Javaフリーランスエンジニアの現状とは?

Java案件は、数多く存在するプログラミング言語のなかでも企業からの案件数が多いことが特徴です。そして、転職サイトなどでもたくさんのエンジニアの求人を見つけることができるでしょう。しかし、Javaエンジニアの人口はその需要の高さからとても多くいるため、条件の良い案件を獲得するのは難しいという声がきかれます。

これからJavaエンジニアとしてフリーランスを考えている方、フリーランスになりたての方は自分にあった条件の単価や業務内容のものを選びたいところです。そのためにもまずはJavaエンジニアを求めている業界や、Javaを使うフリーランスエンジニアの仕事内容や収入を知っておきましょう。そうすることで、実際の働く姿や理想的な働き方に近づけていくことができるかもしれません。

無料会員登録はこちら

フリーランスJavaエンジニア案件の業務内容・環境・期間を知っておこう

Javaは、エンジニアの方であれば業務内容や環境・期間などは知っていることも多いと思います。しかしフリーランスとなった場合は、その内容を改めて整理し、案件選びに役立たせる必要があります。仕事によっては好条件の案件もありますし、報酬と仕事内容が割に合わない仕事もあります。そのため、Javaフリーランスエンジニアとして働く際は、適切な評価で仕事ができる案件かということを判断する能力が必要になってきます。

Javaフリーランスエンジニア案件の業務内容は広いからこそ、選び方が大切

Javaは、プログラミング言語として歴史が長く、Javaのアプリケーションは汎用性が高いという特徴があります。そのためJavaエンジニアが必要な案件というのは、多岐にわたっています。

例えばJavaエンジニアが携わる仕事は、大手企業が関わる大規模なシステム開発から、一個のアプリの制作という仕事まで幅広くなっています。
そのようなさまざまな仕事のなかでも、以前から案件として多くみられるのはWindowsアプリの作成ではないでしょうか。また、最近ではスマートフォンの普及からモバイルアプリ作成の案件がかなり目立つようになっています。

これだけ幅広いとJavaエンジニアとして、どのような案件を獲得すればいいのか悩まれる方もいると思います。フリーランスとして活躍していくために大切なのはどのような仕事をメインに選んでいくかということです。

無料会員登録はこちら

企業内のエンジニアとして働く場合は、業務内容を選ぶことは難しくなりますが、自由に選択できることがフリーランスとして働く特徴です。そして仕事を選んでいくなかで自分の強みを見つけることができればJavaのフリーランスエンジニアとして専門的な仕事に取り組むことができ、案件単価を上げることが可能になってきます。

Javaを使う環境だからこそ求められる強みからの案件選び

Java案件を選ぶときに、自分の強みは何か? ということを考えることも大切なポイントです。Java開発の仕事は多人数で行うことが多いですが、これはフリーランスエンジニアでも変わりません。フリーランスエンジニアの仕事も他のフリーランスエンジニアと協同で行うような案件もあります。そのためプログラミングの速さが売りや、クラス設計が得意などの強みを知っておくことで有利になります。

また、仕事によってはPMなどリーダーとしての仕事を任されることもありますので、エンジニアとしての技術以外に、リーダーシップなどのスキルを身に付けておくことも有利です。自分が他の人より上回る技術やスキルを理解し、案件に参画することで、仕事を行います。そして強みがある案件で、さらにスキルを磨くことでよりよい案件の獲得にもつなげていくことができます。

フリーランスとして個人で受託する場合は、コミュニケーションや期間も注意しよう

作業内容はどのようなものがあるかお話をすると、新規システムの開発はもちろんのこと、仕様変更や追加開発の仕事などもあります。例えば、システム開発の会社に開発を依頼したけれども、納品物に納得できなくてフリーランスエンジニアに修正を依頼するということは少なくありません。

仕様変更や追加開発は、細かな仕様内容の要望が出ることもあるので、クライアントとエンジニアのコミュニケーションが大切です。すべての仕事が難しいものではなく、簡単に終わる修正案件などもありますので、案件を受ける前にはじっくりと話し合うことが大事です。

また、案件の作業期間もかなり多様です。一般的に、プロジェクト期間は短期の仕事で1ヶ月程度の案件から、3ヶ月~数年にわたる大規模案件などさまざまです。なかには、週末までに納品して欲しいといったような超短期の仕事もあります。フリーランスの場合は、会社で働くのとは異なり、コミュニケーションも、実際の時間もすべてコストが発生します。そのため慎重な案件選びが重要です。特に個人として受ける場合はすべてが自分の収入に関わってきます。

フリーJavaエンジニアの求人や案件が多い業界や動向から今後を考える

今でもJavaのエンジニアは、Javaだけを使うことができれば良いという仕事はそこまで多くありません。それは、Java以外にもPHPを利用しないといけないことがあるように、他のプログラミング言語を利用しないといけないことが多いからです。そのため、Javaのフリーランスエンジニアとして成功するためには、いろいろなプログラミング言語を習得しておくことが大事です。

そしてJavaエンジニアの求人はWeb業界からの依頼が多い傾向にあります。「自分の会社ではこれができないからJavaの技術があるエンジニアやプログラマーになんとかして欲しい」といったようなクライアントが多くいるからです。他にも、通常の一般企業からも「業務管理システムをJavaで構築して欲しい」といったように多様な案件がやってきます。フリーランスエンジニアにとって、業界の動向に気を配っておくことは大切です。フリーランスだからといって業界事情とは無縁でいいというわけではありません。

例えば、変化が速いといわれるWeb業界では、今だとモバイルアプリが全盛ですが、こうした流れがいつまで続くのかというのは誰も想像がつきません。そして今、現状求められている業界や業務について、社内のエンジニアやプログラマーができることを、フリーランスエンジニアが対応できないようだとフリーランスとして仕事の獲得にも影響していきます。

他にも、これはJavaに限ったことではないですが、自分が専門としているプログラミング言語の将来性についても常に考察しておくことも大事です。プログラミング言語についても、今はJavaが多く使われていますがいつまでもこうした流れが続くとは限りません。以前は業界の主流であったC言語のように、新しい言語が登場すればJavaも廃れてしまうこともあります。

Javaはかなり高度かつ複雑な言語です。言語自体の脆弱性が見つかれば他のPythonなどのプログラミング言語に人気が集まることもあるかもしれません。こうしたこともJavaフリーランスエンジニアとして働いているならば気にかけておきたいところです。

Javaフリーランスエンジニアが採用する仕事のスタイルもさまざまになってきていることもポイントです。最近ではシステム開発の会社に勤めつつ、Javaのフリーランスエンジニアとして働いている人も多くいます。他のフリーランサーと差をつけるためにフリーランスなのに事務所を構えるという人もいるくらいです。フリーランスエンジニアとして活動をしていくと考えている方は、現在勤めている会社以外に、どのように仕事に取り組むかということを早めに確立しましょう。

Javaフリーランスエンジニアの報酬・単価について

Javaフリーランスエンジニアの単価は仕事によって多様に変わってきます。例えば、納期が1ヶ月程度の仕事であれば低単価案件で40~50万円程度の案件があったり、本サイトを運営している私どもエミリーからの案件獲得では65~85万円といった高単価案件があったりとさまざまです。

無料会員登録はこちら

また、報酬や単価に関わらずフリーランスエンジニアとして仕事をするうえで、気をつけておきたいことがあります。

例えば、案件を完了しても支払いがされなかったり、納品後にクレームが発生して支払いがされなかったりということがあります。フリーランスエンジニアとして活動するにあたって、このような問題にならないためには、信頼できるクライアントまたはエージェントを見つけることが大事になってきます。

フリーランスエンジニアだと仕事も掛け持ちできるので、一度にいくつも仕事を持っているなんてことも珍しくありません。これは人にもよりますが、フルタイムでJavaフリーランスエンジニアとして働くならば月収は100万円以上目指すことも可能です。

つまり、働き方やスキルによって、企業に務めるエンジニアやプログラマーと比較をして年収を上げることを目指せるのがフリーランスエンジニアの特徴といえるでしょう。

そのため、良い仕事を紹介してくれるクライアントまたはエージェントとはなるべく良い関係を構築するようにしましょう。できるだけ早く良いクライアントまたはエージェントを見つけることがJavaフリーランスエンジニアとしての成功するポイントとなります。

これで安心Javaフリーランスエンジニアの案件獲得方法

さきほどお伝えしたように、Javaフリーランスエンジニアとして成功するには、どれだけ自分にあった良い仕事を見つけられるかが重要なポイントです。良いJavaエンジニアだからといって仕事が多く来るとは限りません。これまで良い案件の選び方をお伝えしてきました。しかし、もう一つ重要なのが、案件の見つけ方です。これは多様な方法があります。

第一の方法は、個人的に仕事をもらうことです。プログラミングのスキルや技術はプログラマーやエンジニアによって、それぞれ強みとなることが異なります。以前勤めていた会社であれば、自分はどのような強みがあるのか理解を持ってくれる人も多くいるので、好条件の案件を獲得することができるでしょう。この場合は、まずは会社員としてシステム開発の会社で働き、個人の評価を認めてもらう必要があります。例えば、以前の仕事で知り合った相手から仕事をもらうことができれば、余計なコストをかけずに案件を獲得していくことができます。そして信頼関係を強くしていけば、定期的な発注も可能になり、フリーランスとして仕事を安定させることができます。

そのため一番おすすめできる方法といえるのです。

しかし、仕事上のツテがないという場合にはなかなか難しいということもあります。またあったとしても、フリーランスとして活動する十分な収入源としては少ない可能性もあります。そこで第二の方法として挙げられるのが、フリーランスエンジニアを紹介する案件サイトで仕事を探すということです。なぜなら、ツテがなくても手間もかからずに仕事も見つけられやすい特徴があるからです。さらにフリーランスエンジニアを紹介する案件サイトによってはエンジニアを守る仕組みや福利厚生制度があります。

そして、発注する側の企業からみても安心感があるため案件を紹介するサイトもますます増えています。このような制度があることで、フリーランスであってもエンジニアは安心して働けます。

フリーランスJavaエンジニアとしてさらなる活躍を目指すには?

Java案件は数多く、需要はとても高いです。その分、他のエンジニアと違った自分の強みを見つけたり差別化したりすることも大事になります。

エミリーエンジニアではエンジニアひとりひとりに個別の担当がつくため、コミュニケーションを取りながら自分の強みを売り出し、またその強みに合った案件を見つけることが可能です。

一定の条件さえクリアすれば、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が提供するベネフィットプラン(年額1万円)をなんと全額補助できるため、福利厚生を受けることもできるため、安心して案件に集中して頂くこともできます。

これからJavaエンジニアとしてさらなる飛躍を目指している方は、ぜひエミリーエンジニアにご登録ください。

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります