とにかく単価を上げたい!スキルも上げたい!

単価・スキルを上げたい

条件に合う案件をエージェントに探してもらおう

単価を上げたい、スキルアップも目指している。そんなあなたには、エージェントの活用がぴったり。エージェントは、あなたの希望単価や、今後のキャリアや働き方の希望に合わせた案件を紹介することができます。
エージェントだからこそ持っている高単価案件を紹介してもらえたり、あなたのスキル次第では単価交渉をお願いすることも可能です。

エージェント選びのポイント

単価をあげたい場合、いまの単価が適正かどうかを見極め、単価をあげられる可能性があるのかを知る必要があります。

エージェントのキャリア相談を利用したり、サイト内の案件一覧を確認し、案件に記載されている相場感と自分の単価を照らし合わせるなどすると、自分のスキルの相場観がわかります。

単価をあげるためには、エージェントを選ぶ際の2つのポイントがあります。

案件元と直契約の案件を多く持っているエージェントかどうか、単価をあげたい場合にはチェックすべきポイントです。
直契約かどうかは案件ごとに異なりますが、直接問合せをするか、サイト内を確認することでわかる場合もあります。
気になる場合は、直接確認してみましょう。

次に、自分のスキルや、これから希望するキャリアに沿った案件を持っているエージェントかどうかです。
自分の分野に強いエージェントであれば、単価やキャリアの相談もより具体的に進めやすいでしょう。また、こだわりの条件や、まだ実務経験の浅いスキルで仕事を探しているときなどに、あなたの代わりにあなたを企業に売り込んでくれるエージェントはあなたにとってもメリットは大きいでしょう。

エージェント選びは、大手だからよいというわけでもありません。
直案件を多く持っているかどうか、マージン設定はどうか、また自分の分野に強いエージェントかどうかを見極めて、2~3社を選ぶのがおすすめです。

エージェントとの付き合い方

単価アップのためには、希望単価はもちろんのこと、自分のスキルや経験をもれなく伝えておくことが大切です。

スキルや経験は、レジュメにまとめるようにします。
面倒ではありますが、常にレジュメをアップデートする習慣をつけ、直接開発業務に関わることでなくても、備考欄などに記載をして伝えるようにしましょう。
自分では気づかない経験が、エージェントや案件元にとっては魅力的で差別化になる場合もあります。
エージェントも、経験が多いほうが単価交渉しやすい場合も多いです。
また、レジュメを更新したら、エージェントにも都度共有しておきましょう。

スキルアップについても、エージェントに相談するとよいです。
単価をあげるためには、どのようなスキルを身に着け、キャリアを築いていくとよいか、市場感を元にアドバイスがもらえるはずです。

納得のいくアドバイスをもらえるエージェントに、継続して案件やキャリアの相談をしていくことで、お互いの理解も深まり、よい案件の紹介に繋がりやすいです。