Python

フリーランスPythonエンジニアって
どんな案件・求人があるの?

Pythonはパイソンとよみます。最近にわかに、熱くなっている言語ですが、実は1990年代の初頭に登場しています。CやPerlと同じぐらいの歴史があるのに、なぜ枯れていないどころか、今になって人気があるのか。それは、Pythonが機械学習やAIといった、最新のマシンラーニング系のシステムに非常に強いプログラミング言語だからです。

また、Pythonではスクレイピングなども可能です。しかし、気をつけて学ばないといけないことには、Pythonで実現できることは、他のプログラミング言語でもできるという点です。たしかにスクレイピングをFortranで書けるかといわれると難しいかもしれませんが、Pythonは単なるプログラミング言語であって、機械学習をするのに、Pythonでなければ書けないというわけではないのです。

それでも、Pythonはシンプルにコードを実装できるという特徴があります。よって、Pythonで今どきのマシンラーニングや人工知能のプログラミング、そして仮想通貨のブロックチェーン技術やIoTの組み込み系プログラミングも可能です。表現力が非常にパワフルなので、ぜひとも複雑なデータ処理を行いながら、ハードウェアの処理を行ってしまいましょう。

Python(パイソン)とは?

Pythonとは、ライブラリがとても豊富な言語です。コード数を少なく書けるのが特徴で、誰が書いても比較的同じようなコードに仕上がるので、初学者の学習から、実際の実践まで、コードのクオリティを揃えるのに最適です。つまり短いコードになるのです。

文字列やデータを分析し、処理するのが比較的やりやすいので、まるでSedやPerlのように、シンプルに実装していくことができます。ハードウェアの処理や制御に強いので、いまどきのIoTやブロックチェーン、機械学習にぴったりなのです。

Pythonは文法が非常に短く、シンプルになっています。よって、読みやすく書きやすいので、効率を高めることができるのです。すぐに書けるし、読めるし、実行できるので、信頼性も高くなっています。

動的型付けタイプのプログラミング言語です。また、ガベージコレクタもあるので、メモリを自動で片づけてくれます。メモリのロードと解放をガベージコレクタが自動で行ってくれるので、エンジニアは自分の書きたいプログラムに集中することができます。生産性の高い言語であり、可読性も高く、幅広く支持されています。

各種システムの記述に多く使われている理由として、ドキュメンテーションが整備されているという点があります。文書化することが文化なので、開発に用いられやすいのです。このような背景をもつPythonは、広くシステムで使われています。

Pythonは他にも、ライブラリがとても豊富だということが挙げられます。それはつまり、多くの人がライブラリを開発して貢献してきたということを意味します。データベースのライブラリやデバイスドライバといったハードウェアのライブラリから、数値計算、自然言語処理、画像の解析といった、昨今のサービスで使われがちなライブラリまで、たくさん配布されていますので、車輪の再発明をせずに、過去のライブラリの上に立脚して次のステップに進むことができます。

フリーランスのPython案件・求人の動向

案件の動向としてはさまざまです。画像処理から、ゲームのサーバサイド開発に至るまで、とてもたくさんのことができるPythonだけに、案件の動向もバラエティ豊かです。
何より多くなっているのが、データサイエンスの解析プログラムを書く案件です。
たとえば、アパレルブランドに入ってフィルタリング等を行い、お客様の購買傾向を掘り出し、新しいデータを解析して、何が好まれているか分析します。
プログラムとして実装し、商品の販売につなげるための根拠とするなど、データサイエンスの役割は無限大です。
Pythonを使いこなすことができれば、すばやく実装ができ、データを深く分析し、クライアントのビジネスに直接役立てたり、サポートするサービスを展開できたりします。

また、サーバサイド開発の案件もあります。サーバサイド開発の場合は、Pythonを自由自在に操れるだけでは足りず、ある程度、RDBMSやWebAPIの知識も必要です。
基本の設計から、テストにいたるまで、開発プロセスをアジャイルで進めていくことができることも重要です。アジャイルもそうですし、一般のV字モデル型開発でも同じです。ただ、フリーランスPythonエンジニアの手を借りたいと思う企業は、一般的に中小企業からスタートアップといった、小規模な会社が多いですから、アジャイル型も非常に多くなっています。サーバサイドエンジニアとして、資料を作成しつつ、開発を行っていくこととなります。

他にも、画像処理の案件などもあります。この場合は、AIを使うのではなく、AIを利用してシステムを組む仕事です。画像認識の業務用ソフトの開発プロジェクトをチームで進めていくもので、そのメンバーとしてアサインされることとなります。

Python案件・求人の報酬相場

では報酬の相場をみていきましょう。月65万円から85万円程度となります。これは年収にすると780万~1020万円程度。会社員エンジニアより、はるかに高い報酬で迎え入れられることとなります。

自分が任された範囲内の責任はとても重くなりますが、その分だけリスクがあり、また小規模な会社の案件となると、プロジェクトがピボット(方向転換)ということもおこり得ることです。

そのため、安定はありませんが、リスクに応じて収入が高くなります。がんばれば年収1,000万円を超えることもありますので、努力のしがいがあります。Pythonエンジニアは、需要に対して供給が足りていませんので、比較的報酬は高めになります。

フリーランスとして、年収1,000万円はひとつの区切りであり、実力の証明になるのではないでしょうか。過去の業務内容を次のオファーであかせないとしても、年収は実力の指標になる場合があるので、目指してみましょう。

また、フリーランスPythonエンジニアは、個人事業主およびマイクロ法人がほとんどだと思います。そこで、買った本やサーバ代金などは、すべて経費で落とすことができるのです。コツコツと積み重ねた学習は、経費になりますので、納税額はとても少なくなりますので、開業するのはおすすめです。

売上額、すなわち、報酬を1年間で積み上げた合計額から、学習や仕事に使った経費を引いていきます。フリーランスエンジニアの場合、出先に出向いた交通費や、ランチ代も経費で落とせるケースがありますので、領収書はしっかり保管しておきましょう。

Python案件の求人情報 事例

Pythonフリーエンジニアに求められるスキル

では、Pythonエンジニアにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。初心者・中級者・上級者にわけて、必要となってくるスキルをみていきましょう。

初級Pythonプログラマに必要なスキル

最初にPythonの初心者は、ベテランが作ったコードを真似していくこととなります。Pythonは、比較的、誰が作っても似たようなコードになりますが、それでも最初は構いません。人が書いたコードを見ながら、動かしていくこと大切です。

ここで注意点があります。それは、自分でリファレンスを見ながら、コピペではなく真に理解しながら、プログラミングを続けていくことです。

そうしないと、いつまでもコピペの実装になってしまって、ソフトウェアがなぜ動いているのか、理解できないまま進んでしまいます。

中級Pythonプログラマに必要なスキル

中級者になると、今度はソフトウェアを作ってみましょう。小さなプログラムからデータベースにアクセスし、内容を書き込んだり、表示したりしてみましょう。そこまでできれば、実践でも通用するので、一般的なソフトウェアを作ってみることは望ましいことです。

Python特有のクセを確認しながら、コードを書き込んでいきます。ちょっとだけUIに凝ってみたり、数値の解析をしたりしながら、Pythonが強みとしている数値計算や文章解析などを行っていきます。

上級Pythonプログラマに必要なスキル

上級者になるとスクレイピングを行うといいでしょう。たとえば、Twitterを分析して、どんな投稿をするとフォロワーが増えるのか、どんな投稿は自己満足で、どんな投稿が他人に受けて人気ものになれるのか、ツイートを分析してみてもいいと思います。

ただしTwitterの場合、スクレイピングは、APIを使わないと規約に反してしまうので、あくまでローカル環境に投稿をダウンロードしてから行ったほうが良いでしょう。そうして使っているうちに、ウェブサービスに負担をかけない程度に、さまざまなアイデアが浮かぶようになります。

ここまで来ると、Qiitaなどにその過程を投稿し、世間の反応をみることで、自分のスキルの立ち位置を確認することができます。多少、辛辣な意見がきても、気にしないことです。

Pythonエンジニアの将来性

ではPythonの将来性はどうでしょうか。Pythonそのものは、いまトレンドの真っ最中の言語であるため、ポテンシャルは極めて高いものと思われます。なぜなら、機械学習や画像解析そしてデータ分析およびスクレイピングは、まさにこれから社会に浸透していくテクノロジーだからです。

いま、Pythonで上記のトレンドを取り入れている企業は、むしろやや早い挑戦であり、早すぎるともいえます。IoTなど、いまがブームまっさかりのサービスもありますが、それもPythonで実装できるので、Pythonの将来性はかなり高いものと見込まれます。

Pythonでできることは他の言語でも可能です。しかし、Pythonはライブラリが実に豊富であり、できることがスムーズに実装可能なので、人気なのです。そして、ポテンシャルも十分あります。メジャー言語に躍り出た形となるので、今後もPythonにまつわるライブラリは追加されつづけるでしょう。

将来性は十分ありますし、ここから旬を迎える言語です。いま実装できるのであれば、大いに役立ちますし、楽しく実装できる言語なので、おすすめのプログラミング言語のひとつです。ぜひPythonを使って、フリーランスとして大活躍してみてください。できることの幅がとても広がるはずなので、プログラミングそのものが楽しくなることは間違いありません。

Pythonフリーエンジニアの案件に興味をお持ちなら、エミリーエンジニアへ

Emileeエンジニアでは、エージェントによくある「企業側の営業担当」「フリーランス側のキャリアコンサルタント担当」「参画後のアフターフォロー担当」というように担当が別れておらず、専任の担当者による一気通貫のサポート体制が整っています。
あなたのことを良く把握した専属担当が、企業への営業やアフターフォローも兼任するため、紹介のミスマッチが起こることも少なく、案件紹介から終了、参画後のフォローまでサポートします。

また、Emileeでは参画された企業にて、エンジニアも企業も合意すれば、正社員として転職するオプションもご用意しています。

  • 自分のスキルで入れるiOSの案件はあるのか?
  • 具体的な案件の詳細情報を聞きたい
  • Pythonのフリーエンジニアについて、現状を聞きたい

などの相談レベルからでも問題ありません。まずは気軽に登録してください。

Pythonで楽しく、豊かなエンジニア人生を送りませんか。
Emileeでは、充実の福利厚生サービスもご用意していますので、安心して案件に取り組めます。仕事の充実度も人生の満足度もアップして、さらには収入まで増える、そんな環境を手に入れたいのであれば、ぜひエミリーエンジニアに登録してください。

Pythonに強い関心を持ち、得意とするあなたの応募をお待ちしております。エミリーエンジニアは、すべてのフリーランスPythonエンジニアを応援しています。

【Python/JavaScript】ディープラーニングでビジネスとソリューション開発の案件・求人情報

550,000 〜 700,000円 /月

【案件内容】:
AI・ディープラーニングを用いた画像や動画の解析技術で、製造業や医療企業向けに個別にソリューションを開発します。技術的なスキルに加えて、お客様のニー...

勤務地
京都府
職種詳細
システムエンジニア(要件定義・設計), PM/PMO
詳細を見る