あなたはどのタイプ?フリーエンジニアのエージェントとの付き合い方

エージェント活用診断

フリーエンジニアとして活躍するあなた。
仕事探しに求めるものはなんですか?あなたに合ったエージェントの活用方法を診断してみましょう。

エージェントとの付き合いは、案件紹介だけではありません。
自分のスタイルに合った活用方法を見つけてみてください!
エミリーは、フリーエンジニアの方々のフリーランスキャリアを全面的にサポートします!

エージェントを活用するメリットとデメリット

フリーエンジニアとして希望する働き方を実現するためには、エージェントを活用するメリットとデメリットを知ったうえで上手に活用していきたいですね。

エージェント活用のメリット

案件の幅が広がる

自身の人脈やツテだけでは見つけることができないような企業の案件やに関わることができます。

ご自身の適性な案件単価を知ることができる

自身で案件を探す場合や友人・知人から紹介してもらうような場合は、その案件単価が適性なのかを判断することは難しいこともあります。エージェントを活用することで、客観的な意見をもらうことができます。

キャリア相談ができる

これまでのスキルや経験から、今後どうなっていきたいかを相談することができます。「案件の単価を上げたい」「プライベートを大切にした働き方がしたい」など、身近な相談相手としても適任です。

契約書手続きなど、不慣れな業務の相談ができる

フリーランスになると、契約書の手続きや単価の交渉など、これまでになかった業務が増えます。エージェントではそのような手続き面のサポートも行っています。契約書で確認すべきポイントを案内してもらったり、確定申告の相談会を行っているところもあります。

エージェント活用のデメリット

案件にマージン(仲介手数料)がかかる

直接発注元と契約を結ぶ場合と違い、エージェントを通して案件に参加することで、手数料がかかります。ただし、手数料はあなたが受け取る報酬から支払うというよりも、あらかじめエージェントが手数料を差し引いた形で、あなた向けの報酬を提示しているパターンが多いです。

発注元との直接の交渉ができない

エージェントが仲介していますので、発注元に直接単価の交渉を行うことはできません。案件の契約内容には、発注元と直接契約を禁止しているものもあります。直接正社員となることが可能な場合もありますが、案件の契約内容を事前に確認することが必要です。

さらに詳しく『エージェント活用のメリット・デメリット』でご紹介しています。

エージェントがお手伝いできること

エージェントでできることは大きく4つあります。

1.案件探し

あなたに案件を紹介するため、マッチした案件を探してくれます。
カウンセリングで、あなたの希望や条件を伺います。その後、希望に合った案件をご紹介し、マッチングを行います。実際に案件に参画するには、発注元との面談を通す必要があります。面談をする際の対策やアドバイスを行ってくれます。
エージェントは、あなたのこれまでのスキル・経験にマッチする案件だけでなく、あなたの可能性を広げるような案件、キャリアアップにつながる案件を紹介することもできます。

2.キャリア相談

あなたの希望のキャリアをヒアリングし、プランニングを行います。
エージェントの多くはキャリア相談窓口を設けており、案件に参画したことが無い方でも活用することができます。
エンジニアのキャリアはさまざまです。あなたのこれまでのキャリアや持っているスキル、年齢、今後の希望によって、同じエンジニアでも全く異なります。
案件を多数保有し、業界知識や今のトレンドなどの知識もあるエージェントだからこそ、ご相談にのれることも多々ありますので、気軽に相談してください。

3.契約関連のアドバイス

フリーエンジニアとして案件に参画する際、必ず必要になるのが契約書などの手続きです。これまで正社員で働いてきた場合とは全く違う手続き、かつ、ご自身で内容を確認しなければならないものの、企業から提示された契約内容をそのまま受け入れがちです。
トラブルを避けるためにも、自分できちんと確認することが大切です。
わからない場合には、エージェントに相談するという方法もあります。

契約書の具体的なチェックポイントは、●●の記事でもご紹介しています。

4.フリーランスならではの相談

フリーランスになると、社会保険や確定申告など、ご自身で行わなければならない手続きが増加します。最初は分からないことも多くあると思いますので、エージェントに相談してみてください。エージェントがその場でわからない場合でも、問合せ窓口や方法などを教えてもらえることも多いです。

また、会社員とフリーランスで異なるのが福利厚生です。
最近では、エージェント会社独自の福利厚生サービスを展開しているエージェントもあります。
加入条件がある場合も多いので、登録時や面談時に問い合わせてみましょう。
レジャー割引などのサービスだけでなく、会社員の頃には義務付けられていた健康診断の優待や、仕事上での賠償責任の補償がついた福利厚生を、フリーエンジニア向けに展開しているエージェントもいます。

個人で取引を重ねるフリーエンジニアにとって、賠償責任補償は入っておくべきものです。
取引先とトラブルになるなど万が一に備えて、福利厚生でカバーできるエージェントを選びましょう。

フリーエンジニア生活を充実させるにはエージェント活用を

どのようなフリーエンジニアであれ、エージェントの活用はメリットがあります。
自分に合ったエージェントの選び方で、長く付き合える担当者を見つけましょう。
案件探しなどのきっかけがないと、エージェントと連絡を取りづらいかもしれませんが、キャリアプランニングや相談会、エンジニア向けイベントなどを実施しているエージェントも多数あります。
まずは、そのようなきっかけを利用して、お付き合いを始めてみてはいかがでしょうか。

エージェントは、案件探しのためだけのサービスではありません。
継続的にキャリア形成をサポートし、フリーエンジニアの困りごとを相談できる相手です。

取引をしているエージェント1社だけでなく2~3社とお付き合いをしておくことで、広く情報を集めることができますし、各社の特長も見えてきます。

既に決まったエージェントとお取引をしているフリーエンジニアの方も、稼働の合間に他のエージェントにも連絡をしてみてはいかがでしょうか。

Emileeでは、エージェントによくある「企業側の営業担当」「フリーランス側のキャリアコンサルタント担当」「参画後のアフターフォロー担当」というように担当が別れておらず、一気通貫のサポート体制が整っています。

あなたのことを良く把握した専属の担当が、企業への営業やアフターフォローも兼任するため、紹介のミスマッチが起こることも少なく、案件の紹介から終了まで継続してサポートします。あなたのご希望に合致する案件が無い場合には、あなたの代わりにあなたを企業に売り込んだりもします。まずは気軽に登録してみてはどうでしょうか。