知り合い経由以外で新しい案件に入ったことがないので不安

エージェントに相談

案件紹介だけに限らず、まずはエージェントに相談しよう

エージェントは「案件を紹介してもらうところ」と思っていませんか?
案件を紹介してもらうだけでなく、本来は、キャリアや働き方など、フリーランスとしての悩みの相談相手でもあります。
「案件を紹介されてもできるか分からない」と、自信が無い場合こそ、エージェントの方にご自身ができることややりたいことを相談してみましょう。フリーランスになるための情報収集でも問題ありません。まずはエージェントに気軽に登録してみましょう。

エージェント選びのポイント

フリーエンジニアになるか悩んでいる、フリーエンジニアだがエージェントを活用したことがない、知り合い経由以外で新規案件に参画したことがないという方は、独立支援をしてくれるエージェントや案件稼働以外のフリーランス特有の課題をサポートしてくれるエージェントを選びましょう。
はじめて新規案件に参画するということは、契約や経理、案件への入り方や退場する時の決まり事など、わからないことも多いはずです。
そのような案件の稼働以外の部分でもサポートしてくれるエージェントを選びましょう。
制度として、損害賠償など万が一の時のための補償を含む福利厚生、確定申告サポートなどをそろえているところもありますし、担当者に気軽に相談できるというところもあります。
フリーランス生活のパートナーとなってくれる信頼できるエージェントを選びましょう。

エンジニア専門のエージェントや、特定の案件に強いエージェントなどがあるため、複数のエージェントに相談してみるのがおすすめです。

エージェントとの付き合い方

「まだフリーランスとして働くかどうか悩んでいる」という場合、フリーランスとしての働き方や仕事の進め方、手続きなども分からないことが多いと思います。自分で調べたり、友人の話を聞いたりするのも良いですが、フリーランスへ案件を紹介しているエージェントからアドバイスをもらうことも重要です。
気になるエージェントに登録をして、フリーランスになるか悩んでいる旨を伝え、キャリア相談や面談などを受けます。「案件を探しているわけではないけど」という段階でもOKです。気軽に相談することから始めてみましょう。

フリーランスとしての案件参画経験が少ない時点では、案件についてわからないことも多いものです。案件参画後も、疑問や不安なことがあれば、エージェントに相談をします。
担当エージェントの対応に疑問を感じたら、別のエージェントにも登録をしてみましょう。