Java案件の求人情報から見たスキル要件と報酬額(2018年11月版)

Java 「プログラミング言語別の年収ランキング」などは、よくアクセスを集めるコンテンツと言われますが、当サイトでも人気コンテンツのひとつです。これは皆さんが「今後も稼いでいけるのか」が気になるからでしょう。 ここでは、実際にエミリーエンジニア(https://engineer.emilee.jp/job/)に掲載されているJAVAエンジニアの開発案件の求人情報をいくつか選び、具体的な内容をご紹介しま... 続きを読む

Javaを武器に仕事をし続けることのメリットとリスク

Javaができたのはいつごろ? Javaがいつごろ登場したのかをご存知でしょうか?実は1990年台には早くもJava Beansが登場しています。Java Beansと聞いて、聞き慣れないもしくは「古すぎる」と思われたかもしれません。Javaは歴史ある言語なのです。 1998年頃は、まだインターネットと言えばダイアルアップでした。NTTの夜間かけ放題プランである「テレホーダイ」を使って、自... 続きを読む

Javaエンジニアの需要と求人状況について

新しいサービスが次々と生まれる現代において、インターネット関連へ理解が深いエンジニアはとても需要があります。エンジニアにも様々な種類がありますが、今回はエンジニアの中でもJavaに特化したエンジニアについて紹介します。 今の、そしてこれからの社会においてJavaエンジニアはどのくらいの需要があるのか、現在の求人倍率はどのようになっているのかお伝えしていきます。 今からJavaを勉強しようと... 続きを読む

Javaエンジニアは常駐案件の獲得を目指そう

Javaはとても汎用性の高いプログラミング言語です。 他のプログラミング言語と比較をしても、現在とても需要が高い言語のひとつです。そのため、Javaの案件を探すときは、案件数が多くあり、望んでいる報酬や労働環境を見つけやすいという特徴があります。 Javaのフリーランスエンジニアに限った話ではありませんが、案件を獲得するときは、主に、「在宅案件」と「常駐案件」のどちらかを選択します。 ... 続きを読む

Javaエンジニアの単価を高めるには?案件単価を解説!

Javaは実績のある言語です。 JavaはC言語よりは新しいといっても1995年にサン・マイクロシステムズ社が発表して、もう20年以上経ち、昔はブラウザで動く「アプレット」が主流でした。もともとは組み込み用途で使われていたJavaですが、近年はWebサイトやアプリで多く使われています。 この自由度の高さからITで行われる企業の受託開発で採用される傾向が強く、汎用性のあるJavaは様々な... 続きを読む

Javaの現状の業界について解説

Javaはこれまで無償で利用することができ世界中で使われてきたプログラム言語です。 大規模なシステム開発から小規模なAndroid用アプリの開発まで様々な案件で使われていました。ただ、2018年9月にリリース予定のOracle Java 11からは有料化することが決まり、Oracle Java 11は3年間の長期有料サポートバージョンとしてリリースされることになり、今後使うためにはコストが発... 続きを読む

Androidの需要と今後の動向。フリーランスとして活動するためには

フリーランスエンジニアとして活動をしていく中で気になることの一つに、言語の将来性があると思います。なぜなら、自分が扱っている分野の需要が少なければ案件の量も少なくなり、安定して仕事を得ることが難しくなるからです。ですが反対にいえば需要さえあれば案件の量も多く、比較的安定し案件に参画することができるでしょう。 現在、AndroidはiOSと双璧をなすスマートフォン用OSとして普及するようになり... 続きを読む

Javaの技術者・エンジニアの案件ごとの単価について解説

フリーランスエンジニアとして働いていると、 「一体、この仕事の単価は相場とどのくらい違うのだろうか?」 「自分の給料は他のエンジニアと比べて、どのくらいなのだろうか?」 「他のエンジニアはどのくらいの単価の案件を、どのくらいもらっているのだろうか?」 といった疑問を抱くこともあるでしょう。 しかし、他のエンジニアが、どのくらいの単価で仕事をしているのかということや、案... 続きを読む

未経験のJavaエンジニアがフリーランスになるために知っておきたい事

未経験からフリーのJavaエンジニアになりたい 社内のJavaエンジニアとして働いているけど独立したい など、エンジニアの方でこれからフリーランスエンジニアを目指したいという人もいるでしょう。 フリーランスになれば、企業で勤めているときより柔軟なライフスタイルを過ごすことができますし、大規模な案件に参画することができれば収入をより高く目指すことができます。 だた、未... 続きを読む

Androidエンジニアの案件情報!フリーランスで案件獲得を目指すには?

Androidアプリの開発は、主にプログラミング言語にJavaが用いられていました。 ただし、Android開発の言語が変わる可能性があります。なぜなら、2017年5月にGoogleがAndroidの公式言語にKotlinが加わるという発表があったからです。 Android開発は昨今のスマートフォンの普及から、市場状況の移り変わりが激しいため、Androidを扱うエンジニアは市場を常に... 続きを読む