JOB
公開日:

フリーランスのDjango案件って稼げるの?

今回はフリーランスエンジニア向けに、Djangoの案件にフォーカスを当てて話をしていきます。

DjangoはPython用のWebフレームワークですが、今回はPythonを扱える方はもちろん、今後Pythonのスキルを身に着けていきたいと考える方向けにも話をしていきたいと思います。

記事の中では、「そもそもDjangoって何?」という基本的なところから、実際にどんな案件があるのか、案件獲得には具体的にどんなスキルが必要になるのか、といった観点でも説明していきます。

Djangoとは

公式サイトより
https://www.djangoproject.com/start/overview/

Djangoは、PythonのWebフレームワークの中で最も利用している人が多いです。Pythonといえば、ディープラーニングなどの機械学習に使われるイメージを持つ方も多いと思います。しかし、Pythonは汎用言語であるためwebアプリケーションの開発にもよく使われます。そのwebアプリケーションを作成するためのフレームワークとして、Djangoは人気が高いです。続けてDjangoが持っている優れた特徴を見ていきましょう。

デフォルトで必要な機能が揃っている

Djangoはフルスタックなフレームワークであるため、webアプリケーション開発に必要となる機能があらかじめ揃っています。 従来のフレームワークであれば、開発したい機能ごとに新しいモジュールを探す必要がありました。 その手間が必要ないことは大きなメリットです。

動作が高速

Djangoを使用して開発されたWebアプリケーションは高速に動作する特徴があります。 Djangoは、分散型のキャッシュシステムであるmemcachedを標準で備えており、大規模なシステムでも処理を分散して高速な動作を実現することができます。

拡張性が高い

Djangoで扱う各ファイルは、それぞれ役割が振り分けられています。 各ファイルは、それぞれ個別に独立しているものとして開発することができるため、後で機能を拡張したい場合にも簡単に対応することできます。 さまざまな要件に対して柔軟に対応できる、これは大きなメリットだと考えてよいでしょう。

Django案件の内容とは?

Djangoの開発を担当する案件を具体的に見てみると、下記のような内容になります。

  • 機械学習関連
  • AIを用いた業務改善
  • マッチングアプリの開発
  • Webアプリケーションのメンテナンス

Pythonならではの機械学習に関する案件や、新たなサービスやアプリの開発に関する案件があります。 案件を募集している企業の業種としては、Webサービスを展開しているIT企業ユーザに課題の解決策を提示するコンサルティング企業が主になります。

Django案件で稼ぐためには?

Djangoの案件では、Webアプリケーションの開発経験が必ずと言っていいほど求められます。 DjangoはPython用のWebフレームワークではありますが、Pythonに関する業務経験は必須になっていないケースが多いです。 これは、Python自体が難しい言語ではなく他の言語を扱えるエンジニアであればスキルに関しては問題ないと考える企業が多いためです。 これからPythonを新たに学びたい現場で実績を積みたいと考えているエンジニアにもチャンスがあります。

Python。パイソン。 最近では、人工知能(AI)、マシンラーニング(機…
続きを読む
今回の記事ではPythonを活用した機械学習についてご紹介します。 Python…
続きを読む

Djangoエンジニアの単価相場は?

フリーランスエンジニアとして案件を受ける際には、参加する案件の単価相場は気になるところです。Djangoの案件であれば、月70万円~100万円といった範囲で単価が設定されているものが多いです。Djangoの案件の中でも、高い単価が設定されているものを見てみると、求めるエンジニアの能力に共通したいくつかの項目があります。

まず1つ目が、開発業務に携わった経験です。「Webアプリケーションの開発業務に2年以上携わった経験」や「他のプログラミング言語を扱った業務経験」など、DjangoやPythonに限らず開発経験がある方はエンジニアとして重宝されます。

2つ目が、メンバーを率いてプロジェクトを進めるマネジメントスキルです。 近年ではエンジニアが不足しており、今後稼げる業種の1つとしてエンジニアを目指す人が増えてきています。それに比例してプログラミングを学ぶ方がどんどん増えてきています。 しかし、実際にエンジニアを求めている企業ではコーディングをしてくれる人材よりも、プロジェクトを問題なく進めてくれる優秀なプロジェクトマネージャを重宝しています。 そこで、マネジメントスキルを持っているエンジニアは高い単価で仕事を受けることができるのです。

3つ目に、明確に自分の意思を伝えて相手の意図を引き出せるコミュニケーション能力が求められます。 Webアプリケーションの現場では、チームメンバーやお客様と随時コミュニケーションを取り、進捗報告や意識合わせをしていく必要があります。 そのため、問題なくコミュニケーションを取れるエンジニアは需要が高いです。

以上の3点は特に重視されているスキルですが、近年ではAWSやGCPなどのクラウドサービスを扱う案件も高額に設定されています。 Webアプリケーションの開発をクラウド環境でやることが一般的になっており、スキルや経験があるエンジニアが求められている背景があるためです。

Django案件の将来性はあるの?

Djangoは、今後も将来性があるWebフレームワークです。 今後使用する企業の数が増えていく可能性が高いからです。 世間ではAIやビックデータを使ったデータ解析など、Pythonが活かせる案件が増加しています。 すでに稼働しているシステムは、Pythonを個別に導入していたケースが多いです。 しかし、新規にWebアプリケーションから開発を進めていく場合には、Djangoを使って開発をすれば言語をPythonで統一してなおかつ迅速に進めていくことができます。 企業がWebフレームワークとしてDjangoを選択するケースも増えてくるでしょう。

また、Djangoは今後もPythonの需要が増えていくにしたがって案件の数も増えていくことが予想されます。 それにしたがって、今後は保守や機能改善といった案件が増えてくることを考えると、案件が減少していく可能性は低いでしょう。 もちろん、今後のITの発展次第では状況が変わることも十分にありえます。 日々情報をキャッチアップしていく姿勢は持ち続けましょう。

昨今の開発の流れとして、他の機能を使ってスムーズに要件を満たしていくことが重要となってきています。 例としてはクラウドサービスの活用があります。 従来までは、Webアプリケーションの開発にはまず自前でサーバやストレージを確保する必要がありました。 それがAWSやGCPといったクラウドサービスの登場により、簡単で安価にサーバやストレージを確保することができるようになりました。 実際にDjangoの開発案件でも、AWSやGCPはよく使われています。 今後はクラウドサービスとDjangoのスキルを合わせて持つエンジニアが求められてくるでしょう。

まとめ

ここまで、Djangoのエンジニア向け案件という内容で紹介させていただきました。 Djangoは書籍やwebサイトも充実しており、触ったことがない方でも学習を始めやすいフレームワークです。 興味がある方はぜひ実際に触ってみてください。

これからも将来性に期待が持てるDjangoですが、案件に参画していくためには他のスキルも合わせて持っておく必要があります。 Django案件で求められるスキルも多角化しており、並行して触れるようになることが求められています。 紹介しているAWSやGCPもあくまでも一例であり、案件ごとに求まられているスキルは変わります。 すべての求められるスキルを理解する必要はありませんが、それらがどんなものなのかはわかるようにしておきましょう。

今後はAIが社会に大きく台頭してくることが予想されており、機械学習の言語としてPythonが活躍する機会も多くなってきます。 その需要を考えると、Djangoのスキルを持っているエンジニアは重宝されます。 昨今ではエンジニアになりたいと考える方も増えてきているため、これからの時代には他のエンジニアと自分を差別化していくことが求められます。 そういった背景を考える意味でも、今後将来性が明るいDjangoに目を向けてみてはいかがしょうか。

無料会員登録で、あなたにおすすめの案件やセミナーの情報をお送りいたします。
まずは無料会員登録を。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPython案件も多数あります