Java

Javaの現在ってどうなの?
フリーランス案件・求人からみるJavaの今

今どきのJava事情はどうなっているのでしょうか。比較的、古くからあるJavaは今でも企業において人気のプログラミング言語です。安定していて、スピードも早く、そしてマルチプラットフォームな点が魅力です。オラクルという世界的企業が管理している点も、信頼性を高めています。

そのJavaを身につけてフリーランスで活躍したいと考えたとき、どのような手段があるのでしょうか。フリーランスJavaエンジニアの案件の動向や報酬相場、求められるスキル、将来性をみていきましょう。

Javaとは?

Javaはプラットフォームに依存しないプログラミング言語として1990年台に登場しました。それまで、OSに依存していたプログラミング言語が多かったのです。1990年台はFortranやCといった、高級言語の時代に入りましたが、マシン語から人間語になったとはいっても、まだまだプラットフォームすなわちOSに近いものだったのです。

ただ、C言語は多く使われていました。C言語はOSがハードウェアを操作することを前提にしており、メモリを管理しながらも、デバイスのコントロールができたので、マシンを動かすのにうってつけの言語だったのです。

ただし、C言語はRDBMSとの相性があまりよくありません。なぜなら、構造体でデータを格納するため、RDBMSのテーブルからのデータを操作するのに若干の苦労を擁します。そこを改良し、さらにオブジェクト指向を搭載したのがC++です。クラスとインスタンス、そして継承が可能となったC++ですが、メモリをmalloc()してfree()することや、ポインタの概念がわかりづらいなど、初心者にとって、あまり親しみやすい言語ではなかったのは事実です。

そこで、ポインタの概念を吸収し、メモリリークが起きないよう、メモリ管理をガベージコレクタに一任するJavaが登場しました。既存のCやC++のいい点を受け継ぎながら、より書きやすく、広く一般へと普及することを目指したJavaは、登場当初こそメモリ不足が懸念されていましたが、ムーアの法則にしたがってコンピュータのスペックがアップするにしたがって、とてつもない勢いで普及し始めたのです。

今では、多くのサーバサイドプログラムがJavaで書かれています。OSを問わないことも普及の原因でした。当時は、サン・マイクロシステムズがJavaをリリースしており、同時にSolarisというUNIX系OSも人気でした。Solarisは安定性が高いので、多くのサーバとして採用されていたのです。JavaはSolaris、Linux、Windowsで使えるということで、勢いをましていたのです。

しかし、サンはオラクルに買収され、Solarisもほとんど使われなくなりました。さらにはiOSやMacOSが大きなシェアを獲得しました。ただしAppleのOSはサーバサイドにはあまり向いていません。そのため、現在ではJavaが採用されるシーンはそれほど劇的に多いというわけではなくなりました。

それでも、大企業では、まだまだJavaを採用する傾向があります。

さらには、JavaでAndroidアプリを実装できるよう進化したり、JavaをベースにしたKotlinが生まれたりと、発展も続々続いています。

フリーランスJavaエンジニアの案件・求人動向

では、フリーランスJavaエンジニアの案件動向をみていきましょう。やはり傾向としてはサーバサイドの開発が多くなっています。Webサイトのリニューアルや金融機関のシステム開発、そして、仮想通貨関連のシステム開発なども引き合いがあります。また、JavaでAndroidのスマホアプリを開発してほしいという案件も存在します。かなり柔軟にさまざまなプロジェクトにアサインされることができるので、Javaはやっておいて損はないですね。

ただし、Javaの場合は、冒頭にお伝えしたように、比較的大企業の案件が多くなっています。よって、プロジェクトの規模も大きかったり、チームワークやコミュニケーションも重視される場合が多いため、あまりリモートワークの案件が多くないことが特徴です。実際、周囲のフリーランスエンジニアを見渡してみても、Javaでリモートワークが実現している人は少ないのではないでしょうか。

もちろんサーバサイドの記述をJavaで行うからと言って、物理的にリモートワークが不可能なわけではありません。しかしJavaを採択する企業や案件の特性上、リモートワークがしづらくなっているのは注意してください。

フリーランスJavaエンジニアの報酬の相場

では、フリーランスJavaエンジニアの報酬相場をみていきましょう。エミリーエンジニアでは、だいたい60万円から85万円程度となっています。もちろん例外はありますが、全体としては、業務システム系の案件は60~75万円、Androidのスマホアプリ開発などの案件は75~85万円くらいとレンジが分かれている傾向にあります。仮に月70万円くらいとしても、年収は840万円ですから、日本人の平均と比べても倍近い報酬を受け取ることができるので、Javaエンジニアは十分、魅力的な仕事です。

Java案件の求人情報 事例

フリーJavaエンジニアに求められるスキル

では、フリーランスJavaエンジニアに求められるスキルをみていきましょう。

基本的に、ガベージコレクタの仕組みなどは趣味の範囲といいますか、あくまで周辺知識を増やすために学んでいくと良いと思われます。なにより、ここでは、実践で役立つかどうかを主軸に考えていきましょう。もちろん、ソフトウェア工学を学ぶことはとても大切なことです。しかし、まずは稼げないことには、生計が成り立ちませんので、現場で通用するスキルを身につけていきましょう!

初級Javaプログラマに必要なスキル

初心者の初級フリーランスJavaエンジニアは、HelloWorldクラスをいじってみましょう。Javaはオブジェクト指向型言語なので、すべてがオブジェクトで表現されます。よって、単にHello Worldするだけでも、クラスを使って実装することができるのです。

HelloWorldクラスを叩くだけなので、それほど難しくはないでしょう。

フリーランスJavaエンジニアというのは、Javaのことであればなんでも知っている必要があります。正確には、知らなくてもいいのですが、自力で調べてわかるようになればいいのです。全体像を把握し、どこにどのような情報があるかだけ、しっかりと抑えて、ポイントとコツを理解しておくことが重要です。

中級Javaプログラマに必要なスキル

中級者になったら、オブジェクト指向の設計をしてみましょう。Javaはいきなり実装することもできますが、クラスの設計をするとよりスマートな実装になります。よって、まずはクラスを定義して、インスタンスを呼び込んでみましょう。

たとえば、スマートフォンクラスを考えてみます。スマートフォンクラスの上位概念は電話となります。電話は番号を発信して、通話するという機能をもっています。それを継承するクラスとして、家の電話クラスや、スマートフォンクラスがあるというわけです。通話するという機能は、スマートフォンと電話クラスではインタフェースが異なります。そこでJavaのインタフェースを使用して、タッチパネルというインタフェースを定義します。そのインタフェースは、今度はiPadなどのモバイルデバイスのクラスでも使えそうです。

こんなふうに、どんどんクラスを考えていきましょう。そして、ちゃんと設計ができたら、次は実装です。

しかし気をつけなくてはならないのが、実際の物事の挙動と、オブジェクト指向のオブジェクトはイコールではないということです。物理的に存在しないものであっても、オブジェクトとしてクラスになることは十分ありえます。その点に気をつけましょう。

上級Javaプログラマに必要なスキル

クラスが自由に設計できるようになったら、それらを生かして、サーバサイドプログラミングをしてみましょう。理想としては、クライアントサイドのアプリをJavaでつくり、そして通信してサーバサイドもJavaで記述してみるのが、勉強にはいいのではないでしょうか。それによって、アプリの作り方から、サーバサイドの記述方法まで、すべて学ぶことができてしまいます。

さらには、わからないことはGoogleに頼るということも大切ですが、上級のJavaエンジニアになると、リファレンスを見て、答えを見る前に自分で解決していくことも重要になってきます。リファレンスはJavaの場合、丁寧に整備されていますから、それらを参照しながら、自分の力でクラスとオブジェクトの関係を学び、エラーを解決していくことが重要なのです。

Javaフリーエンジニアの将来性

ではフリーランスJavaエンジニアの将来性はどうなのでしょうか。Javaは、世界中で使われている言語なので、将来性は悲観するものではないと考えられます。しかし、IT業界が発展するにしたがってプログラム言語の種類も増え、そしてエンジニアの数も増えています。よって、Javaしか選択肢がないという時代ではなくなったのです。RubyもありますしPythonもありますので、なかなか競合は多くなっています。よって、Javaを選択しないという企業も増えてきました。ただ、Java案件がなくなることは決して無いでしょう。

Javaフリーエンジニアの案件に興味をお持ちなら、エミリーエンジニアへ

Emileeエンジニアでは、エージェントによくある「企業側の営業担当」「フリーランス側のキャリアコンサルタント担当」「参画後のアフターフォロー担当」というように担当が別れておらず、専任の担当者による一気通貫のサポート体制が整っています。
あなたのことを良く把握した専属担当が、企業への営業やアフターフォローも兼任するため、紹介のミスマッチが起こることも少なく、案件紹介から終了、参画後のフォローまでサポートします。

また、Emileeでは参画された企業にて、エンジニアも企業も合意すれば、正社員として転職するオプションもご用意しています。

  • 自分のスキルで入れるiOSの案件はあるのか?
  • 具体的な案件の詳細情報を聞きたい
  • Javaのフリーエンジニアについて、現状を聞きたい

などの相談レベルからでも問題ありません。まずは気軽に登録してください。

Javaで楽しく、豊かなエンジニア人生を送りませんか。
Emileeでは、充実の福利厚生サービスもご用意していますので、安心して案件に取り組めます。仕事の充実度も人生の満足度もアップして、さらには収入まで増える、そんな環境を手に入れたいのであれば、ぜひエミリーエンジニアに登録してください。

Javaに強い関心を持ち、得意とするあなたの応募をお待ちしております。エミリーエンジニアは、すべてのフリーランスJavaエンジニアを応援しています。