PHPエンジニアの単価を高めるには?案件単価を解説!

さまざまな業界や職種があるなかで、IT業界で活躍したいと思われている方はとても多くいるのではないでしょうか。

そのIT業界で、花形と呼べるのが、Webサービスやアプリ開発をしている「エンジニア」です。

この記事をご覧になっている方のなかには、フリーランスで活躍されているPHPエンジニアの方もいるでしょう。フリーランスのエンジニアは、独立する前に「フリーランスは報酬が高いよ」と聞いていたのに「実際は、相場はあまり高いものとは言えず、案件や求人にも恵まれない。」と感じられている方もいるでしょう。

今回は、そんな方たちに向けて、PHP案件の単価を高めていくための情報を紹介していきます。

これから紹介する内容を意識すれば、案件単価を上げることは難しくありませんので、ぜひ参考にしてください。

PHP求人の一般的な単価について

PHP案件の報酬は、企業や業務内容、エンジニアの実績やスキルによって変動するため一概にはいえませんが、月収50万円から80万円程度とされています。

これを高いと感じるか安いと感じるかは個人差が出るところですが、会社員時代に比べると高いはずです。ちなみに、在宅案件はこれを下回る傾向にあるので、稼ぐなら常駐案件を探しましょう。

常駐案件はエージェントの協力が必要

高い案件を獲得したいのであれば、フリーランス向けのエージェントを頼ってください。そうすれば、高単価案件だけでなく、福利厚生や税金対策のアドバイスを受けられるメリットがあります。

エージェントに掲載されている案件や単価の特徴

エージェントから獲得できる案件はどのくらいの報酬が目安になるのでしょうか。

ここでは、一例としてエミリーで紹介しているPHP案件の単価を紹介していきます。

  • 医療系のWeb開発

月給~600,000円

  • 人材紹介業向けシステムの開発

月給~650,000円

  • 不動産業のサイトの開発

月給~650,000円

  • スマートフォン アプリの開発

月給~800,000円/

受注相場を決めるのはあなた次第!

これらの案件は、高いスキルを求められていることもありますが、2年以上のPHP経験があれば就業できるものも多いため、必ずしもハードルは高いとは限りません。

案件数は豊富なので、受注相場はフリーランスが決めることができるといえるでしょう。

PHPエンジニアは知識や技術を向上して単価を高めよう

PHP案件の単価を高めるためには、スキルや経験を向上することが大切です。

そのためには、技術を磨くことに務めることを意識しましょう。

スキルの現状維持では収入は上がらない

今現在、この記事を読んでいるエンジニアがある程度のスキルを持っていたとしても、そのスキルを現状維持しているようでは、今後収入を上げるのは難しいでしょう。

IT業界はめまぐるしいスピードで進化を続けているため、今持っているスキルは、2~3年後には「市場として需要がなくなる」という可能性があります。

そのため、PHP以外にも、Java、Ruby、Pythonといったプログラミング言語の習得や、新しいフレームワークの習得を目指してください。

特に、近年はAI技術の知識が求められているため、Pythonの技術は必須です。

このように、常に進化を続ければ、PHP以外のプロジェクトにも手を出せるようになります。

セミナーや勉強会に参加しよう

特にフリーランスエンジニアは、自ら勉強しなければなりません。

そのため、新技術のセミナーや勉強会に参加してください。

そういう場所でフリーランス同士のつながりを作れば、情報をキャッチしやすくなり、スキルアップにもつながります。

スキルをアピールすることも大事

あなたが、勉強し続けるエンジニアだったとしても、それを黙っていては、クライアントに伝わりません。

単価を上げたいのであれば、積極的にアピールしてください。口頭でアピールしてもいいですが、伝わりやすいように、スキルシートを作成したりするのもいいでしょう。

PHPエンジニアの単価を高める案件獲得方法

フリーランスエンジニアといえば、在宅で仕事をするイメージをお持ちの方が多いと思います。もちろん、その働き方も可能です。

しかし、先ほども触れたように在宅案件は単価が低いため、よほどキャリアと信頼を得ているフリーランスでない限り、生活していくのは難しいでしょう。

もし、あなたが本気で稼げるエンジニアを目指すのなら、エージェントに登録して、常駐型案件の求人を探してください。

エージェントはハードルが高そう……。クラウドソーシングじゃダメなの?

エージェントは、企業との面談を経てのプロジェクト採用になるため、「ハードルが高そう」と尻込みしてしまうエンジニアもいます。

特に、駆け出しのフリーランスに多いですね。そこで、全てのやり取りをネットで完結できる「クラウドソーシング」に走るエンジニアがいます。

クラウドソーシングは、依頼費用を抑えたいと考えている企業が依頼を出していることもあるため報酬金額は、エージェントから得られる報酬には到底及びません。

主婦のエンジニアが、お小遣い程度の収入を得るには良いかもしれませんが、生活していくのは厳しいでしょう。

 

 PHPのエンジニアで案件単価を上げるならフリーランスが良い理由

PHPエンジニアは、会社員として仕事をしていれば給料がアップするかもしれないので、必ずしもフリーエンジニアを目指す必要はありません。

しかし、今まで以上に稼ぎたいのであれば、やはりフリーランスを目指すべきです。その理由を、紹介しましょう。

エンジニア不足で引く手数多

エンジニアに魅力を感じる人たちが増えていますが、それでも、日本はエンジニア不足です。そのため、エンジニアを求めている企業がたくさんあります。

ハイスキルじゃないエンジニアでも、好条件な環境で就業することは不可能ではないのです。

終身雇用はもう古い

一昔前の日本は、「終身雇用」システムが当たり前でした。

しかし、今は不景気でリストラのリスクもあるので、終身雇用を期待できないという傾向にあります。これからの時代は、「個人」で稼ぐと考える方が増えている傾向にあります。

エージェントが増えている

フリーランスになる時に抱える悩みといえば、「安定的に、仕事が見つかるのかな?」ですよね?

しかし、心配はありません。前述したように、エージェントがたくさんあるので、仕事は必ず見つかります。

エージェントはこれからも増えていく見込みですし、そこから得られる情報やサービスの手厚さにも大いに期待できます。

しかし、具体的にどのエージェントから案件を獲得すればいいか分からないというエンジニアの方が多くいると思います。

エミリーでは、これからフリーランスとして活動していきたいと考えているエンジニアの方から、よりスキルアップにつながる案件を獲得して高収入を目指したいエンジニアの方まで、個々のご要望に合せて最適な案件をご紹介しています。

これから、フリーランスとして活躍していきたいという方はぜひエミリーにご登録下さい。

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります