレームワークを扱えるようになっていた方が良いしょう。案件によってはReact.jsへの移行という案件もでてきます。そういったときに即戦力で高い単価で自分を売り込むことができます。

まとめ

以上、React.jsについて紹介しました。React.jsを学ぶことで稼げるエンジニアになれる可能性は高いです。jQueryのようにいつかは古いフレームワークとなって新しい技術に取って代わられえるときが来るかもしれませんが、それはすべてのフレームワークに対して言えます。ただ、React.jsであればWebアプリケーションのみならず、新しい分野にも行動の視野を広げることができるフレームワークと考えてよいでしょう。もし現時点で「どのフレームワークをどれ使えばいいかわからない」「モバイルアプリを作ってみたい」と考えているならば、React.jsを活用してみてはいかがでしょうか。

React.jsやその他のJavaScriptフレームワークの案件も多数ご用意しています。
まずは無料会員登録からお気軽にご連絡ください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJavaScript案件も多数あります