フリーランスのPHPプログラマーとして活動するためには

現在、IT業界をはじめ、さまざまな業界でプログラマーやエンジニアが活躍しています。

特にPHPやJavaなどのプログラミング言語は市場としての需要がとても高いことが特徴です。

そして最近では、「もっと高収入を目指したい。」「自分のペースで仕事がしたい。」「スキルを磨いてさまざまなチャレンジをしたい。」といった目的で、フリーランスとして活動することを目指している人が増えています。

ただ、すべてのフリーランスのPHPプログラマーが成功できるとは限りません。

フリーランスで働くときは、どのように案件を獲得すればいいか、高い案件を獲得するにはどうすればいいかなど知識を深めることがとても大切です。

今回はフリーランスのPHPプログラマーとして活躍していくためのポイントを解説していきます。

PHPエンジニアの開発案件について

現在、PHPを使ったシステム開発案件は

  • ウェブサイト開発
  • ゲーム開発
  • EC開発
  • 業務アプリ開発
  • サービス系開発

などが多く存在しています。

もちろん、上記に挙げた開発案件以外にもさまざまな仕事があり、PHPを用いた案件は、市場での需要が高いことが分かります。

ただ、実際の案件では必須スキルとして、PHP以外のプログラミング言語が扱える技術と経験が必要になる場合があります。

フリーランスで案件を探すときは、自分が扱えるブログラミング言語やフレームワークなどを確認しましょう。

また、「Webサイト開発の経験はあるけど、ゲーム開発の経験はないから心配……。」と感じるプログラマーもいると思います。ただ、フリーランスで案件に参画するときにはスキルによって業務領域を相談することも可能なので、クライアントやエージェントと相談するようにしましょう。

募集されている仕事内容について

前述したのは、あくまでも開発内容や業界についてです。

ここからは、そのなかで募集されている「仕事内容」について説明しましょう。

募集されている仕事内容を例に挙げると

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • LAMP系エンジニア
  • ゲームエンジニア
  • ネイティブアプリエンジニア
  • サーバーエンジニア

などがあります。

このなかでも募集案件数が多い仕事内容は、Webサービスのフロントエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアです。

例えば、フロントエンドを担当するときは、Webサイトの構築やカスタマイズを行います。

案件によっては、デザイン部分の仕事を任されたり、サーバーサイドエンジニアが任させるようなセキュリティやサーバー機器の運用・保守の兼任を求められたりすることもあります。

そのため、フリーランスプログラマーとしてフロントエンドやサーバーサイドの、両方の仕事のキャリアがあれば、フリーランスとして幅広く活躍することができるでしょう。

PHP案件の求人情報について

フリーランスでPHPの案件はどのような求人があるのでしょうか。

ここでは、PHPの求人情報の傾向についてお話していきます。

年収について

フリーランスのエンジニアやプログラマーの年収は、

  • 業界
  • 仕事内容
  • 案件単価

などによって左右されるので、一概にはいえません。

そのことを踏まえたうえでの年収相場は、500万円~1000万円程度が目安となります。

もちろん、経験や技術が高いフリーランスプログラマーは、相場よりも高い案件を獲得することができるので、年収1000万円以上を目指すこともできます。

フレームワーク指定の案件多数

PHPエンジニアの求人では、PHPを利用した開発経験が一定期間以上を求められることがほとんどですが、言語以外に必須スキルとしてフレームワークを活用した開発経験を求められる求人案件も多く存在します。

主なフレームワークとして

  • CakePHP
  • Laravel
  • ZendFramework
  • Symfony

などが挙げられます。

そのため、フリーランスで案件を獲得するには、フレームワークの知識・開発経験を身に付けておくとよいでしょう。

在宅案件は期待できない

フリーランスといえば、在宅案件を期待している人も多いと思います。

しかし、残念ながらPHPの在宅案件はほとんどありません。

案件のほとんどは、常駐勤務になります。

もちろん、在宅案件がないわけではありませんが、案件単価が大幅に下がるため、フリーランスで食べ続けていくためには、常駐勤務は避けて通れません。

 PHP求人の単価について

ここでは、具体的にPHP案件の求人単価の相場について解説していきます。

単価相場は幅広い

PHP案件の単価は、40万円~80万円程度が相場とされています。

案件相場の幅が広い理由としては、プログラマーのスキルや企業が提示している求人に左右されることです。

3年以上のキャリアから高案件が望める

PHP開発経験が3年以上あるプログラマーなら、1件あたり80万円台の案件が増えてきます。このことから、PHPを扱うプログラマーでフリーランスを目指している人は、経験を積んだ上で、積極的に高報酬案件の獲得を目指しましょう。

高い報酬の案件を獲得するには?

フリーランスを目指しているプログラマーはエージェントを介して案件を獲得しましょう。

エージェントは、あなたのスキルと企業の募集内容を照らし合わせて、マッチした案件を紹介してくれます。

ただ、通常の案件紹介サイトでは、企業側の営業担当・フリーランス側の営業担当・フォロー担当と、各担当者が分かれていることが多いです。

そのため、担当同士の認識にズレが生じてしまった場合に、参画してみたら開発環境が自分に合わなかったという事態が発生してしまいます。案件紹介を受ける際は、「企業側とフリーランス側それぞれの営業とフォロー」を一貫してサポートしている案件紹介サイトを利用するようにしましょう。

案件の交渉を行うことも大切

案件単価を上げるためには、ときには企業側と交渉する努力も必要です。

しかし、交渉スキルに自信が持てないプログラマーもいるでしょう。

エミリーでは、専属の担当者とクライアント企業とで納得いくまで条件交渉を行い、契約締結するため、案件交渉をご自身で行う必要はありません。

「案件交渉が苦手。」「本来の仕事だけ集中したい。」という方は、ぜひエミリーエンジニアをご活用ください。

無料会員登録はこちら

おすすめ案件

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります