個人事業主とは?

エンジニアとして、将来独立も考えているけど、個人事業主って実際どうなの?仕事は見つかるの?確定申告など税金面が大変そうだけど・・・などわからないことだらけという方も多いかもしれません。
ここでは、将来、個人事業主も選択肢にしたい方、具体的に独立を検討している方向けに、個人事業主の特長やメリット・デメリットをご紹介します!

個人事業主、年収はどうなる?手取りは?

個人事業主になることの一番の不安と言えば、収入ではないでしょうか。
既に個人事業主となった方でも、フリーランスを続けていくための一番の心配は収入の安定だと言われています。

では、エンジニアの場合、個人事業主になると年収は上がるのでしょうか?
詳細は、「フリーエンジニアの平均年収は?正社員との差は?年収アップの方法は?」でもご紹介していますが、会社員と比較すると収入は上がることが多いです。

職種やキャリアによっても収入には大きく開きがありますが、個人事業主の方がキャリアアップやスキルを磨くことで年収アップを狙いやすい側面があります。
会社員は会社の業績などに年収が左右されますが、個人事業主の場合は自分の能力と経験で年収が決まります。

手取りはというと、税金や社会保険・年金の額は年収により左右されます。会社員や法人として独立する場合と比較して、個人事業主の方が手取りも多いかどうかは、その年収により大きく差がでてきます。
自分のキャリアから、個人事業主になった場合のおよその年収を見極め、税金や社会保険料を計算してみてください。
およその年収がわからないという場合には、フリーエンジニア専門のエージェント企業に相談してみましょう。企業に在籍中でもキャリア相談や勉強会などに参加することは可能な場合が多いです。

個人事業主の事務作業

個人事業主になると大変なことの1つが事務作業です。
フリーエンジニアの方で、平日の勤務時間は常駐先に常駐している場合、それ以外の時間を効率よく使い、事務作業をこなしていかなければなりません。
具体的な事務作業をみていきましょう。

スケジュール管理

1社に常駐して仕事をしている場合は気にならないかもしれません。
半常駐で複数社と契約したり、常駐案件と請負案件を掛け持ちすると、そのスケジュールやタスク管理が煩雑になります。
さらに、業務のスケジュール以外に、確定申告や請求・支払いなどのスケジュール管理も発生します。業務が多忙で、納税や支払いを忘れた・・・という最悪の事態にならないよう注意が必要です。
スケジュール管理ツールを使いこなしましょう!

経理処理

毎月の請求作業や支払い作業も自分で行わなければなりません。
請求書を発行するだけでなく、入金確認見積書の発行納品書の発行なども場合によっては必要となります。また、使った経費の処理もあります。
不安な方は税理士さんにお願いすることもできますが、「freee(フリー)」、「MFクラウド」、「やよいの青色申告」などの会計ソフトを使うと各種書類も揃っている上に、確定申告の帳票と紐づけられておりとても便利です。
経理がわからなくても入力できるようなサービスですので、多忙な方ほどおすすめです。

契約関連

スケジュール管理のように定常的に発生するものではありませんが、契約関連も自分で対応しなければなりません。内容の確認・修正から、捺印、提出、保管までの対応が必要になります。
内容に不安がある場合には、弁護士さんに相談しましょう。
自治体などのビジネスサポート窓口で、無料で対応してもらえる機関もありますので、上手に活用しましょう。

※東京都中小企業振興公社など
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/soudan/index.html

確定申告

個人事業主の事務作業で最も気になるのが確定申告ではないでしょうか。
法人の決算にあたる作業が、この確定申告です。
個人事業主の場合は、事業年度が一律1月1日~12月31日、確定申告の期間は2月中旬~3月中旬ごろと決まっています。
大変なイメージがあるかもしれませんが、こちらも会計ソフトを活用することで多くの作業を削減することが可能です。
毎月の経理処理も会計ソフトで行っていれば、抜け漏れもなく安心です。また、エミリーエンジニアのようなエージェントでは、フリーエンジニアの方々向けに税理士の紹介や、確定申告・節税に関するセミナーを開催したりもしています。

※確定申告書等作成/国税庁
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm

豆知識:個人事業主の確定申告「青色申告」と「白色申告」って?

個人事業主の確定申告には実は2種類あります。
青色申告といわれるものと、白色申告と呼ばれるものです。
これらの最も大きな違いは、特別控除額にあります。ちなみに特別控除とは、通常は売上などの収入から必要な経費を引いた額を所得金額として、その所得金額に対して所得税が課されるところですが、特別控除額はその所得金額からさらにその控除額を引いた額を所得税の対象とすることで、所得税を低く抑えてくれます

青色申告の場合は、最高65万円の控除が認められるのに対し、白色申告では最高10万円までしか認められていません。

青色申告を適用するためには、事前に申請が必要です。
開業から2か月以内に税務署に青色申告承認申請書を提出します。
個人事業主は開業時に、税務署へ開業届を提出する必要があります。開業届と青色申告承認申請書をまとめて提出しておくとよいでしょう。
この申請書を出さなければ、白色申告が適用になります。

また、青色申告を適用するためには、確定申告の際の帳簿のつけ方が少し複雑になります。
複式簿記と呼ばれる形で経理を記帳し、その記帳に基づいた、貸借対照表及び損益計算書を作成、提出する必要があります。難しく感じるかもしれませんが、こちらも会計ソフトを使えば、特別な処理を気にすることなく記帳ができ、自動で貸借対照表や損益計算書を作成できます。

他にも、青色申告には、赤字を3年間繰り越すことができたり、同居の家族を専従者として給与支払いの対象にした場合、経費に計上できるといった特典があります。

控除額の違いは税金の支払い額に直結しますので、特別な理由がない限り、青色申告を申請しましょう。開業の際に、申請書の提出をお忘れなく。

青色申告白色申告
控除額最大65万円最大10万円
手続き開業から2ヶ月以内に申請が必須手続き不要
簿記複式簿記単式簿記
その他の特典ありなし

※青色申告制度/国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2070.htm

個人事業主のメリット

個人事業主になると起きうる変化についてご紹介しましたが、個人事業主は大変なことばかりではありません。
我々エミリーエンジニアが考える個人事業主のメリットを5つご紹介します。

仕事を選ぶことができる

フリーエンジニアであれば、得意な言語やスキルを伸ばしたい技術、その案件のお客様企業や仕事内容、それからもちろん報酬額などすべてにおいて仕事を受ける・受けないを選択することができます。正社員であれば、所属先から与えられた仕事は遂行しなければなりませんが、個人事業主の場合は自分で選ぶことができます。また、仕事の範囲を契約で決めることも可能です。なし崩し的に、あれもこれもとメインの業務範囲外の仕事が増える…という事態は正社員エンジニアではよくあることですが、個人事業主になると、本来契約している業務以外は携わることはできませんし、断ることもできるのです。

希望の働き方をかなえられる

正社員の場合は所属や勤務日時など就業規則で定められた範囲内で働くことになりますが、個人事業主の場合は、仕事ごとの個別の契約で働き方を決めることができます。在宅でリモート開発の仕事を選ぶことや、常駐案件であったとしても、数か月の常駐後に慣れてこれば在宅に移行できるような案件や、残業は全く発生しないという案件を見つけることも可能です。家庭の事情や自分の今後のキャリアと照らし合わせて、働き方を自分で決めていくことができるのは、個人事業主の大きなメリットです。

自分の頑張りが収入に反映される

個人事業主の場合、頑張って常駐案件の合間に請負案件を受注したり、高度なスキルを身につけて単価の高い案件にチャレンジしたりと、頑張り次第で収入をあげる選択肢が複数あります。時間に余裕がある時期には、全く別のキャリアにチャレンジしてみることも可能です。エンジニアの知識を活かしたエンジニアライターや、夜間や休日を活用してIT講師を務めるなど、メインの仕事とは異なる経験を積んでいくことも可能になります。自分が身につけたいスキルがある場合には、勉強の時間を確保できるように稼働を調整することもできるなど、自分でスキルと時間をフル活用して収入をあげていくことも可能なのです。

社内行事や組織内の作業に稼働を割かれない

正社員の場合は、社内行事への参加が義務付けられていたり、稟議書類の提出や評価面談など組織内の作業が必ず発生し、稼働を割かれてしまいます。しかし、個人事業主は、行事も稟議もありません。常駐の場合には、社内行事に誘われることもあるかと思いますが、契約の範囲外であれば参加の義務はありません。状況確認のために面談が行われる場合もあるかもしれませんが、こちらも任意ですし、正社員のような評価シートを記入して面談してといった形ではないはずです。その分、自分の業務に集中することができるのです。

開業の手続きが簡単ですぐに始められる

個人事業主は、開業の手続きがとても簡単です。個人事業主の開業手続きは、税務署に開業届を提出するだけです。印紙等も必要ありません。開業して1ヶ月以内に提出することとなっていますが、もし提出を忘れてしまっても事業所得を確定申告することで個人事業主と判断されます。
屋号の変更なども特に届出の必要はありません。開業届に屋号を記載しますが、もし変更になったとしても、特に届け出は必要ありません。個人事業主の開業届は、開業した時と廃業した時、事務所を新設した時と増設・移設した時のみです。

※個人事業の開業届
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm


正社員と比べると自分の努力次第で希望の働き方や収入アップをかなえられるところが、個人事業主の大きなメリットです。

個人事業主のデメリット

個人事業主にはデメリットもあります。エミリーエンジニアが考える主なデメリットはこちらの5つです。

収入を安定させるための努力・工夫が必要

エンジニアの場合は、常駐の仕事も多く、他の職種の個人事業主よりも安定して収入を得ることができる市場ができています。とはいえ、案件はいつか終了してしまうので、継続的な案件獲得の働きかけが必要です。ここは、エージェントを上手に活用することをおすすめします。また、将来の収入安定のためにも、自らのスキルを磨くことや、新しい言語や技術への対応・勉強などを自ら行っていく必要があります。会社員時代のようにキャリアがある程度決まっているわけではなく、スキル・経験についても自分の責任で選んでいく必要があります。

業務以外の事務作業が多い

個人事業主の事務作業の章でもご紹介いたしましたが、自分一人で全て行わなければならないので、多くの事務作業も行わなければなりません。しかし、経理処理は会計ソフトを使うなど、近年は個人事業主や起業家をサポートするサービスやツールも数多く出てきていますので、上手に活用して作業工数を削減することは可能です。

社会保険や年金をはじめ保障制度が手薄

個人事業主は、基本的に国民健康保険と国民年金に加入しますが、会社員の厚生年金や健康保険と比較して保障が手薄です。見舞金などの制度がなく、老後の年金額も少ないです。また、雇用保険への加入もできないため、何かあったときの保証は自分で準備する必要があります。また、福利厚生がない点もデメリットとして挙げられます。健康診断などを含む福利厚生が個人事業主には制度としてありません。会社員や法人であれば会社の制度として取り入れられているものでも、個人事業主には経費としても認められないものも多いです。

一定収入以上になると税制面で不利に

一概には言えませんが、一定収入以上になると個人事業主の方が法人よりも税率が高くなります。また所得控除の率も不利になってきます。会社員の給与に対して認められている給与所得控除は、上限はあるものの収入に対して段階的に割合で決められているのに対して、個人事業主の青色申告は一律65万円です。よって、年収によっては法人化することを検討してみるべきでしょう。

身近に相談相手がいない

個人事業主になると、同僚や同期といった言わば同志のような存在がいません。常駐型の仕事をしていても、職場の人たちは、あくまでお取引先。
自分が何か困ったときや迷ったときに相談する相手は、意図的に作るようにしなければ、いないままです。
個人事業主の集まりやエンジニアの勉強会で、同じ境遇の仲間を見つけたり、SNSのコミュニティに参加をしたり、またエージェントに相談に乗ってもらったりと、自分から行動すればいくらでも相談相手を見つけることはできるはずです。


税金以外のデメリットについては、エージェントを活用することで解消できるものもあります。エンジニアの場合、専門のエージェント企業が複数あり、それぞれ独自に福利厚生や補償などのサービスに加入できる企業もあります。

エミリーエンジニアでも、賠償責任補償や施設利用割引などの福利厚生、所得補償制度がついたフリーランス協会への加入をサポートしております。
フリーランス協会の年会費は、エミリーエンジニアが全額負担いたします。
ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。