JOB
公開日:

PHPエンジニアの仕事内容や案件の特徴について

PHPを扱っているエンジニアの方で、現在企業で勤めているけれど、今後フリーランスとして活動していきたいと考えられている方がたくさんいるでしょう。

フリーランスを目指している人は、

  • 時間に拘束されずに、自分のペースで働きたい
  • 企業の方針に納得できない
  • 独立して自分の知識やスキルがどれだけ通用するか試したい

など、さまざまな理由があると思います。

ただ、実際のフリーランスの案件は「どのような仕事内容なのか?」、「安定して収入を得ることができるのか?」と不安に感じることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、フリーランスを目指しているPHPエンジニアに向けて、仕事内容やその特徴について解説していきます。

PHP案件の特徴について

プログラミング言語はさまざまな種類がありますが、そのなかでもPHPは、報酬額があまり高くなく、報酬ランキング上位の言語ではありません。

そのため、高報酬案件はあまり目立たないPHPですが、市場での需要が高い言語のひとつであるため、着実に報酬を得る事ができます。なぜなら、PHPは世界中で最も利用されている無料CMSのWordPressに使われている言語で、CMSは日本国内でも人気が高く、案件数がとても豊富だからです。

CMSはテンプレート以外のカスタマイズや修正を行うときにPHPの技術が必要となります。そのため、ホームページの新規開設のみならず、リニューアルするときにも需要のある言語といえるでしょう。

プログラミング言語のPHPは例えば、ホームページ制作会社の必須スキルとなっています。

ただ、最近ではホームページ制作会社にもエンジニアを自社で雇用していない企業も存在します。自社でエンジニアを抱えていない会社は、PHPを扱えるフリーランスエンジニアに委託しているケースが多いです。

このことから、PHPエンジニアの案件はさまざまな業界のWebサイトの案件が多い傾向にあります。

また最近では、上記でお話したような案件でフロントエンドとしてWeb開発に関わる仕事だけではなく、サーバーサイドの仕事として広告配信や管理、新規クローラーの開発、アプリケーション開発など、幅が広がっています。

 PHP案件に必要な開発環境について

フリーランスでの働き方は「在宅で働く」か「常駐案件で働く」の選択肢が挙げられます。基本的には、クライアントの要望によって契約内容はさまざまです。

フリーランスで働くときに、自分のペースで自由に働きたいと思われる方は「在宅で働きたい」と考えている人もいます。しかし、PHPの案件は、在宅案件はほとんどなく、常駐案件として仕事に参画することの方が多いです。なぜ、PHPの仕事は常駐案件がほとんどかというと、開発環境が関係します。

PHPを用いた開発案件は、上記で述べた通りホームページの新規開設やリニューアルの他に、ECサイト、SNSなどがあります。Webアプリケーションの開発として、さまざまなWebサイトやWebサービスに利用されています。Webアプリケーションは仕様が決まっていても、細かな修正や変更が度々必要になることが多々あり、アジャイル開発が求められます。

そのため、PHP案件の多くはクライアントとの信頼関係やコミュニケーションが大切になります。在宅で働くとなると、十分なコミュニケーションが取り辛いということがあるので、PHPは常駐案件がほとんどなのです。

もちろん、クライアントの条件によっては、在宅案件がないということはありません。ただ、PHPの在宅は報酬単価が大幅に下がるため、常駐で働くことは避けて通れないでしょう。

フリーランスでPHPの仕事をするうえで必要なスキルについて

フリーランスで仕事をする際は、さまざまなスキルや知識・経験が必要となります。

まず最低限必要なスキルのひとつに挙げられるのがコミュニケーション能力です。

フリーランスの仕事は個人だけで活動すると思われがちですが、仕事はひとりでは行うことはできません。

フリーランスであっても案件を紹介してくれるエージェントや参画先のクライアントとやり取りする必要があります。

技術面で高く評価されたエンジニアであっても、経験をたくさん積んでいるエンジニアであっても、報告・連絡・相談がないようでは案件の依頼は続きませんので、コミュニケーション能力の向上を意識することは大切です。

技術的な面では、プログラミング言語は市場の需要に大きく左右され、主流の言語やフレームワークが変化するということがあります。

このことから、市場状況を常に確認しながら、需要が高いPHP以外の言語やフレームワークなどの知識を深めていくことが大切です。

例えば現在、PHP以外のプログラミング言語では、人気の言語にPythonやRubyがあります。

Pythonは近年注目されているAIと呼ばれる人工知能システムに使われています。

今後どんどん需要が高くなれば案件数が伸びることが期待されています。

その一方Pythonエンジニアは現在、人材が不足しているため、フリーランスで活動しているエンジニアはPythonの習得を目指すことを検討するのもよいでしょう。

また、RubyはWebアプリケーションやWebサービスに使われているプログラミング言語です。

PHPと併せてRubyを扱うことができれば、案件の獲得に役立つので、仕事の幅を広げたい人は習得を目指すのもよいでしょう。

フリーランスでPHPエンジニアとして安定的に案件を獲得するためには?

冒頭でお話をしたように、PHPはプログラミング言語のなかでも、報酬相場は決して高い言語とはいえません。

ただ、Webサービスを中心に安定的な需要があることから、PHPエンジニアはフリーランスでも十分に活動をしていくことができます。

ただ、自分に合った条件の案件を獲得するのは、ひとりではとても大変です。

安定してフリーランスの仕事に参画したいという方は、案件紹介サービスを行っているエージェントを利用するなど自分に合った方法で案件を獲得していきましょう。

おすすめ案件

関連タグ

フリーランスエンジニアの案件をお探しします!
上記案件のほか、非公開のPHP案件も多数あります