JOB
公開日:

フリーランスのVue.js案件って稼げるの?

フリーランスのVue.js案件って稼げるの?

JavaScriptを使用して「Webアプリケーションの開発に携わっていた方」「これから携わりたい方」に向けて、今回はVue.jsについて紹介していきます。

昨今、Webアプリケーションの開発にはフレームワークが用いられていることが主流となっています。なぜならば、「開発ステップを少なくして、webアプリケーションを短い時間でリリースでき、改修が容易」だからです。Webアプリケーションの開発に関して、大幅に工数を削減できることから多くのプロジェクトでフレームワークが使われています。今回はJavaScriptフレームワークの一つであるVue.jsについて下記のような項目を見ていきます。

Vue.jsとは

Vue.js スクリーンショット
Vue.js トップページ

Vue.jsはJavaScriptを用いて、Webアプリケーションにおけるユーザインターフェースを構築するためのフレームワークです。

JavaScriptのフレームワークといえば有名なものにjQueryがあります。しかし、jQueryではDOM操作を自分で行わなければいけないといった弱点がありました。その問題を解決した上位互換のフレームワークがVue.jsです。どういった点で差があるのかVue.jsとjQueryを比較してみましょう。

気軽に使える

Vue.js はjQueryと同様に、scriptタグを1行書くだけで使い始めることができます。

DOM操作を自動的に行ってくれる

HTMLドキュメント全体の要素の構成DOM(Document Object Model)といいます。Vue.jsはHTMLの要素とJavaScriptの値やイベントとの対応付けを自動で行ってくれます。これにより、jQueryよりも簡潔に分かりやすくコードを書くことができます

学習コストが低い

AngularやReactと比較してフレームワークの規模が小さい分、覚えることも少なくて済みます。JavaScriptやjQueryの基礎知識があれば数時間の学習で開発を開始することができます


上記のように、jQueryの良いところを踏襲した上でさらに使いやすくなったフレームワークです。Vue.jsが使用されている場面としては、主にSPA(Single Page Application)開発で使われることが多いです。SPAとは端的に言えば差分のみを更新する機能のことです。SPAを使うことでページ全体ではなく、ページ内の必要な個所だけを更新することで通信量の負荷を減らすことができます。これにより、多くの企業がこのSPA開発にVue.jsを利用しているのです。

Vue.js 案件の内容とは?

エンジニアとして参画するVue.jsの案件としては、Webアプリケーションの開発がメインになります。実際に調べてみると、予約受付サービス仮想通貨取引AI関係広告関係IoT関係など案件の種類は多岐にわたります。vue.jsエンジニアとして案件を選択する際にも、その幅が広いために業界を選んで仕事を受けることができます。近年では、AIやIoTでも案件も出てきており、最新技術に触れながら仕事ができる点も魅力的だと言えるでしょう。

Vue.jsはすでに使用している企業も多いため、新規開発案件だけでなく運用/保守といった案件もあります。ただ、新規開発に比べると運用/保守の場合には単価が低くなる傾向にある点は留意しておく必要があるでしょう。

Vue.js の将来性はあるのか?

続けてVue.jsの将来性について見ていきましょう。Webアプリケーション関連の仕事がなくならない限り、Vue.jsの案件は無くなりません

日本においてインターネットが普及したのが、1984年。それから30年近くたった今、インターネットは目覚ましい発展を遂げています。AIやIoT、クラウドなど、まだまだIT業界は発展途上です。様々な技術の中でも、Webアプリケーションはインターネットが普及した当初から活躍しています。

「情報を保持する」「情報を発信する」といったことに関してWebアプリケーションの利用は必要不可欠な状態になっています。予約の受付やアンケートなどはWebアプリケーションの最たる例です。そのWebアプリケーションの開発ツールとして、すでにVue.jsを使用している企業は多くあります。Webアプリケーションの開発のメジャーなフレームワークとしての地位を築いているのです。この点を見ても、Vue.jsの案件がなくなるとは考えにくいでしょう。

開発者目線で見るVue.jsの将来性

開発者の目線から見ても、Vue.jsの将来性には期待が持てます。Vue.jsは、開発者であるEvan You氏と開発コミュニティにより支えられており、GitHubのスター数がReactやAngularよりも多いです。認知度が高く、愛用し続ける開発者がいるフレームワークなのです。

また、Vue.jsの使用言語であるJavaScriptは将来性が高い言語です。JavaScriptといえば、主にフロントエンドのシステム開発で使われているため、バックエンドとしてはあまり馴染みがありません。しかし近年、バックエンド開発にJavaScriptを使用できるよう開発されているフレームワークが世の中に登場してきています。今後は、バックエンドもフロントエンドもJavaScriptを使用する企業が増加する見込みが高いです。

Vue.jsの単価相場は?

Vue.jsの単価相場についても見てみましょう。案件を調べてみると、70万前後が単価の平均になります。もちろん仕事の内容によっては90万~100万近くの案件もあります。

同じJavaScriptのフレームワークとも比較してみると、jQueryの単価相場は60万前後Reactの単価相場は76万前後となっています。それらと比較してもVue.jsは間を取った単価となっています。でもなぜ、同じJavaScriptのフレームワークであるのに、単価が異なるのでしょうか。

jQuery / React /Vue.jsの案件単価の違い

jQueryは、古くから使われているフレームワークであるため扱えるエンジニアが豊富であり、比較的運用面の案件もあることから新規開発よりは既存システムの維持などが多く見受けられます。エンジニアの供給が多いことに加えて、運用保守案件が多いことから単価が低く設定されがちなのです。

比べてVue.jsReactに関しては、これから新規開発をしようと考えている企業の割合が多く、まだまだ歴史が浅い技術であるためにエンジニアも不足しています。この現状から比較的高い単価設定がされています。

フレームワークの種類が違うと言っても、Vue.jsとReactどちらも実装する機能には大きな差異はありません。扱うフレームワークの種類が違うだけで、案件の内容もほとんど変わらないです。ただ、Reactの方がVue.jsより高度な技術が要求されます。Vue.jsはどちらかというと、簡単にコードを組めることが目的としているために操作性が高いです。その分、Reactはベテラン向けであることから少し単価が高く設定されています。

フリーランスのReact.js案件って稼げるの?
今回の記事では、「JavaScriptを使用してWebアプリケーションの開発に携…
続きを読む
 エンジニアとして、JavaScriptの勉強を始めようと思っている方やWebペ…
続きを読む

Vue.jsの案件で稼ぐためには?

Vue.jsの案件で稼ぐためには、Vue.jsを使用して個人での成果物を作りアピールすることが有効です。 エンジニアを募集している企業としても、複数の応募者から選ぶには経験と人柄を見るしかないケースがほとんどです。Vue.jsを使った個人としての成果物があれば、他のエンジニアと自分を差別化するポイントにすることができます。

Vue.jsは他言語に比べて学習のハードルが低い言語です。個人で簡単に始めることができるため、しっかりと成果物のゴールを決めて学びながら取り組めばWebアプリケーションを自分で作れます。アピールポイントを増やすためにも、1つは個人としての成果物を作ってみましょう。

Vue.jsだけでなく、他のフレームワークにも知見を広げてみる方法も効果的です。JavascriptのフレームワークはVue.jsに限らず様々な種類があります。複数のフレームワークを使いこなせれば、参画できる案件の数も増えるためぜひ取り組んでみましょう。

まとめ

今回は、Vue.jsの案件について紹介しました。単価を見ても十分な水準で設定されているフレームワークですし、今後の将来性にも期待が持てます。他のフレームワークと違って、個人での開発が行いやすい点も魅力的です。案件に入ってからフレームワークを学ぶだけでなく、個人でスキルをつければつける分だけ他のエンジニアに差をつけることができます。学習するコストも高くないため、自分で使ってみて今のうちにスキルを付けましょう。

将来のキャリアプランを見据えた案件のご提案をいたします。
無料会員登録の上、お気軽にご相談ください。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJavaScript案件も多数あります