PHP

フリーランスPHPエンジニアって、
どんな案件・求人があるの?

PHPとは?

PHPとは、オープンソース型のプログラミング言語です。企業がライセンスを持っているわけではなく、誰でも開発に参加できるのです。PHPの名前の由来は、PHP Hypertext Preprocessorであり、最初のPは、PHPのPです。PHPのPが接頭語なのは、すこしユーモアがありますね。これはGNUプロジェクトの、GNU is Not Unixも同様です。

PHPはハイパーテキストのプリプロセッサ、つまり、HTMLを吐き出してくれるのです。動的にHTMLを書き出せるということは、HTMLを自由自在に操れるということでもあります。正確には、Personal Home Page Toolを略したものだという説もあります。

オープンソースライセンスなので、ソースコードを見たいと思ったら、GPLで確認することができます。オープソースなので利用者がとても多く、1995年に最初の開発がスタートしてから、利用者を伸ばしてきました。

組み込み関数がとてもたくさんあるので、開発はスムーズに進み、サーバサイドで処理をしてHTMLを吐き出すための構文が準備されています。文法もそこまで難しくなく、Javaに似ているのでとっつきやすい側面はあるでしょう。

データベースのベンダーごとに、アクセスのライブラリが整っており、極めて簡単にDBアクセスが可能となります。PHPはそれほどクセの強い言語ではなく、初心者でもきれいなコードを書きやすくなっています。

ただし、オブジェクト指向型プログラミングについては、あまり本格的に導入されておらず、クラスがある程度で、Javaに似てはいるものの、それほどオブジェクト指向が強い、というわけではありません。だからこそ、初心者にも実装しやすい言語であることは事実です。

PHPは、Webサーバに標準で組み込まれていることが多く、すぐにでも使えるのが特徴です。わざわざ最新のライブラリをダウンロードしてこなくとも、開発が容易です。そうした点も普及を後押しし、また、それらが相乗効果となって、より開発者が増えるという流れです。

フリーランスのPHP案件・求人動向

案件の動向としては、PHPはサーバサイドでウェブサイトの処理を担当することに強みがあるプログラミング言語なので、サーバサイド開発が中心となります。PHPでアプリ開発やWebアプリの開発はできないといいますか、フロントエンドの開発を行う言語ではないので、それらの案件があるとしても、サーバサイドのプログラムを書くこととなります。

また、PHPは古くからあるプログラミング言語のため、もともとPHPで書かれているウェブサービスも多くなっており、そうすると改修のためにPHPが必要で、PHPエンジニアを求めている企業もあります。

その場合はフリーランスとして仕様を深く理解し、実際の改修を行っていきます。PHPの案件は、PHPならではという案件がそれほどなく、Pythonのように、スクレイピングに強いので、ウェブからデータを取ってきて解析してほしい、というようなことがあまりありません。

比較的誰でも書ける上、スパゲティプログラムになりづらい構文を持っているので、メンテナンスの案件も多くなっています。

その他にも、VRコンテンツの新規開発など、いまこそ最新という案件もあります。

また、PHPは、中小企業もしくはスタートアップ系列での開発が多いようにみえて、レガシーシステムも作られています。なぜなら、PHPはレガシーなプログラミング言語だからで、良い意味で古くて枯れた言語なので、安定性を求める大企業および、大規模プロジェクトで採用されがちなのです。

さらには、CMSと呼ばれる、いま大ブームのコンテンツマネジメントシステムも、PHPで実装されています。WordPressがその代表格で、ブログやコンテンツ配信を行いたいときに、まず無料ブログではセキュリティやリスクがあると考えられる場合、CMSであるWordPressを使って、記事や動画を配信していきます。

WordPressを利用してのサイト構築の案件に、PHPが必要かというと必ずしもそうではないのですが、PHPを理解しておくと、ちょっとしたエラーが出たときなどに便利です。

PHP案件・求人の報酬相場

では、フリーランスとして何より気になる報酬相場をみていきましょう。PHPでは、50万円から85万円といったところになります。PythonやiOSエンジニアに比べると、あまり高くないのが現状です。それでも、1年間、案件が継続すれば年収600万円になりますので、一般的な会社員の平均賃金である425万円は大きく超えていることになります。

それでも、フリーランスとして生きていくのですから、もう少し収入がないと不安ですよね。そんなときは、報酬単価の高い案件に応募しましょう。それなりにスキルが求められますが、いまは供給が足りておらず、エンジニア不足なので、仕事を受注していく上で、より上級のスキルを身につければ十分です。

もしも、月85万円を取ることができて、1年間案件が継続すれば1,020万円になり、年収1,000万円を超えることとなります。これはフリーランスとしては目標のひとつではないでしょうか。会社員に比べて報酬を上げやすいフリーランスエンジニアは、いま日本でもっとも稼ぎやすい職種のひとつです。よって、PHPのスキルを磨き上げて、より高い報酬を得ていくことも不可能ではありません。

受託スタイルである以上、報酬には限りがありますが、それでも世の中には、受託で月200万円を得ているエンジニアもおり、会社員エンジニアよりも報酬面でははるかにチャンスがあるのがフリーランスエンジニアです。

そしてその自由な仕事の進め方や海外移住に憧れて、フリーランスエンジニアを目指す若者も増えています。今後は供給過剰になる可能性はありますが、IT業界が人材の供給をはるかに超える形で発展していっているので、需要のほうが高いと考えられます。よって、当分は高単価の案件に困らないので、焦って飛びつくよりは、高単価の案件をじっくりサーチしたほうがいいでしょう。

PHP案件の求人情報 事例

PHPフリーエンジニアに求められるスキル

では、PHPのエンジニアにとって求められるものはなんでしょうか。どのようなスキルが必要なのか、初心者、中級者、上級者に分けて確認していきましょう。

初級PHPプログラマに必要なスキル

PHPの初心者は、ほぼやることがありません。なぜなら、テキストファイルに「Hello World」とうちこんで実行すれば、そのままHello Worldが表示されるからです。このように、HTMLを吐き出す形式のため、ブラウザがそのテキストをHTMLだと解釈して、ブラウザ上にHello Worldを表示してしまうのです。

このため、初心者で躓くことはないと思われます。
PHPをよりちゃんと書きたいのであれば、HTMLやCSS、JavaScriptといった、クライアントサイドの言語やマークアップ言語を覚えておく必要があります。HTMLなんて1日で覚えられる、とはいいますが、それでも一度しっかりとした本を読んで、基礎から学んでおくことは重要です。

クライアントサイドのマークアップ言語が学べれば、よりインタラクティブな表現が可能になり、できることが増えていきます。
初心者であれば、PHPでコンテンツを表示することは容易ですので、次のステップとしてスキルの横展開をしてみませんか。

中級PHPプログラマに必要なスキル

では中級者には何が必要なのでしょうか。おすすめなのが、昔気質のCGIを作ってみることです。HTMLで入力フォームを組んで、ユーザが入力したデータを処理して、HTMLとして表示するのです。

フォームも組まなくてはなりませんし、HTMLで吐き出す処理も、正確なものにしなければなりません。しかし、そこができれば、十分、実践で通用します。結局はWebサービスの多くが、掲示板を複雑にしたものであり、入力と出力を操作するものでしかないからです。

よって、中級者になったら、実際に簡単なプログラムを作って、動かすことが大切です。ウェブサービスを作り上げる人もいますし、インターネット上で公開する人もいます。まずは作ってみて、市場に出してみて、フィードバックを得ることが大切なのではないでしょうか。

上級PHPプログラマに必要なスキル

では、PHPの上級者には何が必要でしょうか。PHPの上級者には、フレームワークやCMSなどのソースコードの解析がおすすめです。世の中にある無数のフレームワークが、PHPで作られていますので、解析して機能を書き足したり、バグを取ったりして、コミュニティに貢献しましょう。

そうすれば、GitHubにもソースを公開することとなり、より精度の高いプログラミングが実装可能になることでしょう。よって、こうしたPHPで書かれたフレームワークを参照し、中身を見ることはとてもスキル向上に役立ちます。騙されたと思って、一流のエンジニアが書いたソースコードをみてみましょう。

WordPressにせよ、Laravelにせよ、スパゲティコードは少なく、とてもきれいなコードになっていることが特徴です。それはそのまま、書き手の頭のなかが整理整頓され、きちんとした状態になっていることに他ならないのです。
一流のコードを見て、自分自身も生産性を高めると同時に、より向上していきましょう!

PHPエンジニアの将来性

では、PHPエンジニアの将来性はどうでしょうか。一時期に比べて、いまはRubyやPythonの流れが強くなっていますので、PHPの将来性という観点から見ると、かつてほど勢いはなくなっているようにもみえます。

しかし、依然として既存のWebシステムの保守や改修などの仕事もありますし、そもそもIT業界には、サーバサイドをPHPで作るほかないという選択肢の問題もあります。大規模開発ならJavaですが、Javaはリモートでの案件が少なく、お堅めの業界に限られています。そこで、PHPなら、ある程度は柔軟性を持ちながら、そこまで堅くない業界に最適です。よって、PHPの案件は、今後、大企業案件が減っていき、反対にベンチャーなどの案件がより増えていくのではないでしょうか。

しかし、PHPだけで仕事が完結することはまずありません。リモートで働こうと思ったら、ネットワークの最低限の知識や、システムを組もうと思ったらRDBMSの知識なども必要です。そうした知識を身につけた上で、PHPエンジニアとして活躍してください。

PHPエンジニアの案件は、今のところ圧倒的に量が多いので、今後も増えていくものとみられます。

PHPフリーエンジニアの案件に興味をお持ちなら、エミリーエンジニアへ

Emileeエンジニアでは、エージェントによくある「企業側の営業担当」「フリーランス側のキャリアコンサルタント担当」「参画後のアフターフォロー担当」というように担当が別れておらず、専任の担当者による一気通貫のサポート体制が整っています。
あなたのことを良く把握した専属担当が、企業への営業やアフターフォローも兼任するため、紹介のミスマッチが起こることも少なく、案件紹介から終了、参画後のフォローまでサポートします。

また、Emileeでは参画された企業にて、エンジニアも企業も合意すれば、正社員として転職するオプションもご用意しています。

  • 自分のスキルで入れるiOSの案件はあるのか?
  • 具体的な案件の詳細情報を聞きたい
  • PHPのフリーエンジニアについて、現状を聞きたい

などの相談レベルからでも問題ありません。まずは気軽に登録してください。

PHPで楽しく、豊かなエンジニア人生を送りませんか。
Emileeでは、充実の福利厚生サービスもご用意していますので、安心して案件に取り組めます。仕事の充実度も人生の満足度もアップして、さらには収入まで増える、そんな環境を手に入れたいのであれば、ぜひエミリーエンジニアに登録してください。

PHPに強い関心を持ち、得意とするあなたの応募をお待ちしております。エミリーエンジニアは、すべてのフリーランスPHPエンジニアを応援しています。

【PHP】サイブリッジグループでのフロント&バックエンドエンジニアの案件・求人情報

700,000 〜 800,000円 /月

【企業概要】
「インターネットと人の架け橋」をメッセージにメディア事業やウェブインテグレーション事業、モバイル事業、ネット広告代理事業やASPサービスの提供などイン...

勤務地
東京都
職種詳細
サーバーサイドエンジニア, フロントエンドエンジニア
詳細を見る

【PHP】IoT物販自販機と連動する商品販売管理システムの開発の案件・求人情報

600,000 〜 750,000円 /月

【案件内容】:
IoT物販自販機と連動する商品販売管理システム及び管理者用WEBサイトの開発に従事して頂きます。初期フェーズでは販売管理をリアルタイムで行うためのシステ...

勤務地
東京都
職種詳細
サーバーサイドエンジニア, フロントエンドエンジニア
詳細を見る