ネットワークエンジニア

フリーランスのネットワークエンジニアって
どんな案件があるの?

ネットワークエンジニアとして活躍したいと思っているとき、どのような仕事があるのでしょうか。そして、ネットワークエンジニアとは、いったいどうやってスキルを実現し、どのようにして仕事を得て、そしてどのように稼いでいるのでしょうか。

ネットワークエンジニアは、一見すると表立った活躍がないようにもみえます。しかしそれはシステムの表面をみているだけであって、実際にはある程度の規模があるシステム開発においては、とても必要な存在です。

ネットワークエンジニアになるには相当な経験と知見が必要です。なぜなら、プログラミング言語、データベース、サーバ、ネットワークそして論理だった設計と、設計図を書く必要性が生じるからです。

ネットワークエンジニアは、文字通りネットワークのプロであり、高品質なネットワークを設計することが仕事です。専門性が高く、ネットワーク構築と監視を行います。さらに、ネットワークエンジニアは全体像も設計できなければなりません。ネットワークの詳細だけでなく、クラウドサービスについてや、サーバ環境なども知っておく必要があり、さらには設計して終わりではなく、メンテナンスや監視もできなければなりません。ここまでみてわかるように、非常に高度なスキルと経験が必要で、なかなかなれるものではないのが現実です。

では、フリーランスのネットワークエンジニアはどのように活躍できるのか、その方法を模索していきましょう。

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、どのような仕事をするのでしょうか。まず、システムを構築するときを考えてください。サーバを自社で準備あるいはクラウドを契約し、データベースを配置して、ネットワークを組んでその上にシステムを設計します。サーバ上で動作するミドルウェアはどんなものが必要で、ソフトウェアは何をインストールすべきか、そうしたことを全体的に設計しなければ、システム開発の全体像がわかりません。

そこで、ネットワークエンジニアは、そのシステムの利用者が極めて快適に、サービスを利用できるよう、クラウド、サーバスペック、ミドル、の選定を行う必要があるのです。

ネットワークエンジニアといっても、その定義はさまざまです。大企業においては、DMZの配置や、どこにロードバランサを置くかと言ったネットワークの全体像を設計するのもネットワークエンジニアですし、ネットワーク機器のCISCOシステムズでは、OSI参照モデルのうち、レイヤー2だけを担当するL2の専門家がいます。そうした人もまたネットワークエンジニアと呼ばれます。

エミリーエンジニアでは、フリーランスネットワークエンジニアへの案件のご紹介として、ベンチャー企業のネットワークエンジニア募集が多くなっています。そうると、ネットワークエンジニアに求められる条件として、比較的マルチな対応が必要とされます。

システム構築の際、クラウドを選定したり、ネットワークの監視ツールを使ってネットワーク上の不正検知やトラブル防止を行うというのも職務の一貫です。

そして、それを設計図に仕上げることで、プロジェクトに関わる人にシステムの概要を説明し、そして参画をうながすことになります。

プロジェクト・マネージャはネットワークエンジニアの書いたシステムの全体像をベースにプロジェクトの工数を算出し、メンバをアサインしていきます。サーバサイドエンジニアは、そのシステム全体像の上でサーバの構築とメンテナンスを行い、クラウドのエンジニアは、クラウドサービスをベースにしながら、システムの入り口を作っていきます。

こうして、ネットワークエンジニアが描いた全体像をもとに、各リーダーが担当するマシンの設計を構築していくという流れです。全体像を描く要となる職種なので、責任は重大です。ネットワークエンジニアが設計をミスすると、サービスがローンチしてアクセスが殺到したときに、ダウンして機会損失を招いたり、ユーザーが増えたときに障害が発生し全体のスループットが低下したりなど、さまざまなトラブルを招きかねません。

つまり責任が重大な仕事であり、さまざまなシステムの土台となります。中小のシステム会社やスタートアップ企業では、ネットワークエンジニアがおらず、上級プログラマがシステムの環境を整えることもあります。しかし、ある程度サービスがスケールし、対応ができなくなってきたら、ネットワークエンジニアを外部からいれて、一気にサービスの規模拡大にあわせた構成にするケースもあるのです。

フリーランスネットワークエンジニアの案件の動向

案件の動向としては幅広く、サービスの入れ替えにあわせてクラウドの選定や基盤の検証をする仕事があります。既存の構成が良くなく、障害が多発している場合などや、サービスがグロースしてネットワークの構成に変更を余儀なくされ、よりよい構成に変えたいなどのニーズがある場合に、ネットワークエンジニアが求められます。

また、システム構築を新規で行うプロジェクトの場合も、ネットワークエンジニアに、精度の高い設計をしてもらわなくてはならないので、ネットワークやストレージの設計書を書くという仕事があります。全体構成を考えて、より安定性の高い構成にする必要があります。

他にも、インフラ移行の仕事もあり、サーバ構成の最適化を行います。クラウドベースで構築するために、複数の運用をベースに、監視していくという仕事です。機器の管理やコンピュータ、ネットワーク監視のスキルが高くなければならず、経験が求められます。

ネットワークエンジニアは、精度の高い環境構築が求められます。ネットワークのあるべき姿を提案し、上流工程に加わって、システム開発の全体像をまとめていくといった案件もあります。データセンターで働くわけではなく、構想を描くわけですから、お客様先でプリセールスも担当します。

フリーランスネットワークエンジニアの報酬の相場

では、ネットワークエンジニアの報酬相場をみていきましょう。

フリーランスのネットワークエンジニアでは、月額で65万円から90万円程度となっています。正社員で勤めるよりも、高報酬が設定されていることがほとんどです。フリーランスであって、正規雇用ではないので、案件が終わったら、また一から仕事探しとなります。

しかし、フリーランスとして実績を重ねていけば、次の仕事は容易にみつかることでしょう。実力を持ったネットワークエンジニアは足りていません。引き合いは多数あるものと思われ、経験が役に立ちます。

ただし、セキュリティの問題があるので、過去に関わった案件で、こんな設計をしたということはなかなか他のクライアントに提示できないという問題があります。よって、資格や自分自身のプライベートクラウドなどで、実力を証明していく必要があるのです。

月額の報酬が65万から90万円となると、比較的報酬は高めではないでしょうか。年収にして780万円から1080万円。うまく上流工程にアサインされれば、年収1000万円超も不可能ではありません。

年収1000万円を取れるネットワークエンジニアとなると、かなりのスキルを必要とされます。深い洞察力と、これから構築しようとするシステムがどの程度、ネットワークに負荷をかけるのか、そしてどうすればハードウェアの性能を最大限引き出すことができるのかといった、システムやコンピュータに関する膨大な知識が必要とされます。経験も豊富でなければならず、さまざまなシステムからの経験上の学びも必要なので、学習能力も高くなければなりません。そうした総合的なITスキルがあってこそです。

ネットワークエンジニア案件の求人情報 事例

フリーランスネットワークエンジニアの求められるスキル

では、ネットワークエンジニアに求められるスキルはどのようなものでしょうか。

初級ネットワークエンジニアに必要なスキル

初心者のネットワークエンジニアはネットワーク全体の設計、パフォーマンスのメンテナンスとチューニングネットワーク監視負荷分散仮想化環境を構築、そして障害対応などが求められますが、そのうちの1つか2つだけ、ネットワーク監視だけを行う、といった業務にチャレンジしてみましょう。

中級ネットワークエンジニアに必要なスキル

中級者になってくると、上記の仕事を担当した上で、たとえばネットワーク監視をする上において、Ciscoの資格を取るといった実力をアップさせることも必要です。

なかなか、実力の証明が難しい分野であり、障害に強くて安定性の高い環境を構築するために、資格を取って、網羅的に学習していくのがおすすめです。

上級ネットワークエンジニアに必要なスキル

上級者になると、今度はシステムのインフラすべてに責任を保つ必要があります。ここまで来ると、さまざまな仕事の引き合いがあることでしょう。上級のネットワークエンジニアに求められることは、実際の構築・運用経験です。

システムの全体像を設計し、その上にシステムが構築し、そして、滞りなく開発が進んでいくこと。そして、トラブルがなく運用され、万が一の時にすぐ駆けつけて対応ができるクイックレスポンスが求められます。

フリーランスネットワークエンジニアの将来性

では、ネットワークエンジニアの将来性はどうなのでしょうか。
ネットワークエンジニアの仕事は、なくなることはまずありえません。なぜなら、プログラミング言語なら、長い目で見た流行り廃りはあるかもしれませんが、ネットワークを構築し、より安定性の高いシステムを構築するという仕事は、ほぼなくなることはないからです。

ただし、クラウドとオンプレミスの対比のように、大きな目で見たインフラ環境のブームというものはあるかもしれません。よって、常に最新のエンタープライズ系事案には、目を光らせておく必要があります。

ネットワークがなくならないどころか、より複雑に、安定性を求められるようになります。なぜなら、昨今のウェブサービスは、24時間走り続けるものが一般的だからです。Webサービスにしてもアプリにしても、夜中にこそアクセスが集中するものもあり、気が抜けません。

よって、より安定したサイトを作るためにも、ネットワークエンジニアの責任は重大なのです。また、障害対応も応じなければならず、それも必ずやリモートで可能というわけではないケースも存在します。つまり、重大インシデントが起こったら、夜中であろうとかけつける必要があるのです。

よって、そこそこハードな仕事なのですが、エンジニアはシステムに関して好奇心旺盛であり、知りたい、学びたいという欲求も強いことから、幅広い知識を持てるこのネットワークエンジニアの職は人気であり続けるでしょう。

ネットワークフリーランスに、エミリーエンジニアが選ばれる理由

【エミリーエンジニア】では、エージェントによくある「企業側の営業担当」「フリーランス側のキャリアコンサルタント担当」「参画後のアフターフォロー担当」というように担当が別れておらず、専任の担当者による一気通貫のサポート体制が整っています。
あなたのことを良く把握した専属担当が、企業への営業やアフターフォローも兼任するため、紹介のミスマッチが起こることも少なく、案件紹介から終了、参画後のフォローまでサポートします。

また、10年以上コンサルティング会社として独自ネットワークを築いてきたからこそ、紹介できる独自案件など他社にはない案件を取り揃えています。

  • 自分のスキルで入れるネットワークの案件はあるのか?
  • 具体的な案件の詳細情報を聞きたい
  • ネットワークのフリーエンジニアについて、現状を聞きたい

まだフリーエンジニアになるか迷われている方からの相談などでもまったく問題ありません。まずは気軽にご登録ください。

【エミリーエンジニア】では、充実の福利厚生サービスもご用意していますので、安心して案件に取り組めます。仕事の充実度も人生の満足度もアップして、さらには収入まで増える、そんな環境を手に入れたいのであれば、ぜひ【エミリーエンジニア】をご活用ください。

ネットワークエンジニアとして実務経験のある、あなたからのご応募をお待ちしております。【エミリーエンジニア】は、すべてのフリーランスネットワークエンジニアを応援しています。