JOB
公開日:

フリーランスとして活躍を目指すJavaエンジニアに必要なスキルとは?

これからフリーランスのエンジニアとして活動をしようと考えている人はどのようなJavaのスキルを持っているべきでしょうか?

現在、Java案件の数はほかの言語と比較してもトップクラスなので、フリーランスになっても案件の獲得に困ることはないでしょう。

ただ、Javaスキルを持つフリーランスエンジニアは多くいるので、競争率は高い傾向にあります。

それに加え、案件単価によって収入も変わるので、生活を安定させるためにできるだけ高単価な案件を獲得したいことと思います。

今回は、フリーランスとして活躍しようと考えているJavaエンジニアに向けて、Java案件に必要なスキルや高単価案件を獲得するためにはどうすればいいかを詳しく解説していきます。

Javaフリーランスに必要な開発スキル・言語スキル

まず、フリーランスエンジニアが案件を獲得するには経験や実績が必要になります。

案件の内容にもよりますが、Java案件を問題なく獲得するのであれば、年単位での実務経験が必要となるでしょう。

まだ実務経験がない場合は、未経験でも開発に携われる案件を獲得して経験を積んでいくといいでしょう。

それ以外にも、スキルや知識があることを企業に対してアピールすることができれば、雇用してもらえる場合があるかもしれません。

例を挙げると、Oracle認定Javaプログラマの資格を取得すれば、企業に対してJavaスキルがあるということを全面的にアピールできるでしょう。

さらに、実際にJavaで開発したプロダクトを企業に対して公開すれば、Javaスキルをどれだけ持っているかの判断基準にすることができるので、アピールとしてはとても効果的です。

JavaにはSpringなどのフレームワークもあるため、そういったツールを用いた経験も求められる場合があるかもしれません。

Java案件とはいえ、ほかの言語スキルや開発経験スキルも必要となることがあるので、フリーランスエンジニアとして活動するなら覚えておいたほうがいいでしょう。

Javaフリーランスの単価を高めるにはスキルアップ

Java案件の単価相場は実務経験3年~5年以上で60万円~80万円となっています。

大規模な案件では長い実務経験を求めるだけでなく、ほかの言語やフレームワークなどのスキルも必須スキルとしていることが多い傾向にあります。

Java案件で80万円以上の高単価を獲得したいのであれば、Java以外のスキルを身につけ、実務経験を積むことが必要でしょう。

Javaのスキルだけを求める小さなプロジェクトにおいても、フレームワークなどのスキルを活かすことができれば、企業から高い評価を得ることができます。

その場合、高い報酬が支払われる可能性もあるでしょう。

最近では、インターネットの普及により、Javaに関する詳しい情報が載ったサイトやJavaの学習ができる本なども多く販売されているため、改めてJavaについて詳しく勉強してみることもスキルアップには最適でしょう。

また、開発やテストフェーズのみではなく、要件定義や設計フェーズなどの上流工程での経験やリーダー・マネージャーとして開発メンバーを管理していた経験などお高単価案件獲得にとってはプラスの要素となります。

Javaは多くの開発実績を持つ言語であり、活躍できる案件の幅も広いスキルとなるので、基幹業務システムやアプリケーション開発を中心としたJavaスキルを磨くと、高単価獲得を目指せるでしょう。

また、開発やテストフェーズだけではなく、要件定義や設計フェーズなどの上流工程での経験、それからリーダー・マネージャーとしてメンバークラスを管理していた経験もプラスの要素となります。

Javaフリーランスのスキルが求められる案件・求人の特徴

Java案件で最も多い担当分野は基幹業務システムの開発やテストになります。

次にWebオープンシステムやスマートフォン向けアプリケーションの開発が多い傾向にあります。

Java案件では、大規模なプロジェクト内容となるものが比較的多い傾向にあります。

また、近年ではスマートフォンの普及が増えているため、アプリケーション開発が盛んになっています。

これからもスマートフォン向けアプリケーションの需要は高まっていくことが予想されますので、Javaを用いたアプリケーション開発の経験は積んでおいたほうがいいでしょう。

一口にスマートフォンのアプリケーションといっても、Androidにおいてはほぼ全てのアプリケーションがJavaで開発されています。

そのため、どういったアプリケーションを開発するかによって作業内容も変わってくるので、作れるアプリケーションの種類は明確にしておいたほうがいいでしょう。

さらに、Androidだけでなく、iOSにも対応したアプリケーションを開発する場合は、Objective-CやSwiftなどのスキルが必要になることがあるので、Java以外のスキルを必須としている案件・求人も多いでしょう。

基幹業務システムにおいては、楽天や三菱東京UFJ銀行といった大手企業もJavaを用いて基幹業務システムを開発しているので、案件を探す際に有名な企業が出している求人が見つかるかもしれません。

フリーランスでJavaのスキルを最大限活かすには?

Javaは常にトップクラスの人気と実績を誇ってきた言語で、これからも需要が高まっていくと期待されています。

ただ、「競争率が高いから案件獲得が難しいのでは?」と心配になるエンジニアは多くいるでしょう。

また、案件の獲得だけでなく、「せっかくフリーランスエンジニアとして活躍するなら高い単価を獲得したい」と考えることもあると思います。

このように考えられる方は、フリーランス専門の案件紹介サービスを利用して案件の獲得を目指すことをおすすめします。

例えば、案件紹介サービスのエミリーでは、クライアントと直接面接を行い、報酬額や作業内容などの条件交渉を行うことができます。

面接の際には、必ずエミリーの担当者が同行するので安心して商談を進めることができるでしょう。

契約が成立し、業務が始まってからもサポートは続けて行うので、安心して仕事をすることができます。

さらに、フリーランス協会提供の有料福利厚生プランを無料で利用できるプランもご用意しております。

「自分にマッチした案件で高単価案件を獲得したい」

「スキルを磨きながら案件を獲得したい」

「実務は少ないけれども案件は獲得したい」

エミリーでは、こういった悩みを持つフリーランスエンジニアの幅広い活躍を全面的にサポートします。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります