JOB
公開日:

JavaエンジニアはSpring Frameworkを習得して、仕事の幅を広げよう

Javaのフレームワークで実用性・多様性が高く人気があるのがSpring Frameworkです。

Spring Frameworkを用いることによって、高度なプログラミング開発を容易にできるようになりました。JavaエンジニアやプログラマーであればSpring Frameworkは習得したいフレームワークのひとつといえるでしょう。

この記事ではSpring Frameworkの仕事の内容などについて紹介します。Spring Frameworkを活用した仕事に興味がある人はぜひ参考にしてください。

Spring Frameworkは開発にどう役立つのか

Springは2003年に登場したJava向けのフレームワークです。このフレームワークはJavaプログラミングにおける、さまざまな問題解決を目的として開発されました。

開発されてから10年以上経つ昨今でも、その先進性が注目されています。

Spring Frameworkの特徴としては、多様な開発ができるだけでなくプログラミング開発管理もしやすいということが挙げられます。なにより、Spring Frameworkは複雑なプログラムの開発に向いています。

具体的には、Spring Frameworkを用いることでバッチ処理なども容易にできるようになり、セクションごとの区分けをしやすくするということから、さまざまな業界の各種大型プロジェクト開発案件に採用されています。

Spring Frameworkはさまざまなサービスを提供するいくつかのモジュールから構成されています。

例えばリモート管理モジュールなどがありますが、それぞれのモジュールの働きを理解して取り入れることが大切です。

エンジニアによっては、数個のモジュールを活用することだけで満足してしまう人もいますが、せっかくSpring Frameworkを設計やWeb開発などに用いるのであれば、その真価を最大限に活用しておきたいところです。

特にトランザクション管理機能モジュールやテスト機能モジュールはかなり充実しているだけでなく、高度なテストもできますので、機能をしっかりと理解して扱えるようにするとよいでしょう。

Spring Frameworkを使った案件について

業界によっては、Javaは非常によく使われているプログラミング言語です。

そして、フレームワークとしてSpring Frameworkを用いた案件は実に多く存在します。小規模なプログラム開発の現場においても活用されますが、やはりSpring Frameworkは大型プロジェクトの開発に長けています。

もともと、このSpring FrameworkはJavaEEなどのシステム開発との結びつきが強いのですが、最近では実に多くの場面で活用されています。

シンプルなアプリケーション開発はもちろん、企業向けのかなり高度な開発にも対応しています。Spring Frameworkを用いることで業務が効率化するだけでなく、バグも格段に減ってきます。

また、Spring Frameworkを用いたアプリケーション作成の案件を獲得する為には単にJavaとSpring Frameworkだけ知っていればいいというものではありません。他にもPHPやC言語、JavaScriptなどのスキルも求められることがあるのです。特にSpring Frameworkを用いた案件は複雑なものが多いために、より多様なスキルを求められることが多くなっています。そのため、Spring Framework関連の案件を狙うのであれば関連スキルの習得も欠かせません。

Javaは市場での需要が高い言語であるため、これからもSpring Frameworkは各種現場で用いられる機会がさらに増えていくと予想されます。

ただ、常に新しいJava向けのフレームワークは登場してきているので最新動向についても確認しておくことも大事です。

Spring Frameworkを使う案件の単価

JavaのSpring Frameworkを用いる案件は企業向け基幹システムの開発といった、大掛かりで複雑な仕事が多いという特徴があります。そのため、一般的に仕事も数ヶ月単位で取り組む案件が多く、場合によっては一年以上も開発に時間が掛かることもあります。

このような背景からSpring Frameworkを用いた案件は報酬の支払い方も変わってきます。どう報酬が変わるかというと、例えば、Spring Frameworkの仕事ではボーナスが出たり、住宅手当や資格手当など各種手当が出たりといった案件もあります。そのため、トータルでどれくらいの報酬になるかは仕事を請ける前に確認しておくとよいでしょう。

また仕事の単価の平均ですが、フルタイムでプロジェクトに取り組む場合には一月換算で40万~60万円以上の報酬が目安となります。

これは仕事によってもかなり事情が異なりますが、Spring Frameworkを用いる案件はかなり複雑なスキルなどを求められることも多いので単価もそれに応じて高くなっています。

フリーランスのエンジニアの方々でも、エージェントではSpring Frameworkを用いた案件を結構もっています。

Javaエンジニアはフレームワークを学ぶことでさまざまな案件に参画できる

Javaのフレームワークには今回解説をしたSpring Framework以外にも、さまざまなフレームワークが存在します。

案件に参画する際も、フレームワークの使用経験が必須スキルとなることもありますので、市場状況や需要の動向を常にチェックして、しっかりと学んでおくことが大切です。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のJava案件も多数あります