Swift

フリーランスSwiftエンジニアって
どんな案件の求人があるの?

iPhoneが2007年にこの世に登場して10年以上が経ちます。スティーヴ・ジョブスが亡くなったのは2011年。それから時間が経過し、iPhoneのシェアは減るどころか存在感を増しています。2018年にはiPhone XSとXS Maxも登場し、iPhone市場は成熟していく一方です。
実に日本で68%ものシェアを持つiPhoneは、アプリで動いているのはご存知のことだろうと思います。そこで、新規のアプリ開発をしたいと考えるスタートアップ企業なども非常に多くなっています。
よって、アプリ開発は非常に大きな市場であり、今後まだまだ伸びる可能性は十分あります。今後、iPhoneを超えるデバイスが出てくることは当分考えづらく、iPhoneそのものも進化し続けているので、アプリ開発はここしばらくポテンシャルがあるものと思われます。
そして、日本国内のシェアが大きいことから、企業がアプリをリリースするときに、Androidは後回しにして、iPhoneのアプリからリリースしていこうというケースが多くなっています。よって、iPhoneのアプリ開発はとても大きなニーズがあり、同時に責任重大なのです。
そこで使われるのがSwiftです。Swiftは、Objective-Cの後継言語で、iOSのアプリ開発で使われるApple社が出しているプログラミング言語となります。そこで、フリーランスエンジニアの「案件・求人の動向」「報酬の相場」「求められるスキル」「将来性」などをみながら、Swiftエンジニアがフリーランスとして活躍するために必要なことを確認していきましょう。

Swiftとは?

そもそもSwiftとは何でしょうか。Swiftとは、Apple社が開発したiOSでアプリを作るためのプログラムです。ちなみに、iOSだけでなく、OS X向けも開発できます。開発環境であるXcode上でデバッグすることが一般的です。モダンであり、高速であり、安全であり、そして同時にインタラクティブであるとApple社は発表しています。C言語の/* */ 形式のコメントと、C++の // というコメントを同時採用しているところに、C言語の面影を感じさせます。

プログラミング言語の仕様としては、Objective-Cの後継なので、それほど難易度の高い言語ではありません。Xcodeを使って、デバッグしながら、開発を行うことができます。コンパイラ型言語なので、スクリプトのように作ったそばから実行、というわけにはいきませんが、そのかわり、REPLという対話型実行環境が準備されています。つまり、インタラクティブとはこのことで、スクリプト“風“に実行しながら、出力を確認しながらスピーディに開発が可能になります。

また同時に、AppleはSwiftを「安全なプログラミング言語」とも説明しています。つまり、型宣言と型のチェックが動的ではなく、コンパイラが判断してくれて、同時に変数は初期化が必須、さらには、オーバーフローなどの確認も行われます。メモリの参照も自動で行われるので、メモリリークなども起きづらいのです。

オブジェクト指向型言語なので、上手にプログラムを組めば、再利用が可能になり、非常に生産性も高まります。オブジェクト指向はコツが必要ですが、覚えておかなければこの先エンジニアとしての未来が拓けません。

フリーランスのSwift案件・求人の動向

では、Swiftの案件をみていきましょう。実際にどのようなフリーランスのSwiftエンジニアの案件があるのか、エミリーエンジニアの案件一覧からチェックします。Swift案件の傾向としては、当然ながら、iOSアプリ開発の仕事が多くなっています。守秘義務およびサービスの情報漏えい防止のため、案件の詳細は面談まで分からないようなケースもあります。

 

よって、「音楽系アプリ」「教育系アプリ」といった、ざっくりとしたジャンルでしか表現できないものも多くあります。ただ、詳細については、Swiftを使った開発案件は非常に多くなっています。まさに、いまiOSアプリが花盛りだということがわかります。

iOSだけでなく、バックエンドのRDBMSの知識もあったほうがよく、ただ単に動くアプリを開発することができる、というだけでは、なかなか高報酬を得ることは難しくなっています。そのためには、小型コンピュータであるスマートフォンの知識から、ネットワークの知識、そしてサーバサイドのクラウドの知識やデータベースのノウハウも必要とされます。

特にスタートアップ企業で開発に携わる際には網羅的な技術が欠かせません。また、フリーランスとしての安定性のためにも、さまざまな技術に精通しているほうが、将来的にも引き合いが多くなることは間違いないでしょう。

Swiftはアプリ開発のための言語なので、iPhoneにインストールするアプリ開発案件が多くなっています。よって、小さな画面でいかにして、ユーザーのアテンションを奪えるかが肝となってくるのです。安定性と没入感を大切に、雇用先企業のエンジニアが設計したアプリを、実際の挙動に落とし込んでいきます。iOSエンジニアとして、設計工程に関わることもあるかもしれません。

今は人手不足が激しいので、優秀なSwiftエンジニアが足りていません。単に設計書通りに実装して終わるのではなく、上流工程に関わることを、求められる可能性も十分あります。

Swiftエンジニア案件・求人の報酬相場

報酬の相場は、エミリーエンジニアに寄せられる案件の平均的な相場として、Swiftエンジニアは月65万円~85万円程度となっています。プロジェクトがどこまで継続するか、期間はどの程度かにもよるものの、年間780万円から1020万円程度の稼ぎにはなることでしょう。エンジニアの平均単価としても非常に高く、1000万円に届きそうなところが魅力です。なぜこんなにもSwiftエンジニアの報酬が高いのか。それはひとえに、圧倒的な人手不足という点が挙げられます。

 

優秀なSwiftエンジニアが、どこも足りていないので、高報酬が提示されるという仕組みです。さらに、日本のiPhoneシェアはとても大きいので、iPhoneアプリは次々リリースされていきます。人が集まるところには、商品とサービスが集まり、そしてそこにますます人が集まるという仕組みが経済でもあるので、大人気のiPhoneでアプリを作って、世の中を良くしようと考える企業やスタートアップの起業家も多いのです。

よって、需要と供給のアンマッチが起きていることから、需要過多に傾いて、いまはSwiftエンジニアの市場価値が高くなっています。

Swift案件の求人情報 事例

フリーSwiftエンジニアに求められるスキル

最近のiPhoneは、メモリも潤沢にありますので、柔軟かつパワフルな表現が可能なことでしょう。しかし、そうはいっても、あまり雑にメモリ管理を行うと、アプリが暴走して、筐体が熱を持ってしまうことは十分考えられます。そこで、ちゃんとした、ハードウェアをある程度意識した実装も必要です。SwiftはObjective-Cからきていて、C言語の後継なので、ARCに任せきりのメモリ管理が、暴走しないよう、配慮しなければなりません。

初級Swiftプログラマに必要なスキル

ではSwiftエンジニアの駆け出し、つまり初心者に必要なスキルをみていきましょう。初心者がするべきことは、まず本やウェブサイトをみて、簡単なプログラムを走らせてみることです。Hello Worldでもいいですし、print文の発行でもいいでしょう。

そして、初歩的なプログラムができたら、コンピュータ上で実行します。大きなプログラム、再利用可能なプログラムはまだまだできなくとも、シンプルな動作を実行するだけでも、いろいろなことが可能になります。

中級Swiftプログラマに必要なスキル

中級者は、Xcodeを使ってみましょう。Xcodeとはアプリを動かすためのデベロッパーズキットです。デバッグが自由自在にできるので、Xcodeをダウンロードして、基礎的なプログラムを動かしましょう。

そして、できるようであれば、再利用可能なクラスを設計してみると、オブジェクト指向に関してより理解が深まります。

上級Swiftプログラマに必要なスキル

上級者になったら、Githubにコードを公開してみませんか。Githubなら、インターネット上にソースコードを登録し、他の人に見せることができます。これなら、面接であれこれと自己アピールをするよりも、はるかに自分自身のアピールにつながります。

フリーランスSwiftエンジニアとして、こんなアプリを作ったとか、実際にアプリをリリースして、実力をみせましょう。アプリがグロースしている必要はありません。実際に手で動かすことこそが大切なのです。世の中、プログラミングができる、やりたいという人は多くても、実際に何かを作って勇気出し、プロダクトを世に見せる人は少ないので、それだけで十分なアドバンテージになります。

Swiftフリーエンジニアの将来性

ではSwiftエンジニアの将来性はどうか確認しましょう。まず、iPhoneのシェアは日本において非常に高いので、十分なポテンシャルがあります。今後、Apple社だけでなく、他のテック企業が素晴らしいガジェットを開発し、スマートフォンから別のデバイスに主流が移り変わることは十分ありえます。しかし、当面は、スマートフォン以上に便利なものもありませんので、iOSがシェアをリードし、そしてSwiftがよく使われるのではないでしょうか。将来性としては、現在のiPhoneのマーケットシェアを考える必要があります。国民にスマホが行き渡り、特に若い世代は、スマホを持っていない人がいないと考えられるのです。さらに、その若い世代が親や祖父母にスマホを教えて、高齢者にもスマホが浸透しつつあります。

 

よって、アプリの需要はまだまだあると考えられ、今度は、イノベーターやアーリーアダプターが楽しむようなアプリではなく、レイトマジョリティ層にもアプローチするアプリが求められるのではないでしょうか。そのため、Swiftエンジニアの本領発揮は、むしろこれからだと考えられます。

Swiftエンジニアとして活躍し、今後もたくさんのプロダクトをリリースしましょう。アプリ開発は楽しく、手のひらに無限の可能性を秘めたものです。SwiftでiPhoneアプリを開発することは、社会を豊かにする仕事なので、非常にやりがいがあって、なおかつ高収入で魅力的です。Swiftの可能性はまだまだあります。

Swiftフリーランスに、エミリーエンジニアが選ばれる理由

【エミリーエンジニア】では、エージェントによくある「企業側の営業担当」「フリーランス側のキャリアコンサルタント担当」「参画後のアフターフォロー担当」というように担当が別れておらず、専任の担当者による一気通貫のサポート体制が整っています。
あなたのことを良く把握した専属担当が、企業への営業やアフターフォローも兼任するため、紹介のミスマッチが起こることも少なく、案件紹介から終了、参画後のフォローまでサポートします。

また、10年以上コンサルティング会社として独自ネットワークを築いてきたからこそ、紹介できる独自案件など他社にはない案件を取り揃えています。

  • 自分のスキルで入れるSwiftの案件はあるのか?
  • 具体的な案件の詳細情報を聞きたい
  • Swiftのフリーエンジニアについて、現状を聞きたい

まだフリーエンジニアになるか迷われている方からの相談などでもまったく問題ありません。まずは気軽にご登録ください。

【エミリーエンジニア】では、充実の福利厚生サービスもご用意していますので、安心して案件に取り組めます。仕事の充実度も人生の満足度もアップして、さらには収入まで増える、そんな環境を手に入れたいのであれば、ぜひ【エミリーエンジニア】をご活用ください。

Swiftエンジニアとして実務経験のある、あなたからのご応募をお待ちしております。【エミリーエンジニア】は、すべてのフリーランスSwiftエンジニアを応援しています。

アプリケーションエンジニア

【Swift or objective-C】自社Webサービスアプリ開発の案件・求人情報

月額支払額
800,000 〜 900,000
契約形態
業務委託
勤務地
東京都 千代田区
開発言語
・スキル
Swift
必須スキル
・SwiftまたはObjective-CによるiOSアプリ開発経験
・バックエンドサービスへの接続のためのRESTfulAPIに関する知識
・組み込みDBや他DBサービスを利用した開発経験